シドニー (軽巡洋艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シドニー
艦歴
発注 1931年
起工 1933年7月8日
進水 1934年9月22日
就役 1935年9月24日
その後 1941年11月19日に戦没
除籍 -
性能諸元
排水量 基準 6,980トン
全長 171.37 m
全幅 17.27 m
吃水 4.77 m
機関 パーソンズ式オール・ギヤード蒸気タービン、4軸 72,000hp
速力 最大32.5ノット
乗員 570名
兵装 15.2cm(50口径)連装砲 4基8門
10.2cm(45口径)単装高角砲 4門
12.7mm 4連装機銃 3基
53.3cm 4連装魚雷発射管 2基
搭載機 水上機 1機

シドニー (HMAS Sydney) は、オーストラリア海軍軽巡洋艦パース級

艦歴[編集]

シドニーはイングランド東北部のスワン・ハンター社で建造。最初は艦名はフェートンであったが、建造中にオーストラリア政府に買収された結果、シドニーと改名され1935年9月に竣工した。

就役後地中海で活動し、オーストラリアに来たのは1936年8月のことである(8月2日シドニー到着)。

1940年4月19日、シドニーはオールバニの東で中東へ向かうUS2船団と合流し、4月28日にココス諸島近海でフランスの重巡洋艦シュフランと交代するまで船団の護衛を行った。そして、次のUS3船団を護衛するためフリーマントルへ向かった。だが、5月1日にシドニーはコロンボへ向かうよう命じられた。シドニーはシンガポール経由で5月8日にコロンボに到着した。5月12日、シドニーはUS3船団護衛のためコロンボから出航した。しかし、シドニーは地中海に派遣されることになり5月18日にコロンボへ戻った。そこで燃料を補給し5月19日に出航した。5月22日、アデンに到着。5月23日、アデン出航。5月25日から26日の夜にスエズ運河を通過し、アレクサンドリアに5月26日に到着した。そこで地中海艦隊の第7巡洋艦戦隊(軽巡洋艦オライオンネプチューングロスターリヴァプール)に編入された。

イタリア参戦直後の6月11日、シドニーを含む地中海艦隊はアレクサンドリアから出撃した。だが、敵は発見できず、6月14日に艦隊はアレクサンドリアに戻った。6月20日、シドニー、ネプチューン、オライオンと戦艦ロレーヌ、駆逐艦ダインティデコイヘイスティスチュアートがアレクサンドリアから出撃した。6月21日、この艦隊はリビアバルディアを砲撃した。同日、アレクサンドリアに帰投。続いて第7巡洋艦戦隊はMA3作戦に参加した。これは3つの船団を護衛する作戦であった。この作戦で第7巡洋艦戦隊の任務はマルタからエジプトへ向かう船団の護衛であった。6月27日に第7巡洋艦戦隊はアレクサンドリアを出航した。6月28日、ザンテ島沖でイタリアの駆逐艦エスペロゼフィーロオストロが発見された。この日、第7巡洋艦戦隊はこのイタリア駆逐艦を攻撃し、エスペロを撃沈した(エスペロ船団の戦い)。戦闘後シドニーはエスペロの生存者を救助し、アレクサンドリアへ戻った。なお、この戦闘で弾薬を多数消費したため、マルタからの船団の出航は延期された。

6月7日、シドニーの他、戦艦ウォースパイトマレーヤロイヤル・サブリン、空母イーグルなどが、出航が延期されていたマルタからの船団の護衛(MA5作戦)のためアレキサンドリアから出撃した。7月9日、イタリア艦隊との間でカラブリア沖海戦が発生した。海戦後、艦隊は船団を護衛し、7月13日にアレクサンドリアに帰還した。

