シティオ・ペアニャス博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シティオ・ペアニャス博物館(-はくぶつかん)は、ペルータクナ県ポコジャイ地区にある博物館である。

博物館では、この地区で1981年から1982年にかけ、サン・ホルヘ(San Jorge)刑務所拡張工事の際に発見された、およそ1200年前のタクナにおける人間定住の痕跡である、56基の墓に眠っていたミイラなどが展示されている。

博物館には2つの展示室と墓を見学する木道が博物館の屋外に整備されている。

発掘されたミイラは手足を屈伸させ、布で包まれた状態で、発掘された。トウモロコシ綿パカエルクマコカの葉、キヌアなどの供物がミイラの側で発見された。

墓は深さ80センチメートルから180センチメートルの石組みであり、壁は丸石、蓋は石製か泥と丸石の堆積物で作られ、文化黎明期からインカ時代までの間使用されていた。

博物館内では、タクナに定住した人間の文化的、地理学的発展の経緯を説明している。時代は、先土器時代、西暦1000年~1445年の地域発展期からインカ時代と植民地時代の初めまでさかのぼる。各時代の特徴を残した文化財である、石器、陶器、農作業用具、生地、楽器、谷でとれる食糧、海産物等、8000年前の古代から近年までのタクナの4地方、タラタ郡ホルヘ・バサドレ郡カンダラベ郡タクナ郡のスペイン征服前の文化の発展を代表するものを展示している。

墓はほとんどが手つかずの姿で発見されたが、博物館外の木道から当時のまま保存、展示されているところが見学できる。

利用案内[編集]

  • 住所:Campiña de Pocollay
  • 電話:052-428505
  • 開館:月~金 09:00-15:30
  • 入館料:大人S2-、子供S0.5-、学生・シニアS1.0

近郊観光名所[編集]

参考文献[編集]

  • タクナ州政府通商観光局『Tacna Ciudad Heroica』(Región Tacna Promotor del Desarrollo)、2014
  • Dirección desconcentrada de cultura de Tacna『Museo de sitio Peañas』(Ministerio de Cultura)、2014

外部リンク[編集]