シトロエン・DS5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シトロエン・DS5
Citroën DS5 HDi 165 SoChic – Frontansicht, 3. März 2012, Düsseldorf.jpg
販売期間 2011年-
乗車定員 5名
ボディタイプ クロスオーバーSUV
エンジン ガソリン:1.6L 直列4気筒ターボ
HDiディーゼル:2.0L 直列4気筒
ハイブリッドディーゼル:HDiディーゼル:2.0L 直列4気筒+モーター
変速機 4速AT/5速MT/6速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:マクファーソン・ストラット
後:トーションビーム
全長 4,530mm
全幅 1,871mm
全高 1,5138mm
ホイールベース 2,727mm
車両重量 1,495-1,625kg
-自動車のスペック表-

シトロエン・DS5(ディーエスファイブ)は、フランスの自動車メーカー、シトロエンが製造・販売するDセグメントの5ドアクロスオーバーSUV乗用車である。

概要[編集]

2005年フランクフルトモーターショーに展示されたコンセプトカーC-スポーツラウンジ」を祖としている。2011年4月の上海モーターショーにて初めて公開され、同年11月よりフランス・ソショーにて生産開始。日本国内では2012年8月1日に発売された。

車名の「DS」は1955年に発売された同社の大型高級乗用車「シトロエン・DS」を由来とし、シトロエンが2009年より展開している「DSライン」のフラッグシップとして開発された。車台はC4と共通。

外観は5ドアハッチバックステーションワゴンの中間のようなクロスオーバーSUVであり、シトロエンでは「シューティングブレーク」のイメージを備えると説明する[1]。ルーフには3分割されたサンルーフを備え、航空機のコクピットをイメージしたルーフスイッチが運転席上部に設置されている。

メカニズム[編集]

エンジンは、ガソリン直列4気筒1.6L/ターボ、ディーゼルターボ、ハイブリッドディーゼルの3種類。このうち日本にはガソリンエンジンが用意される。

その他[編集]

オランド大統領を乗せてパリを走るDS5

伝統的にフランス大統領権限移譲式(大統領就任式)に使われる車両を提供しているシトロエンでは、2012年のフランソワ・オランド大領領の就任式パレードにDS5(ディーゼルハイブリッド仕様)を使用している。

脚注[編集]

  1. ^ シトロエン DS5 試乗レポート - CarView、2012年7月14日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

<- Previous シトロエン ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
ハッチバック 2CV
LN / LNA AX C1
ヴィザ サクソ C2
C3 I C3 II
DS3
C4エアクロス
GSA ZX クサラ C4 I C4 II
オープン DS3カブリオ
セダン BX エグザンティア C5 I C5 II
CX XM C6
ミニバン C15 ベルランゴ ベルランゴ II
C3ピカソ
クサラピカソ
C4ピカソ
エバシオン C8
オフローダー メアリ
クロスオーバーSUV Cクロッサー
C3クロスオーバー
DS4
DS5
ハイブリッドカー C-ZERO