シウダ・レアル・セントラル空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シウダ・レアル空港
Aeropuerto de Ciudad Real
Airport Ciudad Real LERL 1.JPG
IATA: CQM - ICAO: LERL
概要
国・地域 スペインの旗 スペイン
所在地 シウダ・レアル県シウダ・レアル
母都市 シウダ・レアルマドリード
種類 民間用
運営者 CR Aeropuertos
標高 636 m
座標 北緯38度51分23秒 西経003度58分12秒 / 北緯38.85639度 西経3.97000度 / 38.85639; -3.97000
ウェブサイト AeropuertoCentralCR.com
地図
CQMの位置(スペイン内)
CQM
CQM
滑走路
方向 長さ (m) 表面
19/28 4,000 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

シウダ・レアル・セントラル空港Aeropuerto Central Ciudad Real) は、スペインシウダ・レアルの南方約15kmに位置に存在した国際空港である。以前はドン・キホーテ空港Aeropuerto Don Quijote)やマドリード・スール=シウダ・レアル空港Aeropuerto Madrid Sur-Ciudad Real)と呼ばれていたこともある。

経過[編集]

開港[編集]

開港は2008年12月。約11億もの費用をかけて建設されたこの空港は、スペインで初めて民間により運営された国際空港であり、スペインの無料高速道路であるアウトビアのA-43号線が隣接、また有料高速道路であるアウトピスタのAP-41号線も近い。また高速鉄道のAVEを利用する事により、マドリードコルドバへは1時間以内、セビリアマラガには2時間以内に到達することができるとされていたため、開港当初は混雑状態にあるマドリード=バラハス空港の機能を補完することも期待されていた。

閉鎖[編集]

採算が合わないという理由で乗り入れ航空会社が次々に撤退。2011年8月、唯一残っていたブエリング航空も2011年10月29日便を最後に撤退することを発表[1]。 2012年4月、空港は閉鎖された[2]

設備[編集]

4000メートルの滑走路1本を有している。

運用[編集]

取扱量[編集]

2009年の年間利用者数は5万3557人、2010年は3万3520人。

貨物取扱量は2009年109万0000kg、2010年1100kgであった。

乗り入れていた航空会社[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]