シモーネ・コリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シモーネ・コリオ Portal:陸上競技
Collio de gregorio.jpg
選手情報
フルネーム シモーネ・コリオ
ラテン文字 Simone Collio
国籍 イタリアの旗 イタリア
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 60m, 100m
生年月日 1979年12月27日(36歳)
出身地 イタリアの旗 ロンバルディア州ミラノ県チェルヌスコ・スル・ナヴィーリオ
身長 180cm
体重 74kg
成績
オリンピック 100m 2次予選5組6着 (2004年)
4x100mR 予選2組5着 (2004年)
世界選手権 100m 2次予選2組5着 (2007年)
4x100mR 5位 (2011年)
地域大会決勝 ヨーロッパ選手権
100m 途中棄権 (2010年)
100m 失格 (2012年)
4x100mR 2位 (2010年)
国内大会決勝 イタリア選手権
100m 優勝 (2004, 05, 10年)
最高世界ランク 100m 32位 10秒06 (2009年)
自己ベスト
50m 5秒75 (2009年)
60m 6秒55 (2008年)
100m 10秒06 (2009年)
200m 20秒84 (2009年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

シモーネ・コリオSimone Collio1979年12月27日 ‐ )は、イタリア陸上競技選手。専門は短距離走100mの自己ベスト10秒06はピエトロ・メンネア(10秒01)に次ぐイタリア歴代2位、室内60mの自己ベスト6秒55は元イタリア記録。2004年ブダペスト世界室内選手権男子60mのファイナリスト(7位)である。妻のイベット・ラロワも100mで10秒77の自己ベストを持つ世界トップレベルのスプリンター。

経歴[編集]

2004年3月、ブダペストで開催された世界室内選手権の男子60mに出場すると、準決勝をイタリア記録(当時6秒55)に迫る6秒58の自己ベスト(当時)で突破[1]。この種目では1989年ブダペスト大会ピエールフランチェスコ・パボーニ(3位)とAntonio Ullo(英語版)(4位)以来、15年ぶりにイタリア人ファイナリストとなったが、決勝は6秒60とタイムを落として7位に終わった[2]

2008年2月9日、室内60mで6秒55のイタリアタイ記録(当時)を樹立し、1990年にピエールフランチェスコ・パボーニがマークした記録に並んだ[3][注 1]

2009年7月21日、100mで10秒06(+1.2)の自己ベストをマーク。ピエトロ・メンネア(10秒01)、Carlo Boccarini(英語版)(10秒08)に続いてイタリア史上3人目となる10秒0台をマークし、イタリア歴代2位に名を連ねた。

2009年8月、ベルリンで開催された世界選手権に出場すると、男子100mは1次予選で10秒49(-0.4)の組4着に終わり、0秒02差で2次予選進出を逃した[4]。2走を務めた男子4×100mリレーでは予選を突破し、この種目では1995年ヨーテボリ大会以来の決勝進出に貢献した(決勝は38秒54で6位)[5]

2010年7-8月、バルセロナで開催されたヨーロッパ選手権に出場すると、男子100mは決勝に進出するもフライングで失格となった[6]。男子4×100mリレーは2走を務め、決勝では38秒17のイタリア記録を樹立しての銀メダル獲得に貢献。優勝したフランスとは0秒06差で惜しくも金メダルは逃したが、この種目では1994年ヘルシンキ大会以来のメダル獲得となった。

家族[編集]

2013年9月にブルガリア人のイベット・ラロワと結婚した[7]。100mで10秒77、200mで22秒32の自己ベストを持ち、2004年アテネオリンピックの100mで4位、200mで5位、2011年大邱世界選手権の100mで7位、2015年北京世界選手権の200mで7位、2016年リオデジャネイロオリンピックの200mで8位などの実績を持つ。

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風、-は向かい風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒06 (+1.2) 2009年7月21日 イタリアの旗 リエーティ イタリア歴代2位
200m 20秒84 (-1.1) 2009年6月11日 ブルガリアの旗 ソフィア
室内
50m 5秒75 2009年2月20日 フランスの旗 リエヴァン
60m 6秒55 2008年2月9日 スペインの旗 バレンシア 元イタリア記録
100m 10秒33 2003年2月13日 フィンランドの旗 タンペレ
200m 21秒08 2001年2月25日 イタリアの旗 トリノ

