シティカードジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シティカードから転送)
移動: 案内検索
シティカードジャパン株式会社
Citi Cards Japan, Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
140-8639
東京都品川区東品川2-3-14
シティグループセンター
設立 1977年4月2日
業種 その他金融業
事業内容 クレジットカード
貸金業
保険代理業
信用保証業
代表者 ティー・エス・アニル(代表取締役社長
資本金 1億円
外部リンク http://www.citibank.co.jp/ccsi/index.html
テンプレートを表示

シティカードジャパン株式会社(Citi Cards Japan, Inc.)は、アメリカ合衆国・Citigroup(シティグループ)の日本に於けるクレジットカードに関する事業を行う株式会社である。

概要[編集]

1977年4月2日に株式会社ディー・エヌ・シー・エイジェンシーとして設立。

米国においてはシティバンクが直接VISA及びMasterCardのプリンシパル・メンバーとして発行しているが、日本国内においては事業開始時点で銀行法による規制(銀行直接発行の禁止、1982年に撤廃)の存在、またVISA/MasterCard共に加盟店開放が完全に機能していなかった(海外発行カードの受け入れは可能だが、国内他社発行カードは不可)事情があり、傘下にカード事業会社を設立した上でVISAジャパン協会(現VJA)及びUCカードグループ(後にオムニカード協会発足の際、そちらへ移行)へ加盟しての発行となった。

2004年7月31日に現在の商号に変更し、同年12月13日にシティコープダイナースクラブジャパン株式会社 及び Citicorp Card Services, Inc.の日本に於ける営業を承継し、現在に至っている。

現在もVJAに加盟しているが、VJAグループに共通するサービスは提供しておらず、独自にサービスを提供している。

クレジットカード[編集]

「ダイナースクラブカード」及び「シティカード」の2つの種類のクレジットカードを発行している。[1]

ダイナースクラブカード[編集]

シティカード[編集]

国際ブランドは、VISA及びMasterCardと提携している。但し両ブランドからの選択が可能なのはプロパーのゴールドのみで、リワード及びリワードワールドは国際ブランドの選択肢がMasterCardのみ、その他はVISAのみとなる。 海外利用時の事務手数料(TTSレートへの上乗せ)がレギュラーカードは2.5%、ゴールドカード以上では2.0%となっており、他社(1.6%~1.63)に比べると割高である。

プロパーカード[編集]

プロパーカードの大まかなラインナップは次の通りである。

  • VISA
    • シティ セレクトVISAプラチナカード
    • シティ ゴールドカード
    • シティ エリート
    • シティ キャッシュバックカード
    • シティバンク ドルカード
      • 利用代金を米ドル建で決済するクレジットカードで、日本国内での利用は不可。年会費は税込42米ドル。
      • 一時期、募集を終了していたが、現在募集を再開している。
  • MasterCard
    • シティ リワードカード
    • シティ リワードワールドカード

提携カード[編集]

提携カードの大まかなラインナップは次の通りである。

  • シティバンク セレクト VISA プラチナカード
    • 初年度年会費無料。次年度以降は年会費が半額になる。
  • シティバンク シティゴールドカード
    • 入会から3ヵ月以内のカード利用金額の合計が10万円以上で初年度年会費無料。
    • 入会次年度以降は年間利用金額の合計が30万円以上で年会費が無料になる。
  • デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカード
    • デルタ航空のマイレージプログラム対象
  • デルタ スカイマイル シティ クラシックVISAカード
    • デルタ航空のマイレージプログラム対象
  • デルタ スカイマイル シティバンク プラチナVISAカード
    • デルタ航空のマイレージプログラム対象
    • 初年度年会費無料。次年度以降は年会費が半額になる。
  • デルタ スカイマイル シティバンク ゴールドVISAカード
    • デルタ航空のマイレージプログラム対象

名称に「シティバンク」が付くカードはシティバンク銀行に口座を開設している者が申し込める。その中でも「プラチナVISAカード」はシティバンク銀行と一定の取引残高がある者[2]だけが申し込める。

募集を終了したカード[編集]

  • シティ クラシックカード
  • シティ スチューデントカード
  • シティ クリアカード
  • 学士会クラシックカード
  • 学士会ゴールドカード
  • Amazonクレジットカード
  • MTV シティカード ゴールド
  • MTV シティカード KOYUKI
  • MTV シティカード MAHO
  • MTV シティカード GUITAR
  • シティ ドルカード(一時期、募集を終了していたが、現在募集を再開している。)

主なサービス[編集]

ニューリワードポイント
キャッシュバックカード及びデルタ航空提携カード以外で採用されているポイントサービスであり、ショッピング利用100円毎に1ポイント貯まる。貯まったポイントは、様々な商品に交換する事が出来る。また、ダイナースクラブカードのクラブポイントと100シティポイント = 1クラブポイントの割合で交換する事も出来る。
インターネット契約 海外旅行保険
シティカードジャパンが発行しているクレジットカード所有者向けのサービスに、「インターネット契約 海外旅行保険」がある。次の4つのコースがあり、それぞれ選択出来るようになっている。
  • 「観光用」 (治療・救援費用を「無制限」に補償、となっている。)
  • 「留学生、ワーキングホリデー用」
  • 「出張、駐在用」
  • 「オンライン契約 新・海外旅行保険 off!」
空港ラウンジサービス
空港ラウンジを利用する事が出来るサービスであり、セレクトVISAプラチナ、ゴールド、エリート及びリワードの会員が利用する事が出来る。サービス対象となる空港は次の通り。

顧客情報漏洩[編集]

シティカード会員情報を使った保険勧誘業務を請け負っていた会社関係者が、顧客情報を複製。この情報の売買により21万人以上の顧客情報が外部へ流出することとなった。2012年9月25日、流出させた関係者と情報買い取った関係者が不正競争防止法違反容疑で逮捕されている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米国においてはアメリカン航空との提携カードにアメリカン・エキスプレス版が存在する
  2. ^ シティバンク銀行での月間平均総取引残高が1,000万円以上のシティバンク銀行シティゴールド会員、ならびに5,000万円以上のシティバンク銀行シティゴールドプレミアム会員
  3. ^ “シティカードの顧客情報売却容疑=21万人超分か、3人逮捕―警視庁”. 時事通信社. (2012年9月25日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012092500687 2012年9月28日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]