シオタマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シオタマは、日本テレビが本社屋を東京都千代田区二番町(日本テレビ放送網麹町分室)から東京都港区東新橋(汐留シオサイト地区)に移転する際、新キャラクターとして位置づけられたものである。 初登場は2003年8月2日に日本テレビ系列で放送されたスペシャル番組「ダウンタウンのバラエティ50年史」。

汐留・日本テレビタワー
日本テレビタワー近景

キャラクターの展開[編集]

「バラエティ50年史」において、麹町に現れた「コウジ」との設定がなされ、CGによる「中継」で麹町から放送当日にオープンしたばかりの汐留・日本テレビタワーへの移動の様子が放送された。

汐留移転当時に開催されたイベントでは、「アート驚く!」と題して、四つん這いのシオタマの像等が本社屋周辺の随所で見られたほか、日テレタワーの壁面に巨大なシオタマが登場した。また、同年の『第23回全国高等学校クイズ選手権』にも登場した。

しかしながら、「なんだろう」のような活躍はあまり見られぬまま、姿を消した。

体の特徴[編集]

  • 常に四つん這い。日テレタワーを上るさまを表しているのか、這い上がる姿での登場が殆どであった。
  • 手足ともに指は5本。
  • 体中にはダルメシアンのように斑点が点在。その斑点には目を凝らして見るとギザギザ模様が入っており、現「日テレ」のロゴCIにも採用された斑点である。
  • 鋭すぎるほどの尻の穴も特徴として挙げられる。

外部リンク[編集]