シッピングポート原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シッピングポート原子力発電所
シッピングポート原子力発電所
シッピングポート原子力発電所はアメリカ合衆国で最初に建設されたフル規格の加圧水型原子炉がある原子力発電所である
シッピングポート原子力発電所の位置(ペンシルベニア州内)
シッピングポート原子力発電所
ペンシルベニア州におけるシッピングポート原子力発電所の位置
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 ペンシルベニア州 ビーバー郡シッピングポート
座標 北緯40度37分16秒 西経80度26分07秒 / 北緯40.62111度 西経80.43528度 / 40.62111; -80.43528 (シッピングポート原子力発電所)座標: 北緯40度37分16秒 西経80度26分07秒 / 北緯40.62111度 西経80.43528度 / 40.62111; -80.43528 (シッピングポート原子力発電所)
現況 運転終了
着工 1954年9月6日
運転開始 1958年5月26日
運転終了 1989年12月[1]
建設費 7,250万 USドル
運営者 Duquesne Light Company
原子炉
運転終了 1 x 60 MWe (68 MLWth)
種類 加圧水型原子炉
原子炉製造元 Naval Reactors, ウェスティングハウス・エレクトリック
テンプレートを表示

シッピングポート原子力発電所(シッピングポートげんしりょくはつでんしょ、英語:Shippingport Atomic Power Station)は、ピッツバーグから直線距離で約40kmのペンシルベニア州オハイオ川沿岸に位置していた原子力発電所。現在ビーバー・バレー原子力発電所英語版が立地している付近にあった。アメリカ合衆国原子力規制委員会によれば、平和的な目的で建設された世界初のフルスケール原子力発電所である[注釈 1][注釈 2][2]

1957年12月2日に臨界に達し、3回の炉心交換時の停止を除き、1982年10月まで稼働し続けた。1957年12月18日に初めて発電し、デュケイン・ライト・カンパニー英語版の送電網と同期された[3]

シッピングポート原子力発電所の最初の炉心は、中止された原子力空母に由来し[4]、「シード」燃料となる高濃縮ウラン (93% U-235[5][6])が天然のU-238の「ブランケット」で囲まれたいわゆるシード・ブランケット炉心というものであり、出力の約半分がシードから得られていた[6]。シッピングポートの最初の炉心は、起動から1か月後には60 MWeの出力を出すことができるようになった[7]。2番目の炉心は似たような設計だが、より大きなシードを持ち高出力なものであった[6]。これら2つの炉心では多くのエネルギーを持っているシードはブランケットよりも頻繁に交換しなければならなかった[6]

シッピングポートで最後に使われた3番目の炉心は、実験的な軽水減速熱中性子増殖炉であった。これもシード・ブランケット炉心だが、シードはU-233で、ブランケットはトリウムで作られていた[8]。 この増殖炉は、燃料サイクルの中で比較的安価なトリウムをウラン233に変換することができた[9]。 シッピングポートの3番目の炉心で達成された増殖率は1.01であった[8]。シッピングポート原子力発電所は25年間で約80,324時間稼働し、約74億キロワット時の電力を生み出した[1]

このような特殊性のため、アメリカ合衆国政府以外の情報源ではシッピングポートは「PWR実証炉」であり、アメリカ合衆国の「最初の完全に商用のPWR」はヤンキーロー原子力発電所英語版であると見なしているものもある[10]。 シッピングポート原子力発電所は商用に特化して建設されなかった。結果として、シッピングポートのキロワットあたりの建設費は、従来の発電所の約10倍であった[7][11]

建設[編集]

建設中の原子炉圧力容器(1956年)

1953年、ドワイト・D・アイゼンハワーアメリカ合衆国大統領は国際連合平和のための原子力の演説を行った。商用の原子力発電は彼の計画の基礎となるものであった。デュケイン・ライト・カンパニー英語版による提案は、リッコーヴァー海軍大将によって認められ、シッピングポート原子力発電所の計画が開始した[要出典]

レイバー・デーである1954年9月6日に着工した。起工式ではアイゼンハワーが遠隔で最初の土をすくった。[3] 1957年12月2日午前4時30分、最初の臨界を達成した[3]。16日後の12月18日に初めて発電し、1957年12月23日に最大出力に達したが[3]、まだ試験モードであった。アイゼンハワーは1958年5月26日にシッピングポート原子力発電所の操業を開始した。この発電所は32か月の時間と7,250万ドルの費用をかけて建設された[2]

シッピングポート原子力発電所の原子炉は便宜的に用いられたものであった。アメリカ原子力委員会 (AEC)は送電網接続された原子炉を建設することを勧告した。当時利用可能な唯一の適切な原子炉は、海軍が望んでいたもののアイゼンハワーによって拒否されたばかりの原子力空母のためのものであった[4]

