シネマBAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シネマBAR
ジャンル 映画情報番組
出演者 山口千景
松岡ひとみ
ナレーター 当該節参照
製作
制作 中京テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送[1]
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2005年4月5日 -
放送時間 当該節参照
放送分 5分→8分→10分
公式サイト
テンプレートを表示

シネマBAR』(シネマバー)は、2005年4月5日から中京テレビで放送されている映画情報番組。同年3月29日までは『シネまにぁ』というタイトルで放送されていた。

概要[編集]

公開日が近い、あるいは公開から間もない映画を紹介している深夜のミニ番組である。番組は映画の紹介VTRのほか、監督や出演者など作品制作に携わった人物へのインタビューVTRも放送する。また、視聴者プレゼントコーナーもあるが、こちらは全ての回で行っているわけではない。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時、基本時間のみを掲載。

2008年3月までは火曜深夜に放送されていたが、同年4月に一旦木曜深夜へ移動。そして、同年10月からは水曜深夜に放送されている。また、当初は5分番組だったが、後に放送枠が8分に拡大。2008年4月からは10分番組として放送されている。2019年4月からは日曜深夜に放送されている。

  • 水曜 25:49 - 25:59 (2008年10月8日 - 2009年3月25日) - 『ウキ→ビジュ』の関連ミニ番組『ウキ→デジ』が放送される日には5分遅れで放送。
  • 水曜 25:29 - 25:39 (2009年4月1日 - 2009年12月23日)
  • 水曜 25:54 - 26:04 (2010年1月6日 - 2010年3月31日)
  • 水曜 25:59 - 26:09 (2010年4月7日 - 2012年3月28日) - 『ana-ana girl's』の30分延長版『ana-ana girl's more』が放送される日には30分遅れで放送。
  • 水曜 25:53 - 26:03 (2012年4月4日 - 2012年9月26日)
  • 水曜 25:23 - 25:33 (2012年10月3日 - 2012年12月26日)
  • 水曜 25:29 - 25:39 (2013年1月9日 - 2019年3月27日)
  • 日曜 25:58 - 26:08(2019年4月7日 -)

出演者[編集]

MC[編集]

インタビュアー[編集]

ナレーター[編集]

  • 安部まみこ(当時中京テレビアナウンサー)
  • 我妻絵美(当時中京テレビアナウンサー) - 2008年7月から2009年3月まで担当した後、一旦本多と交代。本多の降板後、2011年4月から2012年3月まで再度担当。
  • 本多小百合(当時中京テレビアナウンサー) - 2009年4月から2011年3月まで担当。
  • 前田麻衣子(中京テレビアナウンサー) - 2012年4月から担当。

番組イベント[編集]

2012年3月10日(土曜)と同年12月23日(日曜)には、ミッドランドスクエア商業棟地下1階のアトリウムで番組の公開収録が行われた[2][3]。3月10日に行われた公開収録には、本番組インタビュアーの松岡ひとみと当時ナレーターを務めていた我妻絵美が参加。そして12月23日に行われた公開収録には、本番組MCの山口千景とインタビュアーの松岡が参加した。

脚注[編集]

  1. ^ 2008年2月26日放送分まではEPGにステレオ放送の表記があったが、同年3月4日放送分からは表記が消失した。
  2. ^ 中京テレビ「シネマBAR」公開収録!”. ミッドランドスクエア広報のブログ (2012年3月11日). 2014年12月17日閲覧。
  3. ^ イブのミッドランド。”. ミッドランドスクエア広報のブログ (2012年12月24日). 2014年12月17日閲覧。

外部リンク[編集]