シェルパ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シェルパ語
ཤར་པའི་སྐད་ཡིག
shar pa'i skad yig
話される国 ネパールの旗 ネパール
地域 ガンデンポタンの旗 チベット
シッキム
話者数 17万人 (2001年・2011年)[1]
言語系統
表記体系 チベット文字
デーバナーガリー文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 xsr
消滅危険度評価
Vulnerable (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示

シェルパ語(ཤར་པའི་སྐད་ཡིག, shar pa'i skad yig)は、シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派に属する言語である。ネパールシッキムチベットシェルパ人地域で話されている。シェルパ語はチベット文字デーバナーガリー文字で記述される。

語彙[編集]

シェルパ語の曜日
曜日 シェルパ語
日曜日 Ngi`ma (Ng' は / ŋ /.)
月曜日 Dawa
火曜日 Mingma
水曜日 Lakpa
木曜日 Phurba
金曜日 Pasang
土曜日 Pemba

文法[編集]


音声学的には、シェルパ語は声調言語である[2]

脚注[編集]

  1. ^ Sherpa at Ethnologue (18th ed., 2015)
  2. ^ https://www.ethnologue.com/language/xsr

外部リンク[編集]