シアニジン 3-グルコシド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シアニジン 3-O-グルコシド
(カチオン)
{{{画像alt1}}}
識別情報
略称 C3G
CAS登録番号 7084-24-4 (塩化物)
日化辞番号 J221.582I
J231.541F (塩化物)
KEGG C08604
特性
化学式 C21H21O11
モル質量 449.38 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

シアニジン 3-グルコシド (Cyanidin 3-glucoside)とは、アントシアニンの一つ。シアニジンの3位に糖のグルコースが結合した配糖体。略称はC3G。クリサンテミン(Chrysanthemin)とも呼ぶ。 ブラックベリー(Rubus fruticosus)に含まれるアントシアニンの9割がシアニジン 3-グルコシドである。[1]

脚注[編集]

  1. ^ “Red Fruits: Extraction of Antioxidants, Phenolic Content, and Radical Scavenging Determination: A Review”. Antioxidants 6 (1). (2017). doi:10.3390/antiox6010007.