シェンクレングスフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図(郡の位置)
Wappen Schenklengsfeld.png Locator map HEF in Germany.svg
基本情報
連邦州: ヘッセン州
緯度経度: 北緯50度49分06秒 東経09度50分39秒 / 北緯50.81833度 東経9.84417度 / 50.81833; 9.84417
標高: 海抜 317 m
面積: 63.79 km2
人口:

4,336人(2020年12月31日現在) [1]

人口密度: 68 人/km2
郵便番号: 36277
市外局番: 06629, 06621
ナンバープレート: HEF, ROF
自治体コード: 06 6 32 019
行政庁舎の住所: Rathausstraße 2
36277 Schenklengsfeld
ウェブサイト: www.schenklengsfeld.de
首長: カール・クリストフ・メラー (Carl Christoph Möller)
郡内の位置
Schenklengsfeld in HEF.svg
地図

シェンクレングスフェルト (ドイツ語: Schenklengsfeld) はドイツ連邦共和国ヘッセン州カッセル行政管区ヘルスフェルト=ローテンブルク郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。

地理[編集]

位置[編集]

シェンクレングスフェルトは、北のゾイリングスヴァルトと南のヘッシシェス・ケーゲルシュピールとの間のクッペンレーンドイツ語版英語版の支脈に位置している。約 8 km 西北西にバート・ヘルスフェルトが、約 17 km 南南西にヒューンフェルト(ともに直線距離)がある。この町は肥沃な高原に位置している。西部はフルダ川へ、東部はヴェラ川の谷に下って行く。シェンクレングスフェルト近郊に両河川の分水帯がある。隣接するアイターフェルトで湧出した小川ゾルツ川はバート・ヘルスフェルトでフルダ川に注ぐ。一方、町内で湧出するランスバッハ川はフィリップスタールでヴェラ川に合流する。

町内の最低地点はゾルツ川の川原の海抜 225 m 地点、最高地点は海抜 511 m のランデッカー・ベルクである。

隣接する市町村[編集]

シェンクレングスフェルトは、北はバート・ヘルスフェルトおよびフリーデヴァルト、東はホーエンローダ(いずれもヘルスフェルト=ローテンブルク郡)、南はアイターフェルトフルダ郡)、西はハウネック(ヘルスフェルト=ローテンブルク郡)と境を接している。

自治体の構成[編集]

この町は、シェンクレングスフェルト、ディンケルローデ、エルトマンローデ、ヒルメス、コンローデ、ランパーツフェルト、ランダースハウゼン、マルコメス、オーバーレングスフェルト、シェンクゾルツ、ウンターヴァイゼンボルン、ヴェールスハウゼン、ヴィッパースハイン、ヴュルトフェルトの各地区からなる。

歴史[編集]

シェンクレングスフェルト集落は、800年頃のヘルスフェルト修道院の徴税簿 Breviarium LulliLengesfeld in Thuringia として初めて記録されている。この集落は急速に、代官所、裁判所、役人がいる行政集落に発展した。1688年には絞首台も記録されている。1648年からシェンクレングスフェルトは、アムト・ランデックとともにヘッセン=カッセル方伯領に属し、改革派を信仰した。ナポレオン支配下のヴェストファーレン王国時代には、シェンクレングスフェルトはランデック小郡の治安裁判所の所在地となった。

1455年にレングスフェルト近郊で薬泉について記述されている。この水源の他にも1688年に2つの目の源泉が湧出した。1688年4月23日から数年間、温泉治療医ゴータのバホッフ博士が運営する、湯治場があった。

1912年から1933年までこの町はヘルスフェルト郡鉄道によってバート・ヘルスフェルトおよびヴェラタールのハイムボルツハウゼンまで鉄道で結ばれていた。現在もかつての駅付近には旧郡鉄道の遺構が遺されている。2009年9月11日にヴェラ=フルダ鉄道振興会 e.V. は、ヘッセン州立鉄道のハイムボルツハウゼンへの路線区間とともにこの遺構を獲得した。将来的に、保存鉄道の設立を目指している。

町村合併[編集]

ランパーツフェルトは、早くも1962年4月1日にシェンクレングスフェルトに合併した。1971年1972年のヘッセン州の自治体再編によって新たな町が形成された。1971年2月1日にコンローデ、オーバーレングスフェルト、ウンターヴァイゼンボルン、ヴェールスハウゼンが合併した。1971年12月31日にディンケルローデ、ランダースハウゼン、マルコメス、シェンクゾルツが合併した。1972年8月1日にエルトマンローデ(ヒューンフェルト郡)、ヒルメス、ヴィッパースハイン、ヴュストフェルトがこれに加わった。

