シトロエン・ディアーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ディアーヌDYANE )は、シトロエンが1967年から1983年まで製造・販売した自動車である。

概要[編集]

ディアーヌ
Dyane citromobiel2004.jpg
製造国 フランスの旗 フランス
イランの旗 イラン
スペインの旗 スペイン
スロベニアの旗 スロベニア
ポルトガルの旗 ポルトガル
販売期間 1967-1983年
乗車定員 4名
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン 425/435/602cc F2
駆動方式 FF
全長 3,900mm
全幅 1,500mm
全高 1,540mm
車両重量 600kg
先代 シトロエン・2CV
後継 シトロエン・ヴィザ
シトロエン・アクセル
-自動車のスペック表-

1967年、シトロエンの代表作でもある2CVの後継車として発表され、またルノー・4に対抗するための車種であった。同社のアミともメカニズムの多くを共有するが、アミは上級車、ディアーヌは2CVを近代化したベーシックカーという位置付けである。アカディアーヌという商用車種も生産された。

1955年からシトロエン傘下となっていたパナールに居た設計者(デザイナー)のルイ・ビオニエ(Louis Bioner)によるスタイリングである。シャシエンジン水平対向2気筒空冷)、トランスミッションなどは2CVと共有した。しかし、発表からすでに18年経過した2CVの人気は衰えを知らず、ディアーヌは不幸にも2CVよりも早く生産を終了した。およそ140万台が生産された。

ベーシックカーの刷新を図るもその根強い人気に対して、後継車が定着せず先に生産を終えるという例は、ミニメトロビートルタイプ3タイプ4でも見られる。


日本での普及[編集]

上で述べたように、当時の2CV人気には計り知れないものがあり、その影でディアーヌの存在意義は広く理解されることはなかった。それゆえ、当時はもちろん、現在でも旧車のミーティング以外でディアーヌを見かけることは稀である。

関連項目[編集]

<- Previous シトロエン ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7
ハッチバック 2CV
LN / LNA AX C1 I C1 II
ヴィザ サクソ C2
C3 I C3 II C3 III
DS3
C4エアクロス
GSA ZX クサラ C4 I C4 II
オープン DS3カブリオ
セダン BX エグザンティア C5 I C5 II
CX XM C6
ミニバン C15 ベルランゴ ベルランゴ II
C3ピカソ
クサラピカソ
C4ピカソ I C4ピカソ II
エバシオン C8 I C8 II C8 III
オフローダー メアリ
クロスオーバーSUV Cクロッサー
DS4
DS5
ハイブリッドカー C-ZERO
EV Eメアリ