シミオン・スタンチュ・シリンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2019年5月
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • シミオン・スタンチウ・シランクス
  • シミオン・スタンチュ

シミオン・スタンチュ・シリンクス(Simion Stanciu Syrinx, 1949年12月23日 - 2010年7月6日)は、ルーマニア出身のパンパイプ奏者[1][2][3][4]。本名はシミオン・スタンチュ。

ブカレスト出身。ブカレスト音楽院でヴァイオリンを学ぶが、14歳の時からパンパイプを独学で習得し、パンパイプの通称の一つである「シリンクス」を自らの芸名とするようになった[5]。1966年と1968年のルーマニア民族舞踊団の海外公演に同伴し、欧米での演奏機会を得、1970年代に亡命した。1981年にジャン=ジャック・アノー監督の『人類創世』のサウンド・トラックに参加して評判を得る。また、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトフルートとハープのための協奏曲等の録音をエラート・レーベルに行った。

ジュネーヴにて死去。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ Simion Stanciu - Discogs
  3. ^ A murit Simion Stanciu Syrinx”. evz.ro. 2017年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月11日閲覧。
  4. ^ [2]
  5. ^ Simion "Syrinx" Stanciu - オールミュージック