シグノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シグノ
Signo
種別 ボールペン
現在の所有者 三菱鉛筆
最初の生産国 日本の旗 日本
発売 1994年
主な市場 日本の旗 日本
公式サイト シグノ
Signo
テンプレートを表示

シグノ: Signo)は、三菱鉛筆が製造・販売するゲルインクボールペンブランドである。1994年発売。uni-ballユニボール)ブランドを冠して、ユニボール シグノ: uni-ball Signo)とも表記される。

特徴[編集]

0.28mmから1.0mmまでのボール径、最大全19色のインク、キャップ/ノック式、樹脂/ラバーグリップ、環境対応製品などの製品バリエーションを持つ。通常のインクタイプには強い耐水性・耐光性が特徴の顔料系インクを採用。特殊インクタイプには消しゴムで消せるインク、写真や彩色紙への書き込みに適したパステルカラーインク、ラメインクといった製品がある。

1997年に水性顔料ゲルインクとして世界初のキャップレス「シグノノック式」を発売[1]。1998年発売の「シグノ太字1.0mm」と2000年発売の「シグノノック式1.0mm」はそれぞれ同インク/ノック式同インクとして世界初の1.0mmボール径を採用[2][3]、2003年発売の「シグノ超極細0.28mm」と2005年発売の「シグノビット0.18mm」(廃番)は当時世界最小のボール径を達成した[4][5]

ラインナップ[編集]

2014年-2015年現行品ラインナップ(キャップ式)[6]
品名 インク色 ボール径 グリップ 備考 発売年
シグノ極細シリーズ 全17色 0.28mm「超極細」 ラバー 2003年[4]
全19色 0.38mm「極細」 ラバー 1996年[7]
全17色 0.5mm ラバー 2008年[8]
シグノ太字 全7色 1.0mm ラバー 1998年[2]
シグノスタンダード 全14色 0.5mm/0.7mm/0.8mm
色ごとに異なる
樹脂 1994年[7]
シグノエコライター 黒/赤/青 0.5mm 樹脂 環境対応製品
シグノGP 黒/赤/青 0.5mm/0.7mm ラバー 環境対応製品 2001年[9]
シグノイレイサブル 全8色 0.5mm 樹脂 消しゴムで消せるインク 2002年[10]
シグノエンジェリックカラー 全8色 0.7mm 樹脂 パステルカラーインク 2007年[11]
シグノスパークリング 全8色 1.0mm 樹脂 ラメインク 2005年[12]
2014年-2015年現行品ラインナップ(ノック式)
品名 インク色 ボール径 グリップ 備考 発売年
シグノRT1 全10色 0.28mm/0.38mm/0.5mm ラバー 2013年[13]
シグノRT 全7色 0.38mm ラバー スリム低価格モデル
0.5mmの一部は環境対応製品
2002年[14]
黒/赤/青 0.5mm ラバー 2000年[3]
シグノRTエコライター 黒/赤/青 0.5mm ラバー 環境対応製品
シグノノック式 黒/赤/青 0.5mm ラバー 1997年[1]
黒/赤 0.7mm/1.0mm ラバー 2000年[3]
シグノ207 0.5mm/0.7mm ラバー 海外発売モデル 2008年[15]

