シフォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シフォンとレースモーニングガウンをまとったリリアン・ギッシュ(1922年)

シフォン (フランス語: chiffon) は、織物の一種。フランス語の原義はぼろ布雑巾であるが、服飾用語としては、薄く柔らかい織物、またはそれを使った衣類の装飾のことである。絹モスリンとも[1][2]

本来は、片糸撚り生糸を荒い平織りにした絹織物である。広義のシフォンには、レーヨンナイロンなどの化学繊維を使ったもの、メリヤスに編んだものなど、さまざまなものがある。

柔らかいものは婦人用ベール肩掛け、夏用の衣類や帽子の装飾などに使われる。ややしっかりしたものは、ドレスブラウススカーフなどにも使われる。

脚注・参照[編集]

  1. ^ シフォン」 『デジタル大辞泉https://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.892021年8月26日閲覧 
  2. ^ 広辞苑第五版、1998年、岩波書店

外部リンク[編集]