シャビシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャビシン
Chavicine
識別情報
CAS登録番号 495-91-0 チェック
PubChem 1548912
ChemSpider 1265935 チェック
特性
化学式 C17H19NO3
モル質量 285.338 g/mol
密度 1.211 g/mL
沸点

498.5 °C, 772 K, 929 °F

関連する物質
関連する幾何異性体 ピペリン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

シャビシン: Chavicine)はアルカロイドの一種。カビシンとも呼ばれる。コショウ辛味成分の一つであり[1]幾何異性体であるピペリンより強い辛味を持つ[2]紫外線を受けることにより、ピペリンから変化する[3]

脚注[編集]

  1. ^ 長谷川香料株式会社『香料の科学』講談社、2013年、86頁。ISBN 978-4-06-154379-9
  2. ^ 痛みと鎮痛の基礎知識-発痛物質滋賀医科大学
  3. ^ ガンマ線照射コショウの化学成分変動の解析(食品照射データベース、日本原子力研究開発機構