シェールガス革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シェールガス革命(シェールガスかくめい)あるいはシェール革命とは、今まで困難であったシェール層からの石油天然ガスシェールガス)の抽出が可能になったことにより、世界のエネルギー事情が大きく変わることを指す。

概要[編集]

アメリカでは、シェール層が国土のほぼ全域に広がり、そこに埋蔵されている石油や天然ガスは100年分を超えるといわれていることから、世界最大のエネルギー輸入国から2020年ごろには一転資源大国に躍り出ると見られる。一方、世界一の天然ガス埋蔵量を誇るロシアは、シェール革命による天然ガスの大量供給により、最大の需要先である欧州の販売が振るわず、世界シェアが低下という影響を受けている[1]

ロシア、中国、オーストラリア、ポーランド、ウクライナなど、古い堆積地層のある大陸にはシェールガス資源が存在する。しかしアメリカなどにしか、掘削・生産技術がなく、世界各地でも石油などエネルギー価格しだいで販売もされる情勢である[2]

アメリカのシェールガス革命(2013年)[編集]

シェールガス開発が進んだことにより、2008年から2013年頃にかけて火力発電所ランニングコストが半分程度に低下。コスト面で太刀打ちできなくなった旧型原子力発電所廃炉が相次いだ[3][4]

2013年5月17日、天然ガスの日本向け輸出申請が認可された[5]。日本の輸入天然ガスは、石油価格連結といわれ、長期にわたる高値契約で、単位あたり36ドルという報道もあった。アメリカ国内の天然ガス価格は100万BTU(英国熱量単位)当たり3ドルを割っている[6]

カナダのシェールガス革命(2013年)[編集]

2013年 カナダが初めてシェールガスを対日輸出する[7]

出典[編集]

  1. ^ シェールガス革命、ロシアの憂鬱 日本向けに活路 :日本経済新聞
  2. ^ >出典、米国のシェールガス革命に対抗するロシア  2012年12月11日(Tue)  廣瀬陽子 (慶應義塾大学総合政策学部准教授) 
     >ロシアも~、長年シェールガスやシェールオイル開発を~ ~、失敗に終わったが、ソ連石油省はシェール地層の核爆発実験を何度も~ 
     > (安い)石油・天然ガスを(売るため)(埋蔵エネルギーの開発はしなかった。)
  3. ^ 米国最大の電力会社が原子力発電所を廃炉に、天然ガス火力へ移行 スマートジャパン 2013年2月7日
  4. ^ 米原発閉鎖、今年4件目-天然ガスブームで”. WALL STREET JOURNAL (2013年8月28日). 2018年7月30日閲覧。
  5. ^ 日本への天然ガス輸出を解禁…米エネルギー省発表 YOMIURI ONLINE 2013年5月18日
  6. ^ シェールガス、米社倒産で早くもバブル崩壊?電気料金値上げ抑制期待にも暗雲か Business Journal 2013年5月10日
  7. ^ シェールガス対日輸出、初の認可…カナダ政府 読売新聞 3月5日(火)1時24分配信
    >カナダ政府から認可された。 >2012年、日本の液化天然ガス(LNG)輸入量は8731万トン
    >年最大2400万トン輸出(日本には輸入)する。

関連項目[編集]