シャイフ・サフィー・アッディーン廟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 アルダビールのシャイフ・サフィー・アッディーン廟の歴史的建造物
イラン
シャイフ・サフィー・アッディーン廟
シャイフ・サフィー・アッディーン廟
英名 Sheikh Safi al-din Khānegāh and Shrine Ensemble in Ardabil
仏名 Ensemble du Khānegāh et du sanctuaire de Cheikh Safi al-Din à Ardabil
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(2),(4)
登録年 2011年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

シャイフ・サフィー・アッディーン廟は、イランアルダビール州アルダビールにある廟建築である。2010年UNESCO世界遺産に登録された[1]。登録名は、「アルダビールのシャイフ・サフィー・アッディーン廟の歴史的建造物英語:Sheikh Safi al-din Khānegāh and Shrine Ensemble in Ardabilフランス語:Ensemble du Khānegāh et du sanctuaire de Cheikh Safi al-Din à Ardabilペルシャ語:مجموعه آرامگاه و خانقاه شیخ صفی الدین)」。

歴史[編集]

アルダビールにあるシャイフ・サフィー・アッディーン廟が建設されたのは、1334年のことである。サファヴィー教団の教祖であるサフィー・アッディーン・イスハーク・アルダビーリーの息子であるサドル・アッディーン・ムーサーen)が父の死後、建設を指揮した。

この廟建築には、図書館モスク学校、貯水池、病院、厨房、パン工場やそれ以外のオフィスといった機能を持つさまざまなセクションから構成されている。

この廟建築のさまざまな場所で、8つの門で分離されている特色を持つ。8つの門とは、スーフィズムの8つの行うべき態度を意味する[2][3]

サファヴィー朝時代を通して、この廟建築は増築されてきた。複数名のサファヴィー家のシャーおよびハレムの人間がここに埋葬され、また、チャルディラーンの戦いを含むサファヴィー朝が行ってきた戦争の犠牲者もここに埋葬された。

世界遺産[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

脚注[編集]

  1. ^ Source: Unescopress. “World Heritage Committee inscribes seven cultural sites on World Heritage List | United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization”. Unesco.org. 2010年8月2日閲覧。
  2. ^ Sheikh Safi al-din Khānegāh and Shrine Ensemble in Ardabil - UNESCO World Heritage Centre
  3. ^ tehran times : Two more Iranian sites added to UNESCO World Heritage List

外部リンク[編集]