7月18日、シドニーは、クレタ島の北で対潜哨戒に従事する駆逐艦4隻の支援とアテネ湾でのイタリア船攻撃を命じられて、駆逐艦ハヴォックを伴ってアレクサンドリアから出撃した。7月19日、駆逐艦4隻がイタリアの軽巡洋艦バルトロメオ・コレオーニジョバンニ・デレ・バンデ・ネレと遭遇した。シドニーとハヴォックへ戦場へ急行し、戦闘に参加した。このスパダ岬沖海戦ではバルトロメオ・コレオーニが沈没した。また、シドニーも1発の命中弾を受けた。7月20日、アレクサンドリアに帰還。

7月27日、シドニーはネプチューンと共にアレクサンドリアを出撃。同日中に戦艦ウォースパイト、マレーヤ、ロイヤル・サブリンなどの合流した。この出撃の目的はエーゲ海からエジプトへ向かうAS2船団の護衛であった。7月28日、シドニーとネプチューンは艦隊から別れて北へ向かい、アテネ湾入り口で、ドデカネス諸島へガソリンを運んでいたギリシャのタンカーErmioniを沈めた。2隻は7月30日にアレクサンドリアに帰投した。8月、ボンバ湾とバルディアに対する攻撃がおこなわれ、シドニーはその支援に当たった。この作戦では、シドニーは8月23日にアレクサンドリアから出撃し、24日に帰投した。続いて地中海ではハッツ作戦が行われた。これは戦艦ヴァリアント、空母イラストリアスなどを地中海艦隊への増援として地中海を通して送るというもので、同時に船団護衛なども行われた。シドニーは8月30日に戦艦ウォースパイト、マレーヤ、空母イーグルなどと共にアレクサンドリアから出撃した。9月2日、地中海艦隊は増援部隊とマルタ南西沖で合流した。帰路、9月4日にシドニー、オライオン、駆逐艦デコイ、アイレックスカルパソス島を砲撃した。9月5日、アレクサンドリア帰投。9月24日から26日までキプロス沖で哨戒をおこなった。

9月28日、マルタ島へ送る兵員を乗せた軽巡洋艦グロスターとリヴァプールがアレクサンドリアを出航し、その護衛のため戦艦ウォースパイト、ヴァリアント、空母イラストリアス、シドニーを含む巡洋艦3隻、駆逐艦11隻が出撃した(MB5作戦)。9月30日にグロスターとリヴァプールは無事にマルタに到着した。帰投途中の10月2日にシドニーとオライオンはスタンパリア島を砲撃し、10月3日にアレクサンドリアに到着した。10月8日、マルタへの補給船団を護衛するためシドニーを含む地中海艦隊は再び出撃した(MB6作戦)。10月11日に船団が無事にマルタに到着した。10月12日、軽巡洋艦エイジャックスがイタリアの駆逐艦や水雷艇と交戦し、シドニーも逃走するイタリア艦を追跡したが捕捉出来なかった。10月25日から28日までの間も、シドニーを含む艦隊はエーゲ海からの船団の護衛などを行った。

10月28日のイタリア軍のギリシャ侵攻により、クレタ島スダ湾に拠点を作るための船団が10月29日にエジプトからクレタ島へ向かった。そして、その護衛のためにシドニーも含む艦隊が出撃した。11月2日、艦隊はアレクサンドリアに戻った。11月5日、兵士や弾薬などを乗せたシドニーとエイジャックスはポート・サイドを出航した。11月6日、スダ湾に到着。11月7日にスダ湾を離れて地中海艦隊と合流し、マルタへの船団の護衛に従事した。船団は11月9日にマルタに到着した。11月11日、地中海艦隊は西から来た増援部隊とマルタ南方で合流した。同日、シドニーと軽巡洋艦オライオン、エイジャックス、駆逐艦ヌビアンモホークからなるX部隊はオトラント海峡へ向かった。また、空母イラストリアスがタラント空襲に向かった。11月12日、X部隊はオトラント海峡アルバニアへ向かっていたイタリア船団を発見、攻撃した。この船団は4隻の船からなり、旧式の水雷艇ファブリッツィと仮装巡洋艦ラム3世が護衛していたが、4隻とも撃沈されファブリッツィも大破した(オトラント海峡海戦)。同日、X部隊は艦隊と合流し、11月14日にアレクサンドリアに帰投した。

