シャルル・マリ・ボナパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャルル・マリ・ボナパルト

シャルル・マリ・ド・ボナパルト: Charles Marie de Bonaparte, 1746年3月29日 - 1785年2月24日)は、コルシカ島イタリア貴族であり、法律家外交官ナポレオン・ボナパルトの父親。コルシカ語(イタリア語)での名前はカルロ・マリア・ディ・ブオナパルテ: Carlo Maria di Buonaparte)。

略歴[編集]

1746年3月27日、ジェノヴァ共和国のコルシカ島のブオナパルテ家に生まれる。姉のマリアと兄のセバスティーノがいた。ロンバルディア州に起源を持つ古い地主の家柄で、元来は血統貴族であった。ボナパルト家は16世期にコルシカ島に移住した。ジェノヴァ共和国統治下のコルシカに貴族制はなかった。

当初は父の後を継いで法律家になるためにピサ大学に入学した。しかし、父の死によって多額の資産を相続し、家族を養うために学位取得前にコルシカ島にもどった。

1764年、18歳の時に14歳のマリア・レティツィア・ラモリノと結婚して、以後8人の子供をもうける。二人の婚姻については、経済的な要因も当然考慮されたが、方言や食習慣などの文化的要因への考慮も大きかった。レティツィアの持参金は31エーカーの土地であり、そこから年間約1万フランスポンドの収益が得られた。

レティツィアとの結婚ののち、パオリの副官として働き始める。1766年、教皇クレメンス13世と交渉するために、パオリによってローマへと派遣される。しかし、原因不明の理由により、1768年にコルシカ島へ帰還させられる。

シャルルの生地であるコルシカ島は、ジェノヴァ共和国からフランスのルイ15世へと譲渡された。負債の返還のためであった。フランスは自国の湾岸防衛の戦略要地としてコルシカ島を欲した。ジェノヴァ共和国もまた、コルシカ独立戦争への対処に手をこまねいて、コルシカ島の放棄を望んでいた。フランスの’侵略’への熱烈な抗議演説を行ったシャルルはコルシカ島で注目を浴びた。

フランスがコルシカ島の領有権を獲得したことに伴う政治的な激動により、パオリの支援者たちは山中への避難を余儀なくされた。シャルルは当初パオリの副官としてフランスに抵抗していたものの、ボナパルト家は最終的に市街地へと戻ってきた。

敗戦後にフランス側へと転向して総督マルブフと親しくし、判事の職を得る。

1770年、フランスはコルシカ島における貴族制度を整備した。フランス政府から正式に古い血統の証明資格を認められたことで、ボナパルト家は晴れて貴族の仲間入りを果たし、息子たち、特に三男のナポレオンを本土の士官学校で学ばせることができた。シャルルは多くの名誉ある地位を得たものの、リスクのあるビジネスに乗り出していった。しかし、シャルルはギャンブル付きが高じて資産のやりくりに失敗して、金銭的な問題を抱えた。彼は当時の状況を帳簿に以下のように記録している。

「パリに赴いて、国王から4000フランスポンド、政府から銀貨1000枚の心付けを受け取ったが、家に戻ったときには一文無しであった。」

1782年には、シャルルは体調を崩し、たびたび痛みに襲われた。モンペリエに医者を探しに行った。胃癌に対して有効と思われる治療はなされなかった。彼の息子であるナポレオン・ボナパルトも同じ病で亡くなったと見られている。1785年2月24日、死去。ナポレオンはフランス革命期に姓名をフランス語風に改名し、家名もブオナパルテからボナパルトに改められた。

シャルルの短慮な金遣いにより、残された彼の妻と子どもたちは金銭に不自由であった。末子のジェローム・ボナパルトはシャルルの死ぬ3ヶ月前に生まれた。

子女[編集]