シトロエン・ベルランゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ベルランゴ(BERLINGO)はシトロエンが製造・販売している自動車である。

概要[編集]

ルノー・カングーに対抗して、シトロエン・クサラ(1代目、2代目)またはシトロエン・C4(3代目)のプラットフォームを利用して作られた商用バンである。プジョーで同型のパルトネールPARTNER )が製造されている。マルチスペースの車名でレジャー・アクティビティ・ビークル(乗用仕様)も存在する。

歴代モデル[編集]

初代(1996–2013年)[編集]

ベルランゴ
1999 Citroën Berlingo (M59) van (2015-07-03).jpg
販売期間 1996–2013年
乗車定員 2-5名
ボディタイプ 4/5ドアバン
変速機 5MT
全長 4,135mm
全幅 1,820mm
全高 1,725mm
ホイールベース 2,695mm
-自動車のスペック表-

1996年7月に販売を開始した。

2002年と2004年にマイナーチェンジを実施。


2代目(2008–2018年)[編集]

ベルランゴ
Citroën Berlingo I Facelift front-1.jpg
販売期間 2008–2018年
ボディタイプ 4/5ドアバン
エンジン 1.6L I4
変速機 5MT
全長 4,230-4,630mm
全幅 1,810-2,110mm
全高 1,805-1,840mm
ホイールベース 2,730mm
姉妹車 プジョー・ビッパー
フィアット・フィオリーノ
-自動車のスペック表-

2008年、フィアットトファシュとの協業で、フィアット・グランデ プントプラットフォームをベースにトルコで生産を開始、同年1月に正式発表、4月に欧州市場で販売を開始した。

2017年3月、EVモデルが販売された[1]


3代目(2018年-)[編集]

ベルランゴ
販売期間 2018年-
ボディタイプ 4/5ドアバン
変速機 5MT
全長 4,400–4,750mm
ホイールベース 2,780–2,970mm
-自動車のスペック表-

2018年3月、ジュネーヴモーターショーにおいて初公開された。

ボディサイドには、C4 カクタスと同様に空気を内包した「エアバンプ」の装着が可能で、エアバンプは衝突時に車体や歩行者に伝わる衝撃を軽減させる[2]


日本での状況[編集]

カングーの人気もあり1998年平成10年)に新西武自動車販売が輸入自動車特別取扱制度[3]を利用した数百台規模での輸入を計画した。同年のフレンチブルーミーティングで同車に対するイメージを問うアンケートも行われたが、当時のカタログモデルであったクサラの販売が伸びなかったため中止となった。そのため、限定車のデモカーとしてわずかに輸入された個体と個人輸入の個体が日本に存在する。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.autoexpress.co.uk/citroen/berlingo-multispace/98973/new-all-electric-citroen-e-berlingo-multispace-unveiled
  2. ^ http://car-moby.jp/288215
  3. ^ 輸入自動車特別取扱制度(PHP)の概要 - 国土交通省(平成25年5月10日発表/2017年5月30日閲覧)
<- Previous シトロエン ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7
ハッチバック 2CV
LN / LNA AX C1 I C1 II
ヴィザ サクソ C2
C3 I C3 II C3 III
DS3
C4エアクロス
GSA ZX クサラ C4 I C4 II
オープン DS3カブリオ
セダン BX エグザンティア C5 I C5 II
CX XM C6
ミニバン C15 ベルランゴ ベルランゴ II
C3ピカソ
クサラピカソ
C4ピカソ I C4ピカソ II
エバシオン C8 I C8 II C8 III
オフローダー メアリ
クロスオーバーSUV Cクロッサー
DS4
DS5
ハイブリッドカー C-ZERO
EV Eメアリ