主要大会成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
1997 ヨーロッパジュニア選手権 スロベニアの旗 リュブリャナ 4x100mR 予選 DQ (2走)
2001 ヨーロッパU23選手権英語版 オランダの旗 アムステルダム 100m 5位 10秒48 (+2.2)
4x100mR 決勝 DNS
2003 世界室内選手権 イギリスの旗 バーミンガム 60m 準決勝 6秒71 1組7着
2003 世界選手権 フランスの旗 パリ 4x100mR 準決勝 38秒93 (2走) 1組8着
2004 世界室内選手権 ハンガリーの旗 ブダペスト 60m 7位 6秒60 15年ぶりのイタリア男子ファイナリスト
2004 オリンピック ギリシャの旗 アテネ 100m 2次予選 10秒29 (-0.2) 5組6着
4x100mR 予選 38秒79 (2走) 2組5着
2005 ヨーロッパ室内選手権 スペインの旗 マドリード 60m 5位 6秒66
2005 世界選手権 フィンランドの旗 ヘルシンキ 100m 2次予選 10秒60 (-2.0) 1組7着
4x100mR 予選 DQ (2走)
2007 世界選手権 日本の旗 大阪 100m 2次予選 10秒31 (-0.5) 2組5着
4x100mR 予選 38秒81 (2走) 1組4着
2007 ミリタリーワールドゲームズ インドの旗 ハイデラバード 100m 2位 10秒29
4x100mR 優勝 39秒28 大会記録
2008 世界室内選手権 スペインの旗 バレンシア 60m 準決勝 6秒74 1組6着
2008 オリンピック 中華人民共和国の旗 北京 100m 2次予選 10秒33 (0.0) 2組7着
4x100mR 予選 DQ (2走)
2009 ヨーロッパ室内選手権 イタリアの旗 トリノ 60m 予選 6秒72 1組3着
2009 地中海競技大会 イタリアの旗 ペスカーラ 4x100mR 優勝 38秒82 (2走)
2009 世界選手権 ドイツの旗 ベルリン 100m 1次予選 10秒49 (-0.4) 1組4着
4x100mR 6位 38秒54 (2走)
2010 ヨーロッパ選手権 スペインの旗 バルセロナ 100m 決勝 DNF
4x100mR 2位 38秒17 (2走) イタリア記録
2011 世界選手権 韓国の旗 大邱 4x100mR 5位 38秒96 (2走)
2012 世界室内選手権 トルコの旗 イスタンブール 60m 準決勝 6秒71 1組5着
2012 ヨーロッパ選手権 フィンランドの旗 ヘルシンキ 100m 決勝 DQ フライング
4x100mR 予選 DNF (2走)
2012 オリンピック イギリスの旗 ロンドン 4x100mR 予選 38秒58 (1走) 1組7着
2013 ヨーロッパ室内選手権 スウェーデンの旗 ヨーテボリ 60m 準決勝 6秒89 2組8着
2013 地中海競技大会 トルコの旗 メルスィン 4x100mR 優勝 39秒06 (2走)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この記録は2013年2月2日にマイケル・トゥミ英語版が6秒53をマークして更新された。

出典[編集]

  1. ^ 第10回世界室内選手権男子60m準決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月8日閲覧。
  2. ^ 第10回世界室内選手権男子60m決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月8日閲覧。
  3. ^ SIMONE COLLIO EGUAGLIA PIERFRANCESCO PAVONI NEI 60 INDOOR CON 6.55”. イタリア陸上競技連盟 (2008年2月11日). 2016年3月8日閲覧。
  4. ^ 第12回世界選手権男子100m1次予選リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月8日閲覧。
  5. ^ 第12回世界選手権男子4×100mリレー決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2016年3月8日閲覧。
  6. ^ Lemaitre leads French one-two in the 100m”. ヨーロッパ陸上競技連盟 (2012年6月28日). 2016年3月8日閲覧。
  7. ^ L' uomo più veloce di Milano 'Il mio segreto è donna'”. Archivio - la Repubblica.it (2010年8月3日). 2016年3月8日閲覧。

外部リンク[編集]

記録
先代(タイ記録保持者):
ピエールフランチェスコ・パボーニ
(6秒55)
1990年3月7日
室内60m
イタリア記録保持者
(6秒55)

2008年2月9日 - 2013年2月2日
次代(タイ記録保持者):
ファビオ・チェルッティ英語版
(6秒55)
次代(新記録保持者):
マイケル・トゥミ英語版
(6秒53)
2009年2月22日, 2013年2月2日