コルモランとの戦闘と喪失[編集]

1941年頃のシドニー。

1941年2月5日、シドニーはオーストラリアに戻り、その後はインド洋で船団護衛に従事していた。11月19日、シドニーはシャーク湾沖約170浬のインド洋でオランダ船に偽装していたドイツの仮装巡洋艦コルモラン(HSK 8, 武装:15cm砲6門他)を発見した。

以下はコルモランの艦長以下の証言による戦闘概況である。コルモランはパースの港口に機雷敷設に向かう途上であったが、シドニーからの誰何に対しわざとモタモタしながら時間を稼ぎ、有利に攻撃を開始する機会をうかがっていた。コルモランからはシドニー艦上で偵察機の射出準備をしている様子が窺われたが、射出は行われなかった。シドニーが1-2kmの間隔を置いてコルモランの真横に並び、秘密の船舶コードを示すよう信号したとき、コルモランはオランダ商船旗を下ろしてドイツの戦闘旗を掲げ、同時に15cm砲や発射管を隠していたフラップを開き、対空砲座をせり上げ、戦端を開いた。その時シドニーの各砲はコルモランを指向していたが、総員配置の命令は出されていなかったらしく非番らしい乗員が甲板にたむろしていた。

攻撃開始後すぐに、コルモランの対空砲の砲弾がシドニーの艦橋発射管周辺に炸裂し、また砲撃指揮装置を破壊した。またコルモランの魚雷がシドニーの前部A・B両砲塔の間に命中しどちらも動かなくなった。一方シドニーの後部砲塔はコルモランの機関室に命中弾を得、火災を発生させた。コルモランの15cm砲はシドニーの各部に命中し続け火災が拡がりやがて全火砲が沈黙した。コルモランでは消火設備が破壊されて消火活動ができず、15cm砲も過熱のためにやがて発射不能となった (およそ550発の15cm砲弾を発射しほとんどは命中した) 。最後にシドニーは魚雷を発射したがかわされ、衝突を試みたがこれもかわされ、激しい炎と煙を上げながらコルモランの視界外に去った。独艦はやがて機関室の火災が機雷庫に及んで爆沈し、ボート救命筏などに退避した乗員の一部は自力でオーストラリアの西海岸に到着し、ほぼ同時にシドニーの捜索が開始されたが、捜索に向かった艦は独艦の乗員を救助したのみであり、シドニーは破損した救命筏一艘だけを残し、645人の全乗員と共に姿を消した。コルモランでは397人中317人が救助されるか、自力で海岸に到着して捕虜となった。

シドニーと全乗員の喪失はオーストラリア海軍史上最大の悲劇であり、オーストラリアのほとんどの町から乗員が出ていたため、同国社会に大反響をもたらした。戦闘の模様を語るのがドイツ人の捕虜のみであり、なぜシドニーが不審船に用心を怠って先制攻撃で致命傷を受けるほど接近したかなどはドイツ人捕虜の説明では納得し難かったため、彼らが何か国際法に悖る手段を用い口封じにシドニーの生存者を皆殺しにしたとか、日本の潜水艦が介入して魚雷でシドニーを沈めたとかいった様々な説が広まっている。

残骸の発見[編集]

2008年3月15日、コルモランの残骸が発見された。オーストラリア西岸スティープポイントから112カイリ(207 km) 西、水深2,560メートルの地点である。そして3月17日にはシドニーの残骸が発見された。スティープポイントから約100カイリ(190 km) 西、水深2,470メートルの地点で、コルモランの残骸とは12.2カイリ (22.6 km) の距離であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]