住民[編集]

人口推移[編集]

人口(人)
1970 4,784
1975 4,717
1981 4,577
1986 4,592
1991 4,850
1995 4,944
2000 4,921
2006 4,717
2011 4,614
2015 4,527
2017 4,437

行政[編集]

シェンクレングスフェルトの町役場

議会[編集]

シェンクレングスフェルトの町議会は、23議席からなる[2]

首長[編集]

2017年のシェンクレングスフェルトの町長選挙は、10月8日にウード・ランガーとカール・クリストフ・メラーとの間で決選投票が行われ、メラーが 56.3 % の票を獲得して当選した[3]

紋章[編集]

図柄: 銀地に枝分かれしたセイヨウシナノキの枝。右上(向かって左上)に赤い先広十字[4]

この紋章は、1955年3月14日にヘッセン州内務省の認可を得た[4]

文化と見所[編集]

博物館[編集]

ユダヤ宗教芸術博物館は1999年からシェンクレングスフェルトにある。この博物館は、シェンクレングスフェルトのユダヤ人コミュニティの旧教師宿舎に入居しており、ユダヤ人の追想・交流の場として設けられた。1912年にユダヤ人会によって建設されたこの住宅は、1996年から1999年に、このために設立されたシェンクレングスフェルト・ユダヤ人教師宿舎保存協会 e.V. によって完全に修復され、1階に専門図書館を併設したセミナー室やシェンクレングスフェルトのユダヤ人小集団の信仰や歴史を紹介する展示室が設けられた。1925年には149人のユダヤ人が住んでいた。これは住民の約 13 % にあたる。この集落にはシナゴーグ、ユダヤ人民族学校があった。また、見応えのあるユダヤ人墓地が遺されている。最後のユダヤ人は1940年の夏にこの村を去った[5]。町は、合計22人がホロコーストの犠牲になったことを証明しており、1988年11月にユダヤ人墓地に記念碑を建立した。

建築[編集]

ランデック城の環状壁跡
マウリティウス教会
  • ランデッカー・ベルクのランデック城趾: 12世紀の初めにヘルスフェルト修道院ドイツ語版英語版の院長によって建設され、ドイツ農民戦争によって破壊された。
  • マウリティウス教会、福音主義シェンクレングスフェルト教会区の母教会。ドイツ語版英語版は12世紀、本堂は1736年/40年に建設された。バロック様式の塔の屋根は1822年に造り替えられたものである。
  • シェンクレングスフェルトの歴史的な墓地とユダヤ人墓地: シェンクレングスフェルトには1933年まで大きな独立したユダヤ人墓地があった。
  • 旧ヘルスフェルト郡鉄道の機関車庫
シェンクレングスフェルトのセイヨウシナノキ

自然文化財[編集]

旧マルクト広場に樹齢1000年を超えるセイヨウシナノキがある。ARD-放送ドイツの2007年4月23日に初めて放送された番組によれば、この木は樹齢 1120年で、ドイツで最も古い樹木である[6]

年中行事[編集]

  • 町のヴァンダーマルクト: 旧クッペンレーナー・ラントマルクト
  • 「セイヨウシナノキの花の祭」: 2年に1度、6月の週末
  • 「セイヨウシナノキの下での夕べ」: 2年に1度「セイヨウシナノキの花の祭」と交替で行われる
  • シェンクレングスフェルトの教会祭: 毎年7月/8月
  • シェンクレングスフェルト民俗衣装と舞踊グループの村の夕べ: 毎年11月の土曜と日曜

経済と社会資本[編集]

シェンクレングスフェルト駅の操車場

シェンクレングスフェルトは様々な州道を介して全国的な交通網につながっている。連邦道ドイツ語版英語版 B62号線ドイツ語版英語版が町の北部をかすめて通っている。

公共旅客近郊交通については、ÜWAG バス GmbH によって340号線と345号線が運行されている。

鉄道バート・ヘルスフェルト - ハイムボルツハウゼン線(ゾルツタール鉄道)を運行する列車はない。バーンラートヴェーク・ヘッセンの一部であるゾルツタール自転車道[7]がこの町を通っている。バーンラートヴェーク・ヘッセンは、ハーナウから旧鉄道路線を利用して、フォーゲルスベルク山地レーン山地ドイツ語版英語版を通ってバート・ヘルスフェルトを終点とする全長約 250 km の自転車道である。

