ザ・シネマティック・オーケストラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・シネマティック・オーケストラ
: The Cinematic Orchestra
The cinematic orchestra.JPG
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル
活動期間 1999年 – 現在
レーベル
共同作業者 DJフード英語版
公式サイト www.cinematicorchestra.com
メンバー
  • ジェイソン・スウィンスコー (Jason Swinscoe)
  • フィル・フランス (Phil France)
  • ルーク・フラワーズ (Luke Flowers)
  • トム・チャント (Tom Chant)
  • ニック・ラム (Nick Ramm)
旧メンバー
  • ジェイミー・コールマン (Jamie Coleman)
  • T・ダニエル・ハワード (T. Daniel Howard)
  • フェデリコ・ウーギ (Federico Ughi)
  • アレックス・ジェームズ (Alex James)
  • パトリック・カーペンター (Patrick Carpenter)
  • クリーン・サッドネス (Clean Sadness)
  • ステュアート・マッカラム (Stuart McCallum)

ザ・シネマティック・オーケストラ[1][2][3](英: The Cinematic Orchestra)は、1999年にジェイソン・スウィンスコーが結成した、イギリスニュージャズ電子音楽グループである。グループはインディーズレーベルのNinja Tuneに所属している。スウィンスコー以外のメンバーは、DJフード英語版の元メンバーでターンテーブル英語版担当のPC(パトリック・カーペンター)[4][5]ドラム担当のルーク・フラワーズ[4]サクソフォンピアノのトム・チャント[3]、ピアノのニック・ラム英語版コントラバスのフィル・フランス[3]である。元メンバーには、トランペットのジェイミー・コールマン、ドラムのT・ダニエル・ハワード[3]、ドラムのフェデリコ・ウーギ英語版、ピアノのアレックス・ジェームズ、シンセサイザープログラミングを担当していたクリーン・サッドネス、ギターのステュアート・マッカラム(2004年 - 2012年)[6][7][8]がいる。スウィンスコーとカーペンターは、「ネプテューン」(英: Neptune)という名前のバンドとしても活動している。

スタイル[編集]

音楽はライブ録音ないしスタジオ収録で、ターンテーブル英語版と、スウィンスコーが作成するサンプリングなどの電子音楽要素を組み合わせ、生の即興演奏で収録される。スタジオ・アルバムでは、即興のジャズ生演奏とエレクトロニカを組み合わせるために、スウィンスコーが生演奏の音源をリミックスすることも多く、そのためどこまでが即興演奏で、どこからが編集済の音源か境目を聞き分けることは難しい。彼らの音楽はトリップ・ホップに分類され、音楽のベースには1960年代から70年代のジャズがあることが指摘されている[3][9]

歴史[編集]

スウィンスコーは、カーディフ・カレッジ英語版ファインアートを学んでいた頃、Crabladder と呼ばれるグループを結成し(1990年)[9]、1枚の公式シングルを自身のレーベルPower Tools から出した。このグループの音楽は、ジャズハードコア・パンクを融合させたもので、スウィンスコーはこの形態を発展させつつ、多くのクラブ海賊放送に出演した[9]

グループとしてのデビュー・アルバムである『モーション英語版』は、1999年に発売された[10][11]。このアルバムが好評を得たことから、グループはディレクターズ・ギルド賞英語版授賞式で、映画監督のスタンリー・キューブリックへ生涯貢献賞が贈られた際のプレゼンテーションで演奏した[12]

グループは2001年にポルトで開かれた欧州文化首都祭で、ジガ・ヴェルトフソビエト連邦で1929年に制作した無声映画、『これがロシヤだ』(『カメラを持った男』)に新しい映画音楽を付ける試みに招待され、映画を上映しながら生演奏するというパフォーマンスを行った[13]。ポストプロダクション中だった『モーション』収録作品を除けば、生演奏の作品というのは、グループの通常の作風とは一線を画していた。グループはこの作品を引っ提げてツアーを行い、後に同名のアルバム『マン・ウィズ・ア・ムービー・カメラ英語版』として発売した(2003年)[14]。この際作られた曲の一部は、2002年発売のアルバム『エブリー・デイ英語版』でリライトされた[15][16]。2002年5月には、全英アルバムチャートで54位に入った[17]。『ピッチフォーク・メディア』のドミニク・リオーンは、アルバムに6.0点を付け、「多くのサウンドトラックと同じように、スクリーン上で起こる出来事をサポートするため、このアルバムでも水平を保ってひどく入り込まないようにした感覚を感じ——結果として、彼らは単独の視聴メディアほどよく働く必要が無くなった」と述べた[18]

