シェール・バハドゥル・デウバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェール・バハドゥル・デウバ
シェール・バハドゥル・デウバ

シェール・バハドゥル・デウバネパール語:शेरबहादुर देउबा, Sher Bahadur Deuba, 1946年1月13日 - )は現代ネパール政治家。元首相制憲議会議員

2度にわたりネパール会議派党首に選出され、3回首相を務めた。首相の任期は次の通り。

2002年10月のギャネンドラ国王クーデターでは首相の地位を追われている。しかし、デウバの復帰を求める政治的抵抗に押されて、2004年にギャネンドラはスーリヤ・バハドゥル・タパに代えて彼を首相の地位に復帰させた。

2005年2月1日、 ギャネンドラは政府を解散し、再びデウバを解任し、親政を行う。同年6月から2006年2月13日まで、国王はデウバを汚職の罪で投獄した。

これより先、2002年にデウバはネパール会議派におけるギリジャー・プラサード・コイララの独裁的な党運営に反発してネパール会議派民主を結成するが、2007年9月21日両党は再び統合する。

2008年4月10日の制憲議会選挙で、デウバは小選挙区で当選している。同年の首相選挙にネパール会議派から立候補したが、毛派プラチャンダに敗れた。

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]

先代:
マン・モハン・アディカリ
ネパールの首相
1995年-1997年
次代:
ロケンドラ・バハドゥル・チャンダ
先代:
ギリジャー・プラサード・コイララ
ネパールの首相
2001年-2002年
次代:
国王 ギャネンドラ(国王親政)
先代:
スーリヤ・バハドゥル・タパ
ネパールの首相
2004年-2005年
次代:
国王 ギャネンドラ(国王親政)