シメパフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

シメパフェとは、飲酒もしくは食事の後の締めとして食べるパフェを指し、北海道札幌市で発展した食文化である。

特徴[編集]

すすきの周辺に店舗が集合している。北海道産の牛乳や旬のフルーツを使用したソフトクリームアイスクリームをメインとするパフェが多い。

歴史[編集]

2015年9月1日、従来札幌にあった「締めのパフェ」の文化を全国に広めるため、札幌市内の飲食店7店舗が集まり「札幌シメパフェ」を発足。その年の「さっぽろオータムフェスト」に「札幌シメパフェ」として、Dip&MerryとMIRAI.ST cafe & kitchenの2店舗が共同で出店。ソフトクリームをメインとした11種類のパフェを提供した。

同月、広報さっぽろ札幌経済新聞北海道新聞Yahoo!ニュースウェブマガジン「コロカル」(マガジンハウス[1]に紹介記事が掲載される。さらに北海道じゃらんにシメパフェの特集ページが掲載、北海道内で放映されているローカルの情報番組でも紹介[2]され、知名度アップのきっかけとなった。翌月には朝日新聞にてシメパフェ推進委員会の活動が紹介された。

その後も様々なメディアに取り上げられ、2016年3月にはジェイアール名古屋タカシマヤで開催された「第11回 春の大北海道展」にDip&MerryとMIRAI.ST cafe & kitchenが共同出店し、これが初の道外出店となった。標茶町北川牧場の濃厚プレミアムソフトを使用した5種類のパフェを提供した。

シメパフェ文化を伝える講演活動も積極的に取り組んでおり、同年4月には「札幌シメパフェ 〜既存の食文化を新たな観光資源に」というタイトルで、北海道公共牧場会の春季研修会にて講演。シメパフェの生い立ちや活動を伝えた。6月にはパフェ評論家である斧屋[注釈 1]によるトークイベント「札幌パフェ学」を都内で開催した。

9月の「さっぽろオータムフェスト2016」には前年同様Dip&MerryとMIRAI.ST cafe & kitchenで共同出店。標茶町の濃厚プレミアムソフトを使用した9種類のパフェを提供した。翌月にはジェイアール名古屋タカシマヤの「第17回 秋の大北海道展(第2弾)」にDip&MerryとMIRAI.ST cafe & kitchenが二度目の共同出店。さらに金沢大和香林坊店にて開催された「第47回 北海道の物産と観光 大北海道展(後期)」に夜パフェ専門店 パフェテリアパルが「札幌シメパフェ」として出店した。

11月にはパフェ評論家の斧屋を東京から迎え、パフェ付きのトークイベントを開催。斧屋独自の視点によるシメパフェ文化の魅力を解説。シメパフェ加盟店のオーナーとのトークコーナーも設けられた。

札幌シメパフェ推進委員会[編集]

シメパフェ文化をPRすることを目的とし2015年に設立。2016年11月現在、22店舗が加盟している。

札幌シメパフェ加盟店舗[編集]

  • ouchi
  • 山猫バル
  • Dip&Merry
  • Dining&Sweets SINNER
  • FAbULOUS
  • スイーツバー・Melty
  • MIRAI.ST cafe & kitchen
  • café tavern EVERYDAY OLIVE
  • 幸せのレシピ ~スイート~
  • Veggyの家
  • Cafe&Dining Carin
  • Parfaiteria PaL
  • musica hall cafe
  • パフェ、珈琲、酒、佐藤
  • bucheron
  • PARFE
  • 果実倶楽部818
  • Bar plus Sweets Two Rings
  • INITIAL
  • 幸せのお菓子の家
  • 幸せのレシピ
  • NOYMOND ORGANIC CAFE

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「パフェはエンターテインメント」と話し、日々パフェを食べ歩く日本唯一のパフェ評論家(商標登録済)。2015年3月単著『東京パフェ学』(文化出版局)を発売。

出典[編集]

  1. ^ 一日の終わりを、冷たくて甘〜いパフェで締めくくる!札幌の知られざる食文化「札幌シメパフェ」|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する”. マガジンハウス (2015年9月15日). 2016年11月18日閲覧。
  2. ^ HTB「イチオシ!モーニング」、HBC「今日ドキッ!」、TVHニュース、STV「どさんこワイド179」、NHK「ほっとニュース北海道」

外部リンク[編集]