ザ・ファイヤーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ファイヤーメン
ジャンル アクションゲーム
対応機種 スーパーファミコン
開発元 ヒューマン
発売元 ヒューマン
人数 1人
メディア ?Mbカセット
発売日 1994年9月9日
テンプレートを表示

ザ・ファイヤーメン』は、スーパーファミコン用ゲームソフト。日本だけでなく欧州でも発売された[1]

概要[編集]

ヒューマンが世に送り出した、パニックソフト第2弾(第1弾はセプテントリオン)。続編にザ・ファイヤーメン2 ピート & ダニーがある。

ストーリー[編集]

化学薬品会社のメトロティック社で、クリスマスパーティー中に、大火災が発生。消防隊のピートとダニエルは会社の地下にある、引火すると大爆発を起こす薬品「MDL」の回収に向かう。

ゲームシステム[編集]

タイトルの通り、ピートとダニエル、2人でビル内の火災を直線放水、噴霧放水、消火弾を用いて鎮火していく。火及び熱風に当たるとダメージを受け、ライフゲージがなくなるとゲームオーバーになる。各ステージごとにいわゆるボスキャラ扱いの火が存在している。また、マップ内には逃げ遅れた人がおり、救助するとライフゲージが一定量回復する。

キャラクター[編集]

  • ピート=グレイ
プレイヤーが操作する、消防隊のリーダー。
  • ダニエル=マクリーン
ピートのサポート役。
  • マックス
捜査員。
  • ウォルター
捜査員。
  • ウィノナ
記録員の女性。
  • フランク=ウェラー
メトロティック社の設計者。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Release Information for SNES”. gamefaqs.com. 2011年11月5日閲覧。

関連項目[編集]

  • 桜坂消防隊…同じく消火を目的としたゲームだが、推理の要素も含まれている。