2006年には、レディオヘッドの曲『イグジット・ミュージック』"Exit Music (For a Film)" をカバーし、トリビュート・アルバム『イグジット・ミュージック:ソングス・ウィズ・レディオヘッド英語版』に収録した[19][20]。オリジナルと比べて、カバー版ではテンポが落とされ、サクソフォンから始まり、クラシカル・ギター、続いてエレクトリック・ギターのパート、原曲と同じアコースティック・ギターのリズムに乗せる部分と、4つの音色が繋がれている。

2007年5月7日には、アルバム『マ・フラー英語版』を発売した[21][22]。このアルバムにはパトリック・ワトソン英語版フォンテラ・ベース英語版ルー・ローズ英語版などがボーカルで参加した曲も収められ、またローズとワトソンが共演した曲も収録された[23]。2008年には、初の来日公演を行った(これ以前の2002年には、フジロック・フェスティバルへの出演経験がある[24][22]。スウィンスコーはこのアルバムについて、自身のパリ生活を反映したものだと語っている[23]。また同じ年には、ディズニーネイチャー英語版の映画『フラミンゴに隠された地球の秘密英語版』のサウンドトラックを担当し、映画は2008年12月15日にフランスで封切られた[25][26]。映画音楽はグループとスティーヴ・マクローリン(英: Steve McLaughlin)の共同制作で作られたほか、2009年9月17日にはイズリントンのユニオン・チャペル(英: The Union Chapel)でロンドン・メトロポリタン・オーケストラ(英: London Metropolitan Orchestra)と共に生演奏を行い[27]、2009年10月1日には、ワイオミング州で開かれたジャクソン・ホール野生生物映画祭英語版で最優秀オリジナル・スコア賞を獲得した[28]

2010年11月には、ロイヤル・アルバート・ホールで行われた、Ninja Tuneの20周年記念ガラ公演で演奏を行った[29]

2011年には、アバンギャルド短編映画に曲を付けるシリーズを制作し、自らキュレーションして、"In Motion" とのタイトルの元、ドリアン・コンセプト英語版やトム・チャント(サックス)、グレイ・レヴェレンド[注釈 1]オースティン・ペラルタ英語版バービカン・センターで演奏し[30][31]、その後2012年にアルバム『In Motion #1』として発売した[32]

2016年10月20日には、新作アルバムの発表に先立ち、コンセプト・ソングを発表した[1][2][33]。タイトルは "To Believe" で、歌手のモーゼス・サムニーがフィーチャリングしている[34]。また、サンダーキャットジャイルス・ピーターソンジェイムスズー英語版らと共演するツアーの実施も発表した[35]。『ガーディアン』紙のインタビューで、スウィンスコーは、新作アルバムはコンセプト・ソングと同じ "To Believe" というタイトルで、2017年初めにリリースされる予定だと明かしていた[36]

曲の使用例[編集]

