シャマルパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャマルパチベット語 ཞྭ་དམར་པ་  ワイリー式転写Zhwa dmar pa) はチベット仏教カギュ派の活仏名跡であり、シャマル・リンポチェ、または正式にクンズィン・シャマル・リンポチェと呼ばれ、カルマ・カギュ赤帽派の指導者である。阿弥陀仏の化身とされる。本寺とするのはヤンパチェン寺である。至近のシャマルパ14世は1952年、カムデルゲで誕生し、4歳でツルプ寺へ入門したときにカルマパ16世によって正式にシャマルパ14世として認定される。2014年6月11日、シャマルパ14世は遷化した。


歴史[編集]

初代シャマルパであるケートゥプ・タクパサンギェー(1283~1349)はカルマパ3世の弟子である。カルマパ2世の預言書の中に「我は2つの体を持って転生する」とあったことから、カルマパ3世は自分以外の二世の生まれ変わりを探し、見つかったタクパ・サンギェーに赤いルビーの入った宝冠を授けた。これはカルマパ、シャマルパが不可分の存在であることを示している。これは紅冠(紅帽)と呼ばれるが、これは「劫波経」に説かれる、「六道の有情の衆生を救う赤い帽子をかぶった大菩薩が現れる」というものがあり、これを根拠としている。

代数 名前 生没年 備考
1世 ケートゥプ・タクパサンギェー 1284年 - 1349年
2世 カチェー・ワンポ 1350年 - 1405年
3世 チョパル・イェーシェー 1406年 - 1452年
4世 チューキ・ダクパ 1453年 - 1524年
5世 クンチョク・イェンラク 1526年 - 1583年
6世 チューキ・ワンチュク 1584年 - 1629年
7世 イェーシェー・ニンポ 1631年 - 1694年
8世 ペルチェン・チューキ・トンドゥプ 1695年 - 1732年
9世 クンチョク・ギャウェージュンネー 1733年 - 1741年
10世 ミパム・チュートゥプ・ギャムツォ 1742年 - 1793年
11世 政治的原因により不明
12世 ティセ・ジャムヤン 1880年 - 1947年
13世 ティンレー・クンチョプ 1948年 - 1950年
14世 ミパム・チューキ・ロドゥ 1952年 - 2014年