シズヤ・ハヤシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シズヤ・ハヤシ
Shizuya Hayashi
林 静也
Shizuya Hayashi.jpg
シズヤ・ハヤシ(1940年代)
渾名 シーザー(Cesar)
生誕 1917年11月28日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ州 ヒロ
死没 2008年3月12日(満90歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ州 ホノルル
所属組織 Seal of the US Department of the Army.svgアメリカ陸軍
軍歴 1941年 - 1945年
最終階級 一等兵(Private)
テンプレートを表示
記念式典の為にヒッカム空軍基地を訪れた日系退役軍人ら。左からバーニー・ハジロシズヤ・ハヤシ、エド・イチヤマ(2006年6月14日)

シズヤ・ハヤシ(Shizuya Hayashi、1917年11月28日 - 2008年3月12日[1])は、アメリカ合衆国の軍人。日系二世で、日本名は林 静也(はやし・しずや)。第二次世界大戦中、アメリカ陸軍の日系人部隊である第100歩兵大隊に所属した。名誉勲章受章者。最終階級は一等兵。

経歴[編集]

1917年、ハワイ州ヒロに生まれる。

第二次世界大戦中のイタリア戦線での、ドイツ軍が優勢だった形勢を逆転させることに成功した功績により、当初は殊勲十字章が授与されていた。しかし、1990年代になって全てのアジア系アメリカ人の殊勲十字章受章歴を再調査したところ、ハヤシが名誉勲章を受章できなかったのは、人種差別によるものだとして、章を格上げされることとなった。2000年6月21日ホワイトハウスで執り行われた式典において、ビル・クリントン大統領から名誉勲章が授与された。名誉勲章を受章した後は、様々なイベントや講演会などで引っ張りだこになったという。

2008年3月12日、ハワイ州ホノルルにて死去。

名誉勲章[編集]

ハヤシに授与された名誉勲章の勲記には、次のように記されている。

シズヤ・ハヤシ一等兵は、1943年11月29日のイタリア・チェラスオーロ近郊における作戦中の際立って英雄的な行動によって、その名を残すこととなった。敵による高台からの側面攻撃の間、ハヤシ一等兵は手榴弾やライフル、機関銃砲火に直面しながらも、一人で立ち上がった。腰から自身の自動小銃を発砲して、彼は敵の機関銃位置まで突撃、隠れ場で敵兵7名を殺害し、残りの2名を逃走に追いやった。彼の小隊がこの地点から200ヤードで進んだ後、敵の対空銃は彼らに発砲した。ハヤシ一等兵は敵対的な位置で応戦し、敵兵のうち9名を殺害、4名を捕虜として確保し、敵軍の残党を丘から出て行くことを命じた。ハヤシ一等兵の類まれな英雄的行為と任務への忠誠は、軍隊の最も崇高な伝統を維持し、また、彼本人やその部隊、ひいてはアメリカ陸軍への大きな信頼をもたらすものであった[2]

脚注[編集]

  1. ^ シズヤ・ハヤシ - Find a Grave(英語)
  2. ^ US Army Center of Military History, "Medal of Honor Recipients, World War II (G-L)"; retrieved 2012-12-7.