AECのケネス・ニコルスは、リッコーヴァーが「今やそれを正当化するための特別な用途がない、進行中の組織と原子炉を持っている」ことと、リッコーヴァーとウェスティングハウスの空母向け加圧水型原子炉が「発電を実証するための原子炉にとって最良の選択」であることが「明らかになった」と述べた。これは1954年1月にルイス・ストローズ英語版と委員会によって承認された。デュケイン・ライトが公共事業の提携企業として承認されたことが3月11日に発表された。レイバー・デーに行われた起工式はデンバーで原子力について演説を行っていたアイゼンハワーによって開始された。リッコーヴァーは土を押す無人のブルドーザーが埋まって失速しないように、ドーザーブレードを土の下に6インチの埋められた2本のレールの上に乗せた。[12]

濃縮率が5%を超えることのない後の商用発電炉と異なり、シッピングポートの原子炉が濃縮率93%のウランを使用している理由はプロジェクトの起源によって説明することができる[5]。 その他の商用炉に対する際立った差異として、制御棒ハフニウムを使っていることが挙げられるが[13]、これは原子炉のシードに対してのみ必要で使用されたものだった[6]。シッピングポートはアメリカ原子力委員会 (AEC)においても重要な役割を果たしたハイマン・G・リッコーヴァー海軍大将の後援のもとに建設、操業された[要出典]

炉心[編集]

シッピングポートの原子炉はその寿命の間に異なる炉心を受け入れられるように設計されており、3つが使用された[要出典]

14.2米トンの天然ウラン(ブランケット)と165ポンドの高濃縮 (93% U-235)ウラン(シード)を持つ最初の炉心は1957年に取り付けられ、その重量差にもかかわらずおよそ半分の電力をシードで生み出していた[6]。シードはブランケットよりも早く使い尽くされ、最初の炉心の寿命の間に3度交換された[6]。7年後(4番目のシードが稼働していた時)に、総発電量18億キロワット時で最初の炉心は引退した[6]

2番目の炉心は発電容量を5倍以上に増やし、性能を測定するための装置を備えていたが、同じくシード・ブランケット炉心であった[6]。2番目の炉心ではシードの体積は炉心全体の21%であった[6]。2番目の炉心ではシードの交換は1回しか必要なかった[6]。2番目の炉心は1965年から稼働して、9年間で約35億キロワット時の電力を生み出した[要出典]。1974年にタービン発電機が機械的な故障に見舞われ、プラントが停止した[要出典]

最後の3番目の炉心は軽水増殖炉で、1977年8月から稼働し試験の後、 その年の終わりまでに最大出力に達した[3]。これは二酸化トリウムウラン233酸化物からなるペレットを用いており、当初ペレットのU233含有量はシード領域では5-6%、ブランケット領域では1.5-3%、反射材領域には全く含まれていなかった。236 MWtで稼働して、60 MWeを出力し、最終的には21億キロワット時以上の電力を生み出した。5年後(有効最大出力29,000時間)[14]に炉心が撤去され、設置時よりも約1.4%多くの核分裂性物質が含まれていることがわかり、増殖が起こったことが実証された[9][15]

廃炉[編集]

1982年10月1日、原子炉は25年間の運転の後に停止した[16]。施設の解体は1985年9月に始まった[17]。1988年12月、956米トン(870トン)の原子炉圧力容器/中性子遮蔽タンクアセンブリが原子炉格納容器から持ち上げられ、サイトから撤去してワシントン州の埋設施設へ輸送するための準備として陸上輸送機器に載せられた[18]。 サイトは除染され、解放された。シッピングポートの原子炉は廃炉されたものの、 ビーバー・バレー原子力発電所英語版1号機と2号機がこのサイトで認可され、稼働している[要出典]

9800万ドル(1985年推定)でのシッピングポート除染は、原子力支持者[誰?]によって廃炉の成功例として扱われているが、批評家[誰?]はシッピングポートはほとんどの商用原子力発電所より小さいことを指摘している[17]。アメリカ合衆国のほとんどの原子炉は約1,000 MWeであるが、シッピングポートはわずか60 MWeであった。別の人[誰?]は原子炉サイトを安全に廃止し、解放することができることを証明する素晴らしいテストケースであると主張している。シッピングポートは今日の大型商用原子炉に比べ幾分小さいものの、4つの蒸気発生器、加圧器、および原子炉を備えた代表的なものだった。輸送用に梱包された原子炉だけで重量は1000米トンを超えており(921米トンの容器の重さに輸送用スキッドの鋼鉄構造物の重さを加えたもの)、 ハンフォード・サイトに埋設するために水路で首尾よく輸送された[19]トロージャン原子力発電所英語版 (オレゴンに位置する)からの原子炉容器も水路で首尾よくハンフォードサイトへ輸送されたが、シッピングポートよりもはるかに短い距離であった[要出典]

