シェエラザード (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シェエラザード
著者 浅田次郎
発行日 1999年12月6日
発行元 講談社
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 (上) 352 / (下) 354
コード (上) ISBN 978-4-06-209607-2
(下) ISBN 978-4-06-209958-5
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

シェエラザード』は浅田次郎の長編小説。「東京中日スポーツ」などに1996年10月22日から1年間連載し、1999年講談社から刊行された。

阿波丸事件をモチーフに、過去と現代の2つの視点から、太平洋戦争末期に台湾沖に沈んだ豪華客船「弥勒丸」(みろくまる)の沈没の真相と、その人間模様を描いた作品。

あらすじ[編集]

昭和20年、嵐の台湾沖の東支那海で、2300人の命を積んだまま沈んだ弥勒丸(みろくまる)。建造されたばかりの日本が世界に誇る豪華客船ではあったが、予定されていたサンフランシスコ便としての就航ではなく、太平洋戦争末期の時局で赤十字の徴用船として運用されていた。

時を経て現代、「宋英明」と名乗る謎の台湾の男により沈没した弥勒丸の引き揚げ話を持ち込まれた者たちが、次々と不審な死を遂げていく。

元エリート銀行員で、今は企業舎弟消費者金融会社社長である軽部順一は、宗英明から弥勒丸を引き揚げるための費用100億円を貸すよう迫られる。軽部は専務の日比野善政とともに、かつて恋人であった新聞記者・久光律子の協力を仰ぎながら、弥勒丸沈没にまつわる謎を追求することになった。律子は記者の仕事を辞してまで、この調査にのめり込んでいく・・・。

書籍[編集]

ドラマ[編集]

シェエラザード〜海底に眠る永遠の愛〜』のタイトルで、2004年7月31日NHK総合及びNHKハイビジョンで放送された。前編と後編の2本立て。2006年5月4日にNHKハイビジョンにて再放送された。

キャスト[編集]

過去

現代

スタッフ[編集]

小説版とドラマ版の相違[編集]

ドラマ版では、堀と正木が旧知の仲であったり、堀勝一と堀百合子が愛し合っている点や、一部登場人物がカットされるなどの設定変更が行われている。

関連項目[編集]