シャルル・マリ・ボナパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル・マリ・ボナパルト

シャルル・マリ・ド・ボナパルト: Charles Marie de Bonaparte, 1746年3月29日 - 1785年2月24日)は、コルシカ島フランス貴族。ナポレオン・ボナパルトの父親。コルシカ語(イタリア語)での名前はカルロ・マリア・ディ・ブオナパルテ: Carlo Maria di Buonaparte)。

略歴[編集]

1746年、コルシカ島のブオナパルテ家に生まれる。ロンバルディア州に起源を持つ古い地主の家柄で元来は血統貴族であったが、ジェノヴァ共和国統治下のコルシカに貴族制はなかった。

1764年、18歳の時に14歳のマリア・レティツィア・ラモリノと結婚して、以後8人の子供をもうける。

コルシカ独立戦争の折には当初、コルシカ独立運動の指導者であったパオリの副官を務めていた。

敗戦後にフランス側へと転向して総督マルブフと親しくし、判事の職を得る。フランス政府から正式に古い血統の証明資格を認められたことで、ボナパルト家は晴れて貴族の仲間入りを果たし、息子たち、特に三男のナポレオンを本土の士官学校で学ばせることができた。

1785年、死去。ナポレオンはフランス革命期に姓名をフランス語風に改名し、家名もブオナパルテからボナパルトに改められた。

子女[編集]