シャスヌイユ=デュ=ポワトゥー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Chasseneuil-du-Poitou

Chasseneuil-du-Poitou.jpg

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) ヴィエンヌ県Blason département fr Vienne.svg
(arrondissement) ポワティエ郡
小郡 (canton) シャスヌイユ=デュ=ポワトゥー小郡
INSEEコード 86062
郵便番号 86360
市長任期 クロード・エイデルスタン
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté urbaine du Grand Poitiers
人口動態
人口 4732人
2015年
人口密度 269人/km2
住民の呼称 Chasseneuillais[1]
地理
座標 北緯46度39分07秒 東経0度22分23秒 / 北緯46.6519444444度 東経0.373055555556度 / 46.6519444444; 0.373055555556座標: 北緯46度39分07秒 東経0度22分23秒 / 北緯46.6519444444度 東経0.373055555556度 / 46.6519444444; 0.373055555556
標高 平均:?m
最低:63m
最高:124m
面積 17.61km2
Chasseneuil-du-Poitouの位置(フランス内)
Chasseneuil-du-Poitou
Chasseneuil-du-Poitou
公式サイト ville-chasseneuil-du-poitou.fr
テンプレートを表示

シャスヌイユ=デュ=ポワトゥーChasseneuil-du-Poitou)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ヴィエンヌ県コミューン

シャスヌイユ=デュ=ポワトゥーには、レジャーパークであるフュテュロスコープ(fr)の南側(全体面積の約半分)とテクノポールが含まれている。

地理[編集]

クラン川(ヴィエンヌ川右岸に合流する支流)がコミューン内を流れる。

由来[編集]

地名は828年にCasonogiloであったことが証明されている[2]。Chasseneuilという名称はガリア語でオークを意味するcassanosからきている。cassanosに、一掃することを意味する-ialoという接尾辞が続いた。それはすなわち『除去されたオーク』となる[3]

歴史[編集]

サン・クレマン教会

ルイ敬虔王はvilla Cassinogilumで誕生した。ほとんどの歴史家がこのvilla Cassinogilumとシャスヌイユを同一視している。彼の父親シャルルマーニュが行ったスペイン遠征の期間、778年4月16日木曜日に誕生したとする。彼の母親イルドガルド・ド・ヴァンツゴーは、復活祭の祝祭の間にvilla Cassinogilumにおいてルイとロタールの双生児を出産したが、ロタールは生まれて間もなく亡くなった。シャルルマーニュの唯一生き残った息子として、ルイは帝国の後継者となった。彼は840年6月20日、インゲルハイム・アム・ライン近くのライン川上の島で亡くなった。

1848年のフランス革命後、自由の木がオサニエールの十字架と向い合せにして植えられたが、今はなくなっている[4]

人口統計[編集]

2015年時点のコミューン人口は4732人であり[5]、2010年の人口と比較すると5.34%増加している。

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2015年
1869 2144 2332 2888 3002 3845 4425 4732

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[6]、2006年以降INSEE[7][8]

脚注[編集]

  1. ^ Gentilé sur le site habitants.fr Consulté le 27/09/2008.
  2. ^ Albert Dauzat et Charles Rostaing, Dictionnaire étymologique des noms de lieux en France, Paris, Librairie Guénégaud, 1989 (1re éd. 1963), 738 p. (ISBN 2-85023-076-6), p. 152.
  3. ^ Pierre-Yves Lambert, La langue gauloise, Paris, Errance,‎ 1995, p. 39
  4. ^ Robert Petit, Les Arbres de la liberté à Poitiers et dans la Vienne, Poitiers : Éditions CLEF 89/Fédération des œuvres laïques, 1989, p. 215
  5. ^ Population municipale légale en vigueur au 1er janvier 2018, millésimée 2015, définie dans les limites territoriales en vigueur au 1er janvier 2017, date de référence statistique : 1er janvier 2015.
  6. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=8583
  7. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/3293086?geo=COM-86062
  8. ^ http://www.insee.fr