シニョリーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シニョリーア: signoria)は、イタリア語支配統治主権などのことで、特に歴史上13世紀後半から15世紀頃のイタリア諸国に現れた、僭主が支配する政治体制を指す。紳士主人領主などを意味するシニョーレ(signore)の派生語である。

概要[編集]

12世紀以降、北部・中部のイタリアの諸都市は都市国家の形態をとり、共和制の伝統が根付いていた。しかし、戦争など緊急の際には共和政ローマにおける独裁官と同様に、臨時に1人に主権を任せることがあり、やがてこれが終身化し、のちには世襲化していった。ルネサンス期には、世襲の僭主国家が各地に見られるようになった。その後、多くの僭主たちは神聖ローマ皇帝ないしローマ教皇からなどの封建領主に封じられ、世襲支配に制度的保障を獲得することになる。なおフェラーラ公国エステ家のようにもともと封建領主(エステ家の場合はエステ辺境伯)だったものがシニョーレとして実権を掌握した例もある。

1277年、オットーネ・ヴィスコンティがミラノのシニョーレとなる。1395年、ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ神聖ローマ皇帝ヴェンツェルよりミラノ公の称号を得る(ミラノ公国)。
メディチ家によるフィレンツェ支配は、コジモ・イル・ヴェッキオピエロ・イル・ゴットーゾロレンツォ・イル・マニーフィコの3代に渡り、フィレンツェ共和国の黄金時代を築いた。
メディチ家はロレンツォ・イル・マニーフィコ死後の1494年にジロラモ・サヴォナローラにより追放されるが、1512年にハプスブルク家の支援を得てスペイン軍と共にフィレンツェに復帰する。1532年にアレッサンドロ・デ・メディチが神聖ローマ皇帝カール5世よりフィレンツェ公(フィレンツェ公国)、1569年にコジモ1世がローマ教皇ピウス5世よりトスカーナ大公(トスカーナ大公国)の称号を得、名実共にフィレンツェの君主となる。

関連項目[編集]