その他の施設[編集]

町には、大きな町立体育館を併設した公民館がある。2010年からシェンクレングスフェルトに「ラジオ・ランデック」という名前のラジオ放送局がある。

出身者[編集]

参考文献[編集]

  • Anette Lenzing: Gerichtslinden und Thingplätze in Deutschland. Langewiessche, Königstein 2005, ISBN 3-7845-4520-3.
  • Konrad Schüler: Das Amt Landeck und seine Bewohner. Kassel (1914) 1933.
  • Peter Roßkopf: Das Landecker Amt im Kreise Hersfeld. Bad Hersfeld 1964.
  • Christlich-Jüdischer Arbeitskreis Schenklengsfeld: Geschichte der Jüdischen Gemeinde Schenklengsfeld. Schenklengsfeld 1988.
  • Karl Honikel: Vor 60 Jahren: Deportation der Schenklengsfelder Familie Sally Löwenberg nach Riga. Ein Beitrag zur Erinnerung und zum Gedenken. In: Mein Heimatland, Beilage der Hersfelder Zeitung, Januar 2002.
  • Karl Honikel, Roland Wenzel u. a.: Heimerskirchen, Bethäuser und Glockentürme im ehemaligen Amt Landeck. Eine Untersuchung zu den kleinen Dorfkirchen aus dem 18. und 19. Jahrhundert im Kirchspiel Schenklengsfeld (Kreis Hersfeld-Rotenburg). Ihre Bedeutung und ihr Verfall im 19. und 20. Jahrhundert. In: Schriftenreihe des Hessischen Ministeriums für Wissenschaft und Kunst. Heft 5, Wiesbaden und Kassel 2007, Seite 19–66.
  • Landfrauenverein Landecker Amt e. V. (Hrsg.): Deef eß daer Boenn – Tief ist der Brunnen der Vergangenheit … Mundartlich Erzähltes, Erlebtes, Bewahrtes. Bad Hersfeld-Schenklengsfeld 2005.
  • Heimatverein Landeck 1953 e. V. (Hrsg.): Schenklengsfeld und seine Ortsteile im Landecker Amt in Bildern vergangener Zeiten. Schenklengsfeld 1989.
  • Johannes Hesse: „Unsere Linde“ – Die Geschichte der über 1000-jährigen Linde von Schenklengsfeld. Wahrscheinlich die älteste Linde Deutschlands.
  • Johannes Hesse: „Fast vergessen“ – Schenklengsfeld anno dazumal – 2015.
  • Literatur über Schenklengsfeld in der Hessischen Bibliographie

これらの文献は、翻訳元であるドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際し直接参照してはおりません。

出典[編集]

  1. ^ Bevölkerung in Hessen am 31.12.2020 nach Gemeinden
  2. ^ Kommunalwahlen 2016 in Hessen - Endgültiges Ergebnis der Gemeindewahl am 6. März 2016 632019 Schenklengsfeld”. Hessisches Statistisches Landesamt. 2018年8月1日閲覧。
  3. ^ Bürgermeisterwahl in Schenklengsfeld am 08.10.2017”. Hessisches Statistisches Landesamt. 2018年8月1日閲覧。
  4. ^ a b “Genehmigung eines Wappens der Gemeinde Schenklengsfeld im Landkreis Hersfeld, Regierungsbezirk Kassel vom 14. März 1955”. Staatsanzeiger für das Land Hessen (13): p. 311. (1955年). http://starweb.hessen.de/cache/STANZ/1955/00013.pdf#page=3 2018年8月2日閲覧。 
  5. ^ Die Synagoge in Schenklengsfeld (Kreis Hersfeld-Rotenburg)”. Alemannia Judaica - Arbeitsgemeinschaft für die Erforschung der Geschichte der Juden im süddeutschen und angrenzenden Raum. 2018年8月2日閲覧。
  6. ^ Gemeinde Schenklengsfeld - Die Schenklengsfelder Linde”. 2018年8月2日閲覧。
  7. ^ Bahntrassenradwege - Solztalradweg: Bad Hersfeld - Schenklengsfeld - Heimboldshausen (28 km)”. Karl und Alexander Schlemmer. 2018年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]