このほか、同社の「ピュアモルト」(軸にウイスキー樽材を採用)はシグノ芯を採用している。スタイルフィットシリーズはゲルボールペン芯にシグノインクを採用する。

以下は生産終了品である。なお、現行モデルでもカラーバリエーションなど部分的な増減はあるが、これらについては割愛する。

シグノビット[5] 
2005年発売。世界最小の0.18mmボール径を達成。
シグノノック式500円タイプ[1] 
1998年発売。高級感のあるフォーマル・ビジネス向けモデル。
シグノトラディショナルカラー[16] 
1997年以前から登場[17]。ブルーブラック、ブラウンブラックなどブラック系インク色を多色展開。一部インク色は現行モデルに継承。
シグノクリーミィ[18] 
1997年発売[17]。パステルカラータイプ。
シグノニューパステルカラー[17] 
1998年発売。パステルカラータイプ。後継の「シグノエンジェリックカラー」はアシッドフリーで高い保存性を特徴とする[11]
シグノフレグランス[19] 
2000年発売。色ごとに異なるフルーツの香りがするパステルカラーインクを採用。
シグノレインボー[20] 
2001年発売。ラメインクタイプ。大きなラメが特徴。後継の「シグノスパークリング」はラメ量が2倍になった[12]
シグノピュアゴールド[21] 
2002年発売。純金ラメインク採用。24金(約20重量%)をシリカで包んでラメ粒子化。
シグノRTパールマイカ[14] 
2002年発売。雲母パール顔料入りインクを採用。
シグノノーブルメタル[22] 
2006年発売。メタリックインクタイプ。高輝度の発色や、ラメ落ちしにくい固着の強さが特徴。
シグノ多色タイプ[23] 
2001年発売。多色ボールペンタイプ。同様のコンセプトはシグノインク採用のスタイルフィットシリーズに継承。
シグノ多機能タイプ[24] 
シャープペンシル芯と併用できる多機能ボールペンタイプ。同様のコンセプトはシグノインク採用のスタイルフィットシリーズに継承。
シグノスタイル[25] 
2006年発売。軸色を多色展開したモデル。同様のコンセプトはシグノインク採用のスタイルフィットシリーズに継承。

他社の同様の製品[編集]

ゲルインクを使用した他社製品の一例。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『ユニボール シグノ ノック式 500円タイプ』プレスリリース, 三菱鉛筆, 1999年時点のインターネットアーカイブ.
  2. ^ a b 『ユニボール シグノ 太字』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2002年時点のインターネットアーカイブ.
  3. ^ a b c 『ユニボール シグノ RT』『ユニボール シグノ ノック式1.0』『ユニボール シグノ ノック式0.7』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2002年時点のインターネットアーカイブ.
  4. ^ a b 『ユニボール シグノ 超極細』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2003年時点のインターネットアーカイブ.
  5. ^ a b 『ユニボール シグノ ビット』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2005年1月13日.
  6. ^ 三菱鉛筆総合カタログ2014-2015.
  7. ^ a b 沿革 1989年-1999年, 三菱鉛筆.
  8. ^ 『ユニボール シグノ 極細』シリーズに、新ボール径と新色を追加 プレスリリース, 三菱鉛筆, 2008年7月11日.
  9. ^ 『ユニボール シグノ GP』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2001年時点のインターネットアーカイブ.
  10. ^ 『ユニボール シグノ イレイサブル』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2003年時点のインターネットアーカイブ.
  11. ^ a b 『ユニボール シグノ エンジェリックカラー』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2007年6月5日.
  12. ^ a b 『ユニボール シグノ スパークリング』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2005年10月13日.
  13. ^ 『ユニボール シグノ RT1』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2013年1月18日.
  14. ^ a b 『ユニボール シグノ RT 0.38』『ユニボール シグノRT パールマイカ』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2002年時点のインターネットアーカイブ.
  15. ^ 『ユニボール シグノ 207』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2008年10月10日.
  16. ^ 『ユニボール シグノ トラディショナルカラー』製品情報, 三菱鉛筆, 1998年時点のインターネットアーカイブ.
  17. ^ a b c 『ユニボール シグノ ニューパステルカラー』プレスリリース, 三菱鉛筆, 1999年時点のインターネットアーカイブ.
  18. ^ 『ユニボール シグノ クリーミィ』製品情報, 三菱鉛筆, 1998年時点のインターネットアーカイブ.
  19. ^ 『ユニボール シグノ フレグランス』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2001年時点のインターネットアーカイブ.
  20. ^ 『ユニボール シグノ レインボー』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2001年時点のインターネットアーカイブ.
  21. ^ 『ユニボール シグノ ピュアゴールド』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2002年時点のインターネットアーカイブ.
  22. ^ 『ユニボール シグノ ノーブルメタル』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2006年10月03日.
  23. ^ 『ユニボール シグノ MC3』『ユニボール シグノ MC2』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2001年時点のインターネットアーカイブ.
  24. ^ ボールペン製品情報, 三菱鉛筆, 2004年時点のインターネットアーカイブ.
  25. ^ 『ユニボール シグノ スタイル』プレスリリース, 三菱鉛筆, 2006年3月8日.

外部リンク[編集]