シマ社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シマ社会(シマしゃかい)とは、沖縄県及び奄美群島における地域社会を表す言葉である。本土におけるムラ社会に相当する。

概要[編集]

沖縄方言で「シマ」とは、「島嶼」という意味の他に「村落」をも意味していた。そのため、必ずしも離島のみを指していたわけではない。

琉球王国の時代までは、御嶽を中心とする地域共同体を形成し、地域の祭祀を通じて同じシマの住人としての帰属意識を持ち、価値観や経験を共有していた。

明治時代以降も基本的な枠組みは維持され、現代に至っている。

シマ社会の功罪[編集]

シマ社会は、本土の地域社会と比較して、独自の財産(法律上の位置づけは財産区地縁による団体)を持ったり、「字史」の編纂などを盛んに行うなどである。衰退した方ではあるが、一部では現在もその結束を誇っている。

社会内部に対して抑圧的で、かつては村の掟に背いた者や気に入らない者を攻撃して殺害する事件が発生(サンシー事件具志頭制縛致死事件糸満町集団殺人事件を参照)するなどの暗部も抱えており、本土の村社会と同様に排外主義の側面をもっていた。このような閉鎖的な社会を嫌う者の中には、「せめて死んだ後は、(シマ社会に囚われない)気の知れた仲間と一緒に葬られたい」という趣旨で「模合墓」という墓も出現している。

こういった背景から、現在でも「シマ社会の総意」に反する言動をとることは、やや反感を買う行為であり、現代沖縄社会に微妙な影響を与えている。ただ人的交流の深化や情報化社会の進展や価値観の多様化といった時代・社会の変化に伴い、過去に比べるとその弊害は薄れつつある。特に那覇市をはじめとする都市部では影響が薄い。だが農村部では他郷者に対しての差別は残っている。

シマ社会による過去の人権侵害の例[編集]

沖縄県民を除く日本国民アメリカ人
反日反米極左の視点からすると「強者」とされるが、圧倒的多数が沖縄県人で占められる沖縄県においては、まぎれもない社会的少数者である。現在でもマイノリティではあるが、目立つ行為でこれらの人々に対する蔑視や差別を行っている者もいる。

差別者は「反基地感情」「反米感情」を盾に自らの差別行為を正当化している。また復帰前は反米暴動(コザ暴動など)が度々起きており、暴動の発端となった不逞アメリカ人だけでなく、通りがかりのアメリカ人にも暴力を振るったりしていた。

しかしアメリカ軍統治下以降に生まれた世代の沖縄県民は反日反米感情を持ってない者が多数派であり、反対に友好的である事が多い。その背景には、県内の小中学校と米軍基地内の小中学校とが相互に文化交流会を開催し合ったり、基地内で県民が参加可能なイベントが開催される等、幼少期からポジティブな関わり合いが影響している。

ハンセン病患者
戦前、沖縄県のハンセン病罹患率は他府県よりも高かったにもかかわらず、沖縄本島には癩療養所(現在の国立ハンセン病療養所)は一か所もなかった。というのもハンセン病患者に対する差別が熾烈を極め、療養所を設置しようとする沖縄県当局やハンセン病患者に対する反癩暴動(嵐山事件)すら起きているからである。1938年(昭和13年)になり、ようやく沖縄県立国頭愛楽園(現在の国立療養所沖縄愛楽園)が設置された。
奄美住民
戦後、奄美群島が沖縄県に先駆けて1953年本土復帰を果たした際に、所属政体の変更に伴う参政権の喪失や公職追放に止まらず、奄美住民に対する商取引の拒否や民間企業からの締め出しなどの差別が公然と行われた。沖縄マスコミもこれらを煽る報道を行った。
有能者
内間金丸(後の尚円王)は伊是名島の出身であるが、都の首里に赴いたのは一旗揚げて故郷に錦を飾るためではなかった。彼は両親の死後に農業に携わっていたが、刻苦勉励を重ねて不作知らずの収穫を上げてきた。それを村人が妬み金丸を殺害しようとしたため、間一髪島から脱出したという。そういう経緯から、後に金丸が王位に就き第二尚氏王統が始まった後も、尚家は伊是名島に冷淡で、両親のために伊是名玉陵を設けた以外は特に何もやっていない[1]。またロンドンガマの逸話にもみられるように、が得意で女性にモテた漂流者を妬んで殺そうとする話があるなど、優秀な人物であってもそれに嫉妬していきなり殺害しようとする気質が今に伝わっている。

脚注[編集]

  1. ^ 例えば徳川氏は、家康の先代までに分家した松平氏十八松平)を一門として大名旗本に取り立てたり、朱元璋は出身地の鳳陽を「中都」として都市整備したり、李氏朝鮮李成桂は先祖の出身地とされる全州の地方官に「留守」の格式を与えて全羅道の首府とするなど、出身地や先代までに分家した親族を何らかの形で優遇しているのが通常である。

参考文献[編集]

  • 島尻郡教育部会『島尻郡誌』1937年
  • 青木恵哉『選ばれた島』新教出版社、1972年
  • 沖縄大百科事典刊行事務局『沖縄大百科事典 上』沖縄タイムス、1983年
  • 沖縄大百科事典刊行事務局『沖縄大百科事典 中』沖縄タイムス、1983年
  • 沖縄大百科事典刊行事務局『沖縄大百科事典 下』沖縄タイムス、1983年
  • 佐野眞一『沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史』集英社インターナショナル,2008年9月 ISBN 4797671858

関連項目[編集]