ザーヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ザーヒル(アラビア語: الظاهر بأمر الله ابو نصر محمد بن الناصر al-Ẓāhir bi-Amr Allāh Abu Naṣr Muḥammad b. al-Nāṣir 1175年 - 1226年7月10日)は、アッバース朝の第35代カリフ(在位1225年 - 1226年)。ナースィルの息子。

1225年の父の死後に即位するが、後を追うようにわずか9ヵ月後に没した。

彼は短い治世の中で2つの建設事業、チグリス川に架かる橋の建設と火事で焼失した聖廟のドームの再建を実施した。橋は存命中に完成したが、ドームが完成したのはムスタンスィルの治世になってからであった。

参考文献[編集]

  • イブン・アッティクタカー『アルファフリー―イスラームの君主論と諸王朝史』2巻(池田修、岡本久美子訳、東洋文庫平凡社、2004年9月)
先代:
ナースィル
アッバース朝カリフ
1225年 - 1226年
次代:
ムスタンスィル