シナダレスズメガヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シナダレスズメガヤ
Starr 050208-3896 Eragrostis curvula.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
: スズメガヤ属 Eragrostis
: シナダレスズメガヤ
E. curvula
学名
Eragrostis curvula (Schrad.) Nees
和名
シナダレスズメガヤ
英名
Weeping Lovegrass

シナダレスズメガヤ Eragrostis curvula は、イネ科に分類される雑草の一種。英語名はウィーピング・ラブグラス。南アフリカ原産だが、日本にも外来種として全国に定着している。

分布[編集]

南アフリカを原産地とする[1]

南北アメリカ、南ヨーロッパ、アジア(日本を含む)、オセアニアの広い地域に移入分布する[2]

特徴[編集]

高さ0.6-1.2mの多年生草本。葉身は長さ40-60cmで、垂れ下がる。花期は8-10月。牧草地、荒地、河原などに生息する。

種子生産量が多く、1平方メートルあたりで生産される種子数は平均16123粒(最大87001粒、最小541粒)との調査結果がある[3]。24-36℃の温度条件下であれば、およそ4日以内に約90%以上の種子が発芽することが明らかになっており、永続的な土壌シードバンクを形成することはほとんどないとされる[3]

外来種問題[編集]

日本では1959年にアメリカから四国農業試験場に導入されたのが最初で、その後、道路法面緑化用や砂防工事に利用され、今では日本全国に分布を拡大している[1][3]。国の直轄河川である123河川のうち105河川で侵入が判明している[3]

太田川鬼怒川では本種が侵入し、絶滅危惧種のカワラノギクカワラニガナといった在来種を駆逐する危険性が懸念されている[1]。また、砂を堆積させることで河原の地形を改変させてしまう[4]。鬼怒川では1998年の洪水以降に本種の占有面積が急増したことから、シナダレスズメガヤは洪水などの攪乱に強いことが示唆されている[3]

外来生物法によって要注意外来生物に指定されており、日本生態学会の選定した日本の侵略的外来種ワースト100にも選ばれている。鬼怒川や吉野川鳥取砂丘では本種の駆除が行われている[1]。本種の根絶のためには、種子供給源となる河川上流部の駆除を先行して実施する必要がある[3]

オーストラリアでも侵略的な外来植物として問題になっている[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社2008年4月21日ISBN 978-4-582-54241-7
  2. ^ シナダレスズメガヤ 国立環境研究所 侵入生物DB
  3. ^ a b c d e f 村中孝司、鷲谷いづみ「侵略的外来牧草シナダレスズメガヤ分布拡大の予測と実際」、『保全生態学研究』第8巻第1号、日本生態学会、2003年8月30日、 51-62頁、 NAID 110001888720
  4. ^ 村上興正・鷲谷いづみ(監修) 日本生態学会(編著) 『外来種ハンドブック』 地人書館2002年9月30日ISBN 4-8052-0706-X