シャギー・ドッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャギー・ドッグ
The Shaggy Dog
監督 ブライアン・ロビンス
脚本 コーマック・ウィバーリー
マリアンヌ・ウィバーリー
ジェフ・ロドキー
ジャック・アミエル
マイケル・ベグラー
製作 ティム・アレン
デヴィッド・ホバーマン
製作総指揮 マシュー・キャロル
ウィリアム・フェイ
トッド・リーバーマン
ロバート・シモンズ
出演者 ティム・アレン
音楽 アラン・メンケン
撮影 ガブリエル・ベリスタイン
編集 ネッド・バスティール
配給 アメリカ合衆国の旗 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
日本の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年3月10日
日本の旗 2006年10月7日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $87,134,280[1]
アメリカ合衆国の旗 $61,123,569[1]
テンプレートを表示

シャギー・ドッグ』(The Shaggy Dog)は、2006年アメリカで製作されたコメディ映画1959年のアメリカ映画『ボクはむく犬』(原題は同じくThe Shaggy Dog)の『ぼくはむく犬(1994年)に続く二度目のリメイク

ストーリー[編集]

地方検事代理のデイヴは、出世に燃える仕事人間。家族を顧みない彼に、家族の心は次第に離れていっていた。そんな彼が新たに担当することになった事件は、製薬会社の動物実験に反対する学校教師が、その研究所を放火したというものだった。この教師の教え子だったデイヴの娘は、製薬会社の違法実験を証明しようと研究所に忍び込み、そこから一匹の毛むくじゃらの犬(シャギー・ドッグ)を連れ帰る。だが、デイヴは大の犬嫌いであり、この犬を追い出そうして手を噛まれてしまう。翌朝、彼の様子がいつもと異なり、無意識におかしな行動をとるようになってしまう。なんと彼は次第に犬と化してしまっていたのだ。そして、ついに犬へと変身してしまった彼だったが、その結果製薬会社の裏の顔を知ることになる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
デイヴ・ダグラス ティム・アレン 磯部勉
マーカス・コザック ロバート・ダウニー・Jr 畠中洋
レベッカ・ダグラス クリスティン・デイヴィス 福島桂子
カーリー・ダグラス ジーナ・グレイ 桐江杏奈
ジョッシュ・ダグラス スペンサー・ブレスリン 畠中祐
ケン・ホリスター ダニー・グローヴァー 池田勝
ジャスティン・フォレスター ジョシュア・レナード
ランス・ストリックトランド フィリップ・ベイカー・ホール

ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
ゴールデンラズベリー賞 最低主演男優賞 ティム・アレン ノミネート
最低リメイク及び盗作賞
ファミリー映画と宣った最低作品賞

出典[編集]

  1. ^ a b The Shaggy Dog”. Box Office Mojo. 2011年12月25日閲覧。

外部リンク[編集]