アルバム『マ・フラー英語版』に収録された『トゥ・ビルド・ア・ホーム英語版』は、カナダシンガーソングライターであるパトリック・ワトソン英語版がボーカルで参加した一作で、6千万回以上ストリーミングされているほか[36]、多くの映画やテレビ番組で使用されている。2008年には、シーバスリーガルの広告・"Live with Chivalry" で使用された[37][38]。また、日本ではキリン本搾りチューハイのCMに使用された(2016年)[39][40]。2008年には、イギリスのソープオペラホーリーオークス英語版』で、サム・"OB"・オブライエンが旅立つシーンに用いられた。また、映画『トリニダード英語版』(2008年)[41]、『パパの木英語版』(2010年)[42][43]、『静かなる叫び英語版』(2009年、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督)[44]、2011年の短編映画『ラファ・コンティネンタル』Rapha Continental や『ディス・イズ・ブライトン』This Is Brighton、『ギミー・シェルター英語版』(2013年、ヴァネッサ・ハジェンズ主演)[45]、『スウィート17モンスター』(2016年)[46]でも使用されている。その他テレビ番組では、『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』、『One Tree Hill』、『クリミナル・マインド FBI行動分析課』、『アグリー・ベティ』、『SUITS/スーツ』、『トップ・ギア』、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』(2017年、シーズン5フィナーレ)、『イーストエンダーズ』(2016年1月26日放送話)などで使われた。また、2013年8月には、Showtimeのドラマ『HOMELAND』第3シーズンのトレイラーに用いられた[47]。2012年には、サイエンス・コミュニケーターニール・ドグラース・タイソンが『タイム』誌読者の質問に答えるビデオ ""The Most Astounding Fact"" で使用されたが、フリーランス映像作家であるマックス・シュリッケンマイヤー(英: Max Schlickenmeyer)が編集してYouTubeに投稿したところ、1,100万回以上も再生された[48]。2013年には、車椅子バスケットボール選手を特集したギネスの広告で使用された[49]。また、ニューヨークのスカイラインを前にダスティン・ホフマンが出演する、スカイ・アトランティック英語版のイギリス版コマーシャルでも使用された[50]。またフィギュアスケート選手のドミトリー・アリエフケイティ・パスフィールドらがこの曲を使用している[51][52]

この曲を短く編曲して一部を書き換えた『ザット・ホーム』"That Home" も多数のメディアで用いられており、『ティーン・ウルフ英語版』の1話、『SUITS/スーツ』のエピソード[53]2011年英語版サンダンス映画祭で受賞した『アナザープラネット英語版』のトレイラー[54]ABCのドラマ『重力への挑戦英語版』、2012年の映画『ステップ・アップ4:レボリューション』のダンスシーン[55]FOXのダンスコンペ番組『アメリカン・ダンスアイドル』第7シーズンフィナーレ[56][57]で使用されている。

2006年の映画『キダルトフッド英語版』(原題)では、アルバム『エブリー・デイ英語版』収録の『オール・シングス・トゥ・オール・メン英語版』が使用された[58]。またインストゥルメンタル版が、イギリスのテレビドラマ『華麗なるペテン師たち』で用いられたことがある。この曲もイギリスのソープオペラ『ホーリーオークス』で2009年12月に使われたほか、物理学者のブライアン・コックスがナレーションを行うシリーズ "Wonders of the Solar System" (enのエピソード "Thin Blue Line" で短く使用された。

パブリック・レディオ・エクスチェンジ英語版のラジオ番組、『ディス・アメリカン・ライフ英語版』では、『マン・ウィズ・ア・ムービー・カメラ英語版』収録の『ドランケン・チューン』"Drunken Tune" が頻用されている。2012年のテレビゲーム『スリーピングドッグス 香港秘密警察』では、楽曲『バーン・アウト』"Burn Out" が使用されている。アルバム『イン・モーション#1』のトラック "Entr'acte" の抜粋は、『トップ・ギア』アフリカ・スペシャル(2013年3月10日初放送)の第2部に使用された。"Channel 1 Suite" は、デビッド・ラシャペルが監督し、チャンネル4で放送された『LOST』のトレイラーに用いられた。

2010年には、『フラミンゴに隠された地球の秘密英語版』に収録された "Arrival of the Birds" が、ジョルジオ アルマーニ コスメティックスの女性向け香水アクア・ディ・ジョイア(: Acqua di Gioia)のコマーシャルで使用された[59][60]。また2014年の映画『博士と彼女のセオリー』のラストシーン[61]、コルネット・キューピディティ・シリーズ(英: Cornetto Cupidity Series)の短編映画『トゥギャザー・アパート』(原題、英: Together Apart)でも使用されているほか、フィギュアスケート選手のアダム・リッポンらがスケーティングに使用している[62][63]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

