シェミア島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェミア島
シェミア島北岸
図中 5 の島が シェミア島

シェミア島Shemya Island)は、アリューシャン列島ニア諸島に位置するアメリカ合衆国が領有する小さな島。

1762年、難破の末に漂着したロシア船の乗組員が発見した。

島内には1943年に建設されたアメリカ空軍の基地があり、全長3キロメートルの滑走路や大型レーダーが備えつけられ、RC-135偵察機が配備されている。冷戦時代、ソビエト連邦から飛来する大陸間弾道ミサイルと、島に程近いカムチャツカ半島を監視するため1960年代にはおよそ1,500人の将兵が駐留し、ソ連軍の通信を傍受するためロシア語に堪能な士官が常時在勤していたという。

ちなみに、ノースウエスト航空1947年に初めて太平洋横断線を就航させたとき、アンカレッジ東京の中間(テクニカルランディング)点として当地の滑走路を使用していたことがあった。


座標: 北緯52度43分27秒 東経174度07分08秒 / 北緯52.72417度 東経174.11889度 / 52.72417; 174.11889