シップソーンパンナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

シップソーンパンナー(標準タイ語: สิบสองปันนา: Sipsong Panna[1])は中国南部、西双版納タイ族自治州景洪市を中心に栄えた国家である。

歴史[編集]

タイ・ルー族の独立[編集]

シップソーンパンナーの建国は、1180年パヤー・スンカムン: พญาเจื่อง: Paya Jueang)が、タイ・ユワン族タイ語版ヒランナコーングンヤーン英語版王国(現チエンセーン郡)の支配下にあったこの土地でアカ族英語版タイ族との戦いに勝利し、チエンフン(: Chiang Hung - : Heo Kamとも、現在の景洪)でタイ・ルー族タイ語版の王を称したことを嚆矢とする。サンスクリット語=パーリ語を外来語として取り入れているタイ族の諸国のうちでは最も北方に位置した。

モンゴル帝国の襲来[編集]

13世紀にモンゴル帝国大理国を併合(雲南・大理遠征)して以降、中国勢力と直接境を接するようになり、13世紀にモンゴル帝国がラーンナーに侵攻した際、シップソーンパンナーはモンゴルに服属した。以後、歴代の王たちは、中国王朝より土司の称号を受けることにより、国内や近隣諸国に対して自身の権威付けをはかった。モンゴル勢力は、1298年、チエンフンに「徹里軍民総管府」を置き、シップソーンパーンナー王にその長官職である「総管」号を与えた。特にサイイド・アジャッルが雲南開発の先鞭を付け、以後の発展にムスリムの人材が大きく寄与した。

明代[編集]

中国で朝が勃興すると、雲南の支配権を巡るモンゴルの梁王国と明との抗争に巻き込まれたのち、1382年から明に服属することになった。明は1384年にチエンフンに車里軍民宣慰使司を置き、シップソーンパンナー王に、代々その長官職である「宣慰使」号を授与した。かつて元の影響下にあった晋寧県からは鄭和などの有能なムスリムの人材を輩出した。

タウングー王朝[編集]

16世紀ビルマタウングー王朝が成立すると、バインナウンの治世に東方への攻勢をつよめ[2]ラーンナーラーンサーン王朝とともにシップソーンパンナーもその支配下に入った[3]。シップソーンパンナーでは、行政単位である「パンナー」[4]メコン河の東岸に6、西岸に6、あわせて12設定され[5]、これ以後、「シップソーンパンナー(12のパンナー)」がこの国の呼称となった。以後、シップソーンパンナーは、中国に加え、ビルマにも臣属することとなった。

のちシャム(現在のタイ王国)にも朝貢があったが、シャムの王、ラーマ1世はビルマと中国が近いことを理由に保護ができないとした[6]。1805年チエンマイの王、カーウィラはチエンフンを攻撃したが、このときシップソーンパンナーから逃げてきたタイ・ルー族タイ語版はシップソーンパンナーに追い返された[7]。このころの、シップソーンパンナーはコンバウン王朝ラーンナー(およびシャム)の三つの国にその時の状況に応じて朝貢するという姿勢をとっていた[8]

滅亡[編集]

19世紀、列強諸国が東南アジアに勢力圏を設定した際には、シップソーンパンナーは「中国の領土」とされたが、その後も国王が清朝中華民国より土司の称号を受けて名目上中国に属し、内政は従前どおりの体制が継続する、という状態がつづいた。

1856年から1873年にかけてパンゼーの乱が起こった。

1956年中国人民政府のもとで行われた社会改造により、旧来の国家組織が解体され、45代に渡って続いた王国は滅亡した。

王家[編集]

なお、王家の姓「刀」(タオ)は王を意味するタイ語「チャオ (เจ้า)」と関連すると考えられる。

参考文献[編集]

  • 大野徹『謎の仏教王国パガン』日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2002、ISBN 978-4140019535
  • Ongsakul, Sarassawadee: History of Lan Na, trans. Chitraporn Tanratanakul, Chian Mai: Silkworm Books, Thai text 2001, English text 2005, ISBN 9789749575840
  • Penth, Hans: A Brief History of Lan Na - Civilizations of Nothern Thailand, Chiang Mai: Silkworm Books, 2002, ISBN 9789747551327
  • ตำนานพื้นเมืองเชืยงใหม่ ฉบับปรับปรุงใหม่, อรุณรัตน์ วิเชียรเขียว และ เดวิด เค. วัยอาจ, เชืยงใหม่: ซิลค์เวอร์มบุคส์ 2543 ISBN 9789749575512

脚注[編集]

  1. ^ Sipsong Pannaタイ・ルー族タイ語版によるChiang Hungの翻訳に由来する。
  2. ^ 大野 [2002] pp.240-246. タビンシュエーティー以降、アユタヤ王朝など東征の傾向が強くなっている。
  3. ^ Ongsakul [2005] pp.110, 120
  4. ^ 元々はラーンナー王朝行政区画で村(バーン)の集合体で1000の田を意味する。Penth [2002] p.53
  5. ^ ตำนานพื้นเมืองเชืยงใหม่ ฉบับปรับปรุงใหม่ [B.E.2543] p.(19)
  6. ^ Ongsakul [2005] p.156
  7. ^ Ongsakul [2005] p.156
  8. ^ Ongsakul [2005] p.157

関連項目[編集]