アルバム 最高順位
フランス[64] ベルギー
フランデレン地域[65]
スイス[66] イギリス[67]
1999年 モーション英語版
Motion
2002年 エブリー・デイ英語版
Every Day
124 54
2007年 マ・フラー英語版
Ma Fleur
71 37 94 44
2017年 『トゥ・ビリーヴ』(リリース予定)
To Believe

その他のアルバム[編集]

シングル[編集]

チャート入りしたもの
シングル 最高順位 収録アルバム
イギリス[67] フランス[64]
2002年 『ホライズン』
"Horizon"(feat. Niara Scarlett英語版)
93 『エブリー・デイ』再発盤
Every Day
2007年 トゥ・ビルド・ア・ホーム英語版
"To Build a Home"
(featuring Patrick Watson英語版)
96 『マ・フラー』
Ma Fleur
その他
  • 1999年 - "Diabolus"
  • 1999年 - "Channel 1 Suite"/"Ode to the Big Sea"
  • 2002年 - "All That You Give" (feat. Fontella Bass英語版)
  • 2002年 - "Man with the Movie Camera"
  • 2007年 - "Breathe"
  • 2011年 - "Entr'acte"
  • 2011年 - "Manhatta"
  • 2012年 - "Arrival of the Birds"
  • 2016年 - "To Believe" (feat. Moses Sumney)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 英: Grey Reverend

出典[編集]

