シャリュモー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
現代式の学校教育用シャリュモー

シャリュモー: chalumeau)は、後期バロックから初期古典派の時代に用いられたシングルリード木管楽器で、近代のクラリネットの前身となった民族楽器である。8個の指穴(7つは表側、1つは裏側)を有する円筒形の管と、1枚の製のリードが付く広いマウスピースを持つ[1]。クラリネットと同じくシャリュモーのオーバーブロー12度である。

クラリネットの音域の区分で最低音域は、シャリュモーにちなんでシャリュモー音域と呼ばれる。

A old chalumeau
Klenig製作のシャリュモー(ストックホルム、1700年代初め) ※リードが付いていない状態

脚注[編集]

  1. ^ Birsak, K. (1994). The Clarinet: A Cultural History. Buchloe: Druck und Verlag Obermayer GmbH..