ザ・ビガイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ビガイルド(邦題未定)
The Beguiled
監督 ソフィア・コッポラ
脚本 ソフィア・コッポラ
原作 トーマス・カリナンThe Beguiled
製作 ソフィア・コッポラ
ロマン・コッポラ
ユーリー・ヘンリー
製作総指揮 ロバート・オルティス
フレッド・ルース
アン・ルース
出演者 コリン・ファレル
ニコール・キッドマン
キルスティン・ダンスト
エル・ファニング
音楽 フェニックス
撮影 フィリップ・ル・スール
編集 サラ・フラック
製作会社 アメリカン・ゾエトロープ
FRプロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗アスミック・エース,STAR CHANNEL MOVIES
公開 アメリカ合衆国の旗2017年6月23日
日本の旗2018年
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1000万ドル[1]
テンプレートを表示

ザ・ビガイルド』(原題:The Beguiled)は2017年アメリカ合衆国で公開される予定のドラマ映画である。監督はソフィア・コッポラ、主演はコリン・ファレルニコール・キッドマンが務めた。本作はトーマス・カリナン1966年に発表した小説『The Beguiled』を原作としている。

なお、カリナンの当該小説は1971年ドン・シーゲル監督によって映画化されている(『白い肌の異常な夜』、主演:クリント・イーストウッド)。シーゲル版が脱走兵の視点から物語を描写していたのに対し、本作は女性たちの視点から物語を描写している[1]

本作は2017年5月に開催された第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された[2]パルム・ドールの受賞こそ逃したが、ソフィア・コッポラが監督賞を受賞するなど高い評価を得た[3]

概略[編集]

バージニア州南北戦争も終りに近づいた頃、足を負傷したジョン・マクバニーという北軍の兵士が女性たちによって救出された。彼女たちはマクバニーを自分たちが住む女学校に搬送し、そこで彼に手厚い看護を施した。人里から遠く離れた森の中で、長らく女たちだけで暮らしてきたため、女学生や教職員はマクバニーに並々ならぬ関心を持った。初めのうちはそんな状況を楽しんでいたマクバニーだったが、女たちが嫉妬や情欲に狂っていく中で、自らの身にも危険が及ぶ可能性を怖れるようになった。ある日、マクバニーは女学院からの逃走を試みたが、校長に見つかって連れ戻されてしまった。これが引き金となって、マクバニーは女たちの憎悪を一身に浴びることになってしまった。

キャスト[編集]

製作[編集]

2016年3月、ソフィア・コッポラがトーマス・カリナンの小説『The Beguiled』を映画化する企画を進めているとの報道があった[4]。また、コッポラはニコール・キッドマン、キルスティン・ダンスト、エル・ファニングらの起用を予定しているとも報じられた[5]。7月にはコリン・ファレルの出演が決まった[6]。10月、ウーナ・ローレンス、エマ・ハワード、アンガーリー・ライス、アディソン・リーケの出演が決まった[7][8]

本作の主要撮影は2016年10月31日に始まり[9]、同年12月7日に終わった[10]

公開[編集]

2017年5月24日、本作は第70回カンヌ国際映画祭でワールドプレミアを迎えた[11]

評価[編集]

カンヌでの上映後に出てきたレビューは、本作を好意的に評価するものが多く、特にニコール・キッドマンの演技は大いに称賛された[12]。しかし、1971年のドン・シーゲル版と比べて出来が悪いという声も少なからず上がった。例えば、『ハリウッド・レポーター』のトッド・マッカーシーは「よく出来た作品ではあるが、1971年版ほどのパワーと鋭さはなく、精彩を欠いたリメイクになった」と述べると共に、物語に荒唐無稽な点があることを指摘している[13]

カリナンの原作小説には黒人女性の奴隷が登場するが、本作にはそのキャラクターが登場しない。また、小説版では白人と黒人の混血であったエドウィーナを演じたのは、白人女性のキルスティン・ダンストであった。この2点を理由に「コッポラがホワイトウォッシングを行った」という批判が巻き起こった。この批判に対し、コッポラは「人種という重要な事柄を軽く扱ったつもりはない」と反論している[14]。この問題は多くのメディアで取り上げられ、論争へと発展した[15][16]

出典[編集]

  1. ^ a b With ‘The Beguiled,’ Sofia Coppola