  1. ^ a b The Cinematic Orchestra──ザ・シネマティック・オーケストラが10年ぶりのアルバムをリリース”. ele-king (2016年10月24日). 2017年11月17日閲覧。
  2. ^ a b ザ・シネマティック・オーケストラ、10年ぶりアルバムリリース発表 1stシングル「To Believe」も”. リアルサウンド (2016年10月21日). 2017年11月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e 音楽出版社 (2016年2月3日). “ザ・シネマティック・オーケストラ”. タワーレコード. 2017年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月17日閲覧。
  4. ^ a b Nicholson, Stuart (2014). Is Jazz Dead?: Or Has It Moved to a New Address. Routledge. p. 157. ISBN 1136730931. https://books.google.co.jp/books?id=rnp9AwAAQBAJ&pg=PA157&lpg=PA157&dq=Patrick+Carpenter+cinematic+orchestra 2017年11月19日閲覧。. 
  5. ^ Cooper, Paul (2002年9月19日). “The Cinematic Orchestra - Every Day”. Electronic. ピッチフォーク・メディア. 2017年11月19日閲覧。
  6. ^ Lewis, John (2015年9月10日). “Stuart McCallum: City review – urban soundscapes from Cinematic Orchestra guitarist”. ガーディアン. 2017年11月17日閲覧。
  7. ^ Biography”. Stuart McCallum :: Official Website. 2017年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月17日閲覧。
  8. ^ 元シネマティック・オーケストラのスチュアート・マッカラム、リチャード・スペイヴンがプロデュース&メロウなギターが美しいソロ新作 / REVIEWS / JAZZ”. Mikiki (2015年11月5日). 2017年11月17日閲覧。
  9. ^ a b c Cinematic Orchestra”. オール・トゥモローズ・パーティーズ. 2016年3月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年11月17日閲覧。
  10. ^ CMJ New Music Monthly. 74. CMJ Network, Inc.. (1999年10月). p. 82. ISSN 1074-6978. https://books.google.co.jp/books?id=XioEAAAAMBAJ&pg=PA82&lpg=PA82&dq=cinematic+orchestra+motion 2017年11月17日閲覧。. 
  11. ^ Ninja Tune /The Cinematic Orchestra - Motion”. BEATINK Official Website (2010年6月7日). 2017年11月17日閲覧。
  12. ^ Ostroff, Joshua (2002年6月). “The Cinematic Orchestra...Score!”. Exclaim.ca. 2013年8月10日閲覧。
  13. ^ Dix, Noel (2003年1月1日). “The Cinematic Orchestra Man With a Movie Camera”. exclaim.ca. 2017年11月18日閲覧。
  14. ^ The Cinematic Orchestra Man With A Movie Camera Tour”. Ninja Tune. 2017年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月19日閲覧。
  15. ^ MassiveAttack (2009年5月11日). “he Cinematic Orchestra - Man With A Movie Camera”. Sputnikmusic英語版. 2017年11月19日閲覧。
  16. ^ Dejnarowicz, Borys (2004年5月6日). “Cinematic Orchestra - Man With A Movie Camera”. Porcys. 2017年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月19日閲覧。
  17. ^ Roberts, David (2006). ブリティッシュ・ヒット・シングルズ&アルバムズ英語版 (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 107. ISBN 1-904994-10-5. 
  18. ^ Leone, Dominique (2003年8月20日). “The Cinematic Orchestra - Man With a Movie Camera”. Electronic. ピッチフォーク・メディア. 2017年11月19日閲覧。 “As with many soundtracks, I often get the sense here that things are kept at an even, not-terribly-intrusive keel in order to support whatever might be happening onscreen-- and as a result, they don't necessarily work very well as stand-alone listening experiences.”
  19. ^ Macia, Peter (2006年4月17日). “Various Artists - Exit Music: Songs With Radio Heads”. ピッチフォーク・メディア. 2017年11月19日閲覧。
  20. ^ Raper, Dan (2006年4月19日). “Various Artists: Exit Music: Songs for Radio Heads”. PopMatters英語版. 2017年11月19日閲覧。
  21. ^ Ma Fleur – Amazon.co.uk availability date”. Amazon. 2007年2月27日閲覧。
  22. ^ a b シネマティック・オーケストラ、待望の来日”. BARKS (2008年10月1日). 2017年11月17日閲覧。
  23. ^ a b NAITO, SOICHIRO (interview & text). “THE CINEMATIC ORCHESTRA インタビュー149号”. iLOUD. 2017年11月17日閲覧。
  24. ^ The Cinematic Orchestra”. clubberia.com. 2017年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月19日閲覧。
  25. ^ The Crimson Wing: Mystery of the Flamingoes - Amazon.fr availability date”. Amazon. 2008年1月11日閲覧。
  26. ^ ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密”. ディズニー. 2017年11月19日閲覧。(日本語)
  27. ^ The readers' choice of 2009 culture”. インデペンデント (2009年12月22日). 2017年11月19日閲覧。
  28. ^ ANNOUNCING THE 2009 FILM COMPETITION WINNERS!”. ジャクソン・ホール野生生物映画祭英語版 (2009年10月1日). 2017年11月19日閲覧。
  29. ^ Ninja Tune XX present The Cinematic Orchestra & Amon Tobin”. ロイヤル・アルバート・ホール (2010年11月14日). 2014年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月23日閲覧。
  30. ^ The Cinematic Orchestra”. バービカン・センター. 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年12月11日閲覧。
