シノーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トローイア城壁前で捕虜となるシノーン。

シノーン古希: Σίνων, Sinōn)はギリシア神話の人物で、アエシモスの息子。アエシモスはアウトリュコスの息子なので、系譜上はオデュッセウスイアーソーンの従兄弟となる。しかし、オデュッセウスと同じく、シーシュポスの息子であるとも言われる。彼はアカイア勢としてトロイア戦争に参加し、トロイアの木馬作戦で身体を張って活躍した。

スミュルナのコイントスによる描写[編集]

トローイア勢がギリシア軍の野営を攻撃しようとした時、野営から煙が立っているのが見えたので、注意深くそれに近づいた。そこにギリシア軍の姿は無く、巨大な木馬とその脇に立つシノーンだけが残っていた。野営はすべて放棄され、彼が一人でを起こしトローイア勢を呼び寄せていたのが分かったので、トローイア軍は彼を取り囲んで問いただした。しかし彼は答えなかったので、拷問にかけた。最終的に彼は、ギリシア人は撤退し、木馬はアテーナーに捧げたものであることを話した。彼の話によると、オデュッセウスはシノーンを生贄にしようとしたが、シノーンは沼地に逃げた。彼を見つけるのを諦め、軍は撤退したので、シノーンは木馬のところに戻ったという。トローイア人はこの話を信じたが、ラーオコオーンだけはこれを疑った。トローイア人はシノーンを気の毒に思い神の怒りも恐れたので、木馬をトローイアに運んだ。

神話[編集]

彼はギリシア軍を裏切ったように装いトローイアの捕虜となった。そして、ギリシア人がトローイアに巨大な木馬を置いて去っていったのは、ギリシアへの帰還の旅が上手くいくように神に捧げたものであると説明した。そして何故これほど巨大なのかというと、トローイア市内にこの木馬が運び込まれると、この先トローイアをアカイア勢が攻撃することがあっても、トローイアは決して陥落しなくなるからであると言った。トローイア人はこれを聞き納得し、市内に運ぶのに妨げになった城門を破壊し、木馬を町の中心部まで運んだ。この時カッサンドラとラーオコオーンがそれについて反対したが、前者は予言を人々が信じない運命にあったため無視され、後者は神の放った海の蛇の怪物に息子を食われた。巨大な木馬の中にはギリシア軍の兵士たちが潜み、夜になると馬から出て城壁の扉をあけ、退却したように見せかけていた他のアカイア勢を引き入れたので、トローイアの運命は決定した。

系図[編集]

アイオロス
 
 
 
ヘーオスポロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルキュオネー
 
ケーユクス
 
ダイダリオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘルメース
 
 
 
 
 
キオネー
 
 
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウトリュコス
 
 
 
 
 
 
 
ピラムモーン
 
アルギオペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイシモス
 
アンティクレイア
 
ポリュメーデー
 
 
 
タミュリス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シノーン
 
オデュッセウス
 
イアーソーン
 
 


参考文献[編集]