シタロプラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シタロプラム
Citalopram racemic.svg
(R)-(−)-citalopram (top),
(S)-(+)-citalopram (bottom)
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
発音 [sˈtæləˌpræm, sɪ-];[4]
販売名 Celexa, Cipramil, others[3]
Drugs.com monograph
MedlinePlus a699001
ライセンス US Daily Med:リンク
胎児危険度分類
法的規制
投与方法 By mouth
薬物動態データ
生物学的利用能80%
peak at 4 h[5]
血漿タンパク結合<80%[1]
代謝Liver (CYP3A4 and CYP2C19)
代謝物質Desmethylcitalopram (DCT) and didesmethylcitalopram (DDCT)
半減期35 h
排泄Mostly as unmetabolized citalopram, partly DCT and traces of DDCT in urine
識別
CAS番号
59729-33-8 チェック
ATCコード N06AB04 (WHO)
PubChem CID: 2771
IUPHAR/BPS 7547
DrugBank DB00215 チェック
ChemSpider 2669 チェック
UNII 0DHU5B8D6V チェック
KEGG D07704  チェック
ChEBI CHEBI:3723 チェック
ChEMBL CHEMBL549 チェック
化学的データ
化学式C20H21FN2O
分子量324.40 g·mol−1
テンプレートを表示

シタロプラム(Citalopram)は、セレクサ(Celexa)などの商品名で販売されている選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に分類される抗うつ薬である[5][1]大うつ病性障害強迫性障害パニック障害社会恐怖症の治療に使用される[5]。抗うつ効果が現れるまでに1〜4週間かかる[5]。投与法は経口である[5][1]

一般的な副作用には、吐き気、睡眠障害、性機能障害、震え、疲労感、発汗、などがあげられる[5]。重度の副作用は、25歳未満の自殺リスクの増加、セロトニン症候群緑内障QT延長症候群、などである[5]MAO阻害剤を服用している人には投与するべきでない[5]。投与を中断すると抗うつ薬中断症候群を発症する可能性ある[5]妊娠中の人への投与は胎児に害を及ぼすことが懸念される[2]

シタロプラムは、1998年に米国で医療用として承認された[5]後発医薬品として入手できる[6]。2017年には、米国で26番目に最も一般的に処方された医薬品であり、その処方件数は2,400万を超える[7][8]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Celexa- citalopram tablet, film coated”. DailyMed (2019年8月15日). 2020年10月28日閲覧。
  2. ^ a b c Citalopram (Celexa) Use During Pregnancy”. Drugs.com. 2018年12月23日閲覧。
  3. ^ Citalopram”. International. Drugs.com. 2020年10月28日閲覧。
  4. ^ "Citalopram". Merriam-Webster Dictionary. 2020年10月28日閲覧
  5. ^ a b c d e f g h i j Citalopram Hydrobromide Monograph for Professionals”. Drugs.com. AHFS. 2018年12月23日閲覧。
  6. ^ British national formulary : BNF 76 (76 ed.). Pharmaceutical Press. (2018). p. 361. ISBN 9780857113382 
  7. ^ The Top 300 of 2020”. ClinCalc. 2020年4月11日閲覧。
  8. ^ Citalopram Drug Usage Statistics”. ClinCalc (2019年12月23日). 2020年4月11日閲覧。