シェフィールド・スーパートラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シェフィールド・スーパートラム

シェフィールド・スーパートラムSheffield Supertram)は、イギリスシェフィールド市内を走るライトレールである。

概要[編集]

路線図

1994年に運行を開始した[1]。市街地では道路上に併用軌道を敷設し、また、郊外の区間では廃線となった国鉄線の路線の転用により、日本で言うところの新設軌道として建設された[2]

現在は3路線で営業されており、2018年にはトラムトレインによるロザラムへの運行も開始する予定である。

運賃は距離制を採用しており、最低運賃は1.70。切符は車内にいる車掌から購入する。以前は券売機があったが、現在は無い。

車両[編集]

スーパートラムの車両
開業当時の車両カラーリング

3車体連接構造の部分低床車両が使用されている[1]。 乗降口は先頭車体中央の低床部分に片側2箇所ずつ設けられている[1]。中間車体には乗降口はなく、前後の先頭車体から乗下車を行う。

車体をDUEWAG、電機品をシーメンスが製造した[3]。中間車体の両端と両先頭車体の前部に台車を有し、先頭車体の後部が中間車体に支えられたフローティング構造を採用[3]。先頭車体の中央部は床面高さ450mm[3]の低床構造でホーム高と合わせてあり、車椅子での乗車も可能なバリアフリー仕様となっている。この低床部分は連接3車体の床面積の約34%となる[3]。その他の部分の客室床面高さは880mmである[3]

路線データ[編集]

  • 路線距離:29km(そのうち約半分は併用軌道
  • 駅数:48駅
  • 軌間:1,435mm(標準軌
  • 電化区間:全線
  • 輸送実績:約1260万人(2016/17年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 鉄道ピクトリアル』1997年10月号(NO.643)、電気車研究会、p.2
  2. ^ 『鉄道ピクトリアル』1997年10月号(NO.643)、電気車研究会、p.52
  3. ^ a b c d e 里田啓「ヨーロッパの低床式LRVの動向」『鉄道ピクトリアル』1994年7月臨時増刊号(NO.593)、電気車研究会、pp.19-31掲載

外部リンク[編集]