シハーブッディーン・ウマル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シハーブッディーン・ウマル(Shihab ud Din Umar, 生年不詳 - 1316年)は、インド北部を支配したハルジー朝の第4代君主(在位:1316年)。第3代君主アラー・ウッディーン・ハルジーの末子。

生涯[編集]

1316年1月、父アラー・ウッディーン・ハルジーが死ぬと、宦官で実権を握ったマリク・カーフールによって兄たちが幽閉され、まだ幼かったシハーブッディーン・ウマルが傀儡として擁立された。[1]

しかし、2月にマリク・カーフールが 暗殺されると、ウマルは廃されることとなり、兄のクトゥブッディーン・ムバーラク・シャーが擁立された[2]

脚注[編集]

  1. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.131
  2. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.131

参考文献[編集]

  • フランシス・ロビンソン; 月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年 

関連項目[編集]

先代:
アラー・ウッディーン・ハルジー
ハルジー朝の君主
1316年
次代:
クトゥブッディーン・ムバーラク・シャー