ザ・ベスト・オブU2 1980-1990

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・ベスト・オブU2 1980-1990
U2ベスト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル アイランド・レコード
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(英)
  • 2位(米)
  • 3位(1998年初回限定盤/日本・オリコン
    6位(1998年通常盤/日本・オリコン)
    233位(2002年初回限定盤/日本・オリコン)
  • U2 年表
    ポップ (アルバム)
    (1997年)
    ザ・ベスト・オブU2 1980-1990
    (1998年)
    オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド
    (2001年)
    テンプレートを表示

    ザ・ベスト・オブU2 1980-1990』 (The Best of 1980-1990 ) は、アイルランドのロックバンド、U2の1980年から1990年までの期間のベスト・アルバムである。

    ライブの定番曲を中心とした選曲で、初回限定盤(1998年当時、日本では約20万セットの限定生産[1])にはシングルB面曲を集めたディスク-2が付属する。

    収録曲[編集]

    ディスク-1(通常盤)[編集]

    1. プライド - Pride (In the Name of Love)
    2. ニュー・イヤーズ・デイ - New Year's Day
    3. ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー - With or Without You
    4. アイ・スティル・ハヴント・ファウンド・ホワット・アイム・ルッキング・フォー(終りなき旅) - I Still Haven't Found What I'm Looking For
    5. ブラディ・サンデー - Sunday Bloody Sunday
    6. バッド - Bad
    7. ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地) - Where the Streets Have No Name
    8. アイ・ウィル・フォロー - I Will Follow
    9. 焔(ほのお) - The Unforgettable Fire
    10. スウィーテスト・シング(シングル・ミックス) - Sweetest Thing (The Single Mix)
    11. ディザイアー - Desire
    12. ラヴ・カムズ・トゥ・タウン - When Love Comes to Town
    13. エンジェル・オブ・ハーレム - Angel of Harlem
    14. オール・アイ・ウォント・イズ・ユー - All I Want is You
    15. ワン・トゥリー・ヒル - One Tree Hill (日本盤ボーナストラック)
    16. オクトーバー - October (隠しトラック)

    ディスク-2(初回限定盤)[編集]

    1. ザ・スリー・サンライゼズ - The Three Sunrises
    2. スパニッシュ・アイズ - Spanish Eyes
    3. スウィーテスト・シング - Sweetest Thing
    4. ラブ・カムズ・タンブリン - Love Comes Tumbling
    5. ベース・トラップ - Bass Trap
    6. ダンシング・ベアフート - Dancing Barefootパティ・スミスのカヴァー)
    7. エバーラスティング・ラブ - Everlasting Loveラヴ・アフェアーのカヴァー)
    8. アンチェインド・メロディー - Unchained Melodyライチャス・ブラザーズのカヴァー)
    9. ウォーク・トゥ・ザ・ウォーター - Walk to the Water
    10. ルミナス・タイム(ホールド・オン・トゥ・ラヴ) - Luminous Times (Hold on to Love)
    11. ハレルヤ・ヒア・シー・カムズ - Hallelujah (Here She Comes)
    12. シルヴァー・アンド・ゴールド - Silver and Gold
    13. エンドレス・ディープ - Endless Deep
    14. ア・ルーム・アット・ザ・ハートブレイク・ホテル - A Room at the Heartbreak Hotel
    15. トラッシュ、トランポリン・アンド・ザ・パーティー・ガール - Trash, Trampoline and the Party Girl

    脚注[編集]

    1. ^ 「ベスト盤が大人気 不況だから売れるんです」『日本経済新聞』1998年12月15日付夕刊、5頁。