シャニラク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Shangrak.JPG

シャニラクトゥンドゥクトーノバシキール語: Сағыраҡカザフ語: Шаңырақ, Shangyrak, Shanyrak、キルギス語: Түндүк, Tunduk、ブリヤート語 モンゴル語: Тооно)は、円の中に格子を描くような遊牧民テント式家屋の頂部の構造要素のことである。この木製の縁は住居の要となる部分であり、親から子へと受け継がれていくものである。

カザフスタンではシャニラク、キルギスではトゥンドゥク、モンゴルではトーノと呼ばれ、中央アジアではシンボルとして広く用いられている。カザフスタンアクトベ市内の中央広場には金色のシャニラクのモニュメントが存在する。

意匠[編集]

シンボル[編集]

関連項目[編集]