シグナルプログラミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シグナルプログラミングは、しばしばイベント駆動型プログラミングと同じ意味で使用される。

「シグナル」という用語は、QtGTK+libsigc++のようなライブラリのドキュメントで、「イベント」という用語の代わりに使われる。

しかし、「シグナル」は非同期なイベント待ちにも利用されるものの、むしろ同期のイベントを示すのにしばしば使われるようである。

同期シグナルプログラミングのための別の(より科学的な)名前はObserver パターンである。

また、シグナルプログラミングも狭い意味でSIGSEGVやSIGTERMなどのUnixシグナルでプログラムを作るのにも使われている。ちなみにUnixシグナルは非同期である。