シッピングポートの廃炉に続いて、他の3つの大型商用原子炉が完全に撤去された。ヤンキーロー原子力発電所英語版は2007年に完全に廃炉になり、アメリカ合衆国原子力規制委員会 (NRC)は8月にサイトがNRCの手順と規制に従って完全に廃止されたことを告知した[20]メインヤンキー原子力発電所英語版[21]コネチカットヤンキー原子力発電所英語版[22]は2005年に完全に廃炉になった。 3つの廃止された商用原子炉サイトは全てグリーンフィールドステータス英語版に戻っており、訪問者に開放されている[要出典]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ オブニンスク原子力発電所は初めて商業的な発電をした原子炉で、1954年にはモスクワの送電網に接続されていたが、 まだ主に実験のために造られた小規模な発電所であったと考えられる。英国でセラフィールドに造られた最初のマグノックス炉は1956年8月27日に送電網に接続されたが、主な目的は軍事利用するためのプルトニウムの製造であった。
  2. ^ ヴァレシトス原子力センター英語版は1957年10月に発電を開始したが、試験的な発電所であった。

出典[編集]

  1. ^ a b United States General Accounting Office (Sep 4, 1990). Shippingport Decommissioning - How Applicable Are the Lessons Learned?. http://www.gao.gov/assets/220/213114.pdf 2012年5月9日閲覧。. 
  2. ^ a b History”. Nuclear Regulatory Commission (NRC) (2007年4月17日). 2016年7月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e Historic Achievement Recognized: Shippingport Atomic Power Station, A National Engineering Historical Landmark”. pp. 4. 2015年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年6月24日閲覧。
  4. ^ a b Weinberg, Alvin Martin (1992). Nuclear Reactions: Science and Trans-Science. American Institute of Physics. p. 324. ISBN 978-0-88318-861-3 
  5. ^ a b Wood, J. (2007). Nuclear Power. IET. p. 14. ISBN 978-0-86341-668-2 
  6. ^ a b c d e f g h i j k J. C. Clayton, "The Shippingport Pressurized Water Reactor and Light Water Breeder Reactor", Westinghouse Report WAPD-T-3007, 1993
  7. ^ a b Mann, Alfred K. (1999). For Better or for Worse: The Marriage of Science and Government in the United States. Columbia University Press. p. 113. ISBN 978-0-231-50566-6 
  8. ^ a b Kasten, P. R. (1998). "[1]" Science & Global Security, 7(3), 237-269.
  9. ^ a b Light Water Breeder Reactor: Adapting A Proven System”. 2012年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月25日閲覧。
  10. ^ Hore-Lacy, Ian (2010). Nuclear Energy in the 21st Century: World Nuclear University Press. Academic Press. p. 149. ISBN 978-0-08-049753-2 
  11. ^ Hewlett, Richard G.; Holl, Jack M. (1989). Atoms for Peace and War, 1953-1961: Eisenhower and the Atomic Energy Commission. University of California Press. p. 421. ISBN 978-0-520-06018-0 
  12. ^ Nichols, Kenneth (1987). The Road to Trinity: A Personal Account of How America's Nuclear Policies Were Made. New York: William Morrow. pp. 326–8. ISBN 068806910X 
  13. ^ Forsberg, C.W.; Takase, K.; Nakatsuka, N. (2011). “Water Reactor”. In Xing L. Yan, Ryutaro Hino. Nuclear Hydrogen Production Handbook. CRC Press. p. 192. ISBN 978-1-4398-1084-2 
  14. ^ Fuel Summary Report: Shippingport Light Water Breeder Reactor”. Idaho National Engineering and Environmental Laboratory (2002年). 2016年11月7日閲覧。
  15. ^ Thorium information from the World Nuclear Association
  16. ^ Shippingport”. 2005年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年6月24日閲覧。
  17. ^ a b Nuclear Energy Decommissioning”. 2006年6月24日閲覧。
  18. ^ Duerr, David (March 1990). “Lift of Shippingport Reactor Pressure Vessel”. Journal of Construction Engineering and Management 116 (1): 188–197. doi:10.1061/(ASCE)0733-9364(1990)116:1(188). 
  19. ^ Duerr, David (September 1991). “Transportation of Shippingport Reactor Pressure Vessel”. Journal of Construction Engineering and Management 117 (3): 551–564. doi:10.1061/(ASCE)0733-9364(1991)117:3(551). 
  20. ^ Yankee Nuclear Power Plant”. www.yankeerowe.com. 2012年10月10日閲覧。
  21. ^ Maine Yankee USA Nuclear Power Station Project”. Power Technology | Energy News and Market Analysis. 2021年10月30日閲覧。
  22. ^ Connecticut Yankee”. www.connyankee.com. 2012年10月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]