ザ・ファーム (The Firm)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ファーム
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ロック
ハードロック
ブルースロック
活動期間 1984年 - 1986年
レーベル アトランティック
ビクター(JVC)
共同作業者 レッド・ツェッペリン
バッド・カンパニー
ユーライア・ヒープ
ブルー・マーダー
AC/DC
旧メンバー ジミー・ペイジ
ポール・ロジャース
トニー・フランクリン
クリス・スレイド

ザ・ファーム (The Firm) は、1984年イギリスで結成されたロックバンド。元レッド・ツェッペリンジミー・ペイジギター)と元バッド・カンパニーポール・ロジャースヴォーカル)が在籍し、1986年まで活躍した。

ポールが自宅のスタジオでソロ・アルバム『カット・ルース』(1983年)を制作していた頃、ジミーがスタジオを訪れて一緒に曲作りを始め[1]、二人は1983年末に行われたA.R.M.Sコンサートのアメリカ公演でも共演。両名ともスワンソング・レコードにいたこともあってバンド結成へ動く。

トム・ジョーンズのバック・バンドやユーライア・ヒープなどで活動してきたクリス・スレイドドラマーに起用された。クリスによれば、ジミーから誘いを受ける直前にデヴィッド・ギルモアからツアー・メンバーとして勧誘されていたが、デヴィッドのツアーの仕事が終わるのを待ってもらえたという[2]。また、ベーシストピノ・パラディーノ英語版が第一候補に挙がっていたが[1][3]、最終的にはロイ・ハーパーのバンドでジミーと共演したトニー・フランクリンが加入した。バンド名はクリス・スレイドのアイディアによる[4]

70年代に最も人気があったバンドのリーダーであるジミーの新バンドと言うことで世界の注目を浴びたが、ハードロックと言うよりもシンプルなブルーズ・ロックでポールの色が良く出ていた。1985年にシングル、『Radioactive』が全米28位を記録、アルバム、『The Firm』も全米17位に入った。ヨーロッパとアメリカでコンサート。コンサートもFMで放送され大好評であった。トニーのフレットレスベースも注目を浴びた。

1986年にセカンドアルバム、『Mean Business』を出し全米22位。アメリカでツアーをした後に解散した。ジミーとポールはソロ活動に戻った。トニーは元ホワイトスネイクジョン・サイクスと共にブルー・マーダーを結成。クリスはAC/DCに加入した。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b Junkman. “The Paul Rodgers Interview”. Vintage Rock. 2015年8月30日閲覧。
  2. ^ Chris Slade on AC/DC, Tom Jones, Jimmy Page, Gary Numan, and more”. MusicRadar. Future plc. (2014年7月22日). 2015年9月3日閲覧。
  3. ^ Rosen, Steven. “Jimmy Page Interviews: The Firm”. Guitar International Group, LLC.. 2015年9月3日閲覧。
  4. ^ Giles, Jeff (2015年2月11日). “30 Years Ago: Jimmy Page and Paul Rodgers Unite for 'The Firm'”. ultimateclassicrock.com. Diffuser Network. 2015年9月3日閲覧。
  5. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 200. ISBN 1-904994-10-5.