  31. ^ Johnson, Phil (2012年6月23日). “Album: The Cinematic Orchestra, In Motion 1 (Motion Studio/Ninja Tune)”. インデペンデント. 2017年11月17日閲覧。
  32. ^ The Cinematic Orchestra - In Motion #1 - Discogs2016年12月11日閲覧。
  33. ^ ザ・シネマティック・オーケストラが2017年に新作リリース、LAの新鋭SSWをフィーチャーした新曲解禁”. ビルボード・ジャパン (2016年10月24日). 2017年11月17日閲覧。
  34. ^ To Believe (feat. Moses Sumney) - The Cinematic Orchestra”. Spotify. 2017年11月19日閲覧。
  35. ^ The Cinematic Orchestra Return With New Moses Sumney-Featuring Song “To Believe”: Listen | Pitchfork”. pitchfork.com. 2016年10月21日閲覧。
  36. ^ a b Munday, Matt (interview) (2016年11月13日). “Jason Swinscoe: ‘I’m not doing this to make a pop song that’s on Radio 1 for two weeks’”. ガーディアン. 2017年11月19日閲覧。
  37. ^ Joffroy, Guillaume (2011年8月13日). “The Cinematic Orchestra: Los Angeles brille de mille feux avec 'To build a home'”. purepeople.com. 2017年11月19日閲覧。(フランス語)
  38. ^ The Movement, Live with Chivalry, Chivas - digiadam - YouTube(2008年10月30日投稿、2016年12月11日閲覧)
  39. ^ ザ・シネマティック・オーケストラ、キリン本搾りチューハイのCMに楽曲が起用されることに”. NME Japan (2016年2月2日). 2017年11月17日閲覧。
  40. ^ Daiki Hayashi (2016年2月3日). “大沢たかお出演『キリン本搾り™』壮大なCM曲は…?”. Qetic(けてぃっく). 2017年11月19日閲覧。
  41. ^ Trinidad (2008) - Soundtracks”. IMDb. 2013年3月16日閲覧。
  42. ^ ::: BEATINK Official Website / Ninja Tune / The Cinematic Orchestra - Ma Fleur :::”. 2017年11月19日閲覧。
  43. ^ The Tree (2010) - Soundtracks2017年11月19日閲覧。
  44. ^ Polytechnique (2009) - Soundtracks2017年11月19日閲覧。
  45. ^ Gimme Shelter (2013) - Soundtracks2017年11月19日閲覧。
  46. ^ The Edge of Seventeen”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2017年11月19日閲覧。
  47. ^ Casey, Dan (2013年8月9日). “Get Excited, Then Depressed By The “Homeland” Season 3 Trailer”. ナーディスト・インダストリーズ英語版. 2017年11月19日閲覧。
  48. ^ The Most Astounding Fact - Neil deGrasse Tyson (Max Schlickenmeyer) - YouTube(2012年3月2日投稿、2016年12月11日閲覧)
  49. ^ Guinness basketball commercial - GuinnessCommercials - YouTube(2013年9月3日投稿、2016年12月11日閲覧)
  50. ^ MacInnes, Paul (2011年1月22日). “The Hard Sell: Sky Atlantic”. ガーディアン. 2017年11月19日閲覧。
  51. ^ Dmitri ALIEV”. isuresults.com. 2017年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月19日閲覧。
  52. ^ Katie PASFIELD”. isuresults.com. 2017年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月19日閲覧。
  53. ^ music from Suits - Break Point”. 2012年8月19日閲覧。
  54. ^ ANOTHER EARTH Official HD Trailer - FoxSearchlight - YouTube2017年11月19日閲覧。
  55. ^ Step Up: Revolution – Music from the Motion Picture - Various Artists”. genius.com. 2017年11月19日閲覧。
  56. ^ Hodges, Patrick. “So You Think You Can Dance Watch: Top Three Final Performance Show”. cinemablend.com. 2017年11月19日閲覧。
  57. ^ So You Think You Can Dance Season 7: Final Performance Recap” (2010年8月11日). 2017年11月19日閲覧。
  58. ^ 【CD】Kidulthood - Original Soundtrack”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2017年11月19日閲覧。
  59. ^ Pub Acqua di Gioia Giorgio Armani 2010 Commercial - GiorgioArmaniStore - YouTube(2010年7月4日公開、2017年11月19日閲覧)
  60. ^ The Cinematic Orchestra – Arrival of the birds – Musica Spot Acqua di Gioia di Giorgio Armani 2010” (2010年7月9日). 2017年11月19日閲覧。(イタリア語)
  61. ^ The Theory of Everything (2014) - Soundtracks2017年11月19日閲覧。
  62. ^ Adam RIPPON”. isuresults.com. 2017年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月19日閲覧。
  63. ^ Kennedy, Michelle (2016年10月17日). “Adam Rippon takes a risk”. figureskatersonline.com. 2017年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月19日閲覧。
  64. ^ a b The Cinematic Orchestra discography”. lescharts.com. Hung Medien. 2013年9月1日閲覧。
  65. ^ The Cinematic Orchestra discography”. ultratop.be/nl. Hung Medien. 2013年9月1日閲覧。
  66. ^ The Cinematic Orchestra discography”. hitparade.ch. Hung Medien. 2013年9月1日閲覧。
  67. ^ a b CINEMATIC ORCHESTRA”. official charts. 2017年11月19日閲覧。
  68. ^ The Cinematic Orchestra – Live At The Big Chill 03.08.2007”. Discogs. 2016年5月2日閲覧。
  69. ^ PHIL FRANCE - THE SWIMMER”. TECHNIQUE :: テクニーク. 2017年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]