シグマンド・ロンバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シグマンド・ロンバーグ(Sigmund Romberg, 元はRomberg Zsigmond, 1887年7月29日 - 1951年11月9日)はハンガリー生まれのアメリカの作曲家。

ユダヤ人の家庭に生まれ、ウィーンで技術者としての勉強の傍ら作曲も学び、イギリスを経て1909年に渡米し、オペレッタの作曲で成功を収めた。のちのミュージカルの先駆をなす彼の曲は、ロンバーク・メロディとして親しまれた。

とりわけ、オスカー・ハマースタイン2世と共作したブロードウェイミュージカルニュー・ムーンThe New Moon)』の挿入歌「朝日のごとくさわやかに」「恋人よ我に帰れ」は、ジャズのスタンダード・ナンバーとして、日本人にも良く知られている。『学生王子』も、今日ミュージカルとして扱われる作品だが、ドイツの古都を舞台にし曲調もウィンナ・オペレッタの名残が濃いこともあり、日本でも二期会などクラシック系の団体が上演することが多い。

作品[編集]

  • 青い天国(1915年)
  • 5月の季節(1917年)
  • イスタンブールの薔薇(1922年)
  • 学生王子(1924年)
  • 砂漠の歌(1926年)
  • ニュームーン(1928年)