システイントランスアミナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
システイントランスアミナーゼ
識別子
EC番号 2.6.1.3
CAS登録番号 9030-32-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

システイントランスアミナーゼ(Cysteine transaminase)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

L-システイン + α-ケトグルタル酸 \rightleftharpoons 3-メルカプトピルビン酸 + L-グルタミン酸

即ち、この酵素の基質はL-システインα-ケトグルタル酸、生成物は3-メルカプトピルビン酸とL-グルタミン酸である。

この酵素はトランスフェラーゼのファミリーに属し、特に含窒素基を転移させるトランスアミナーゼである。系統名はL-システイン:α-ケトグルタル酸アミノトランスフェラーゼである。また、システインアミノトランスフェラーゼCGTとも呼ばれる。この酵素は、システイン代謝に関与する。また、補因子としてピリドキサールリン酸を必要とする。

出典[編集]

  • CHATAGNER F, SAURET-IGNAZI G (Paris). “[Role of transamination and pyridoxal phosphate in the enzymatic formation of hydrogen sulfide from cysteine by the rat liver under anaerobiosis.]”. Bull. Soc. Chim. Biol. (2-3): 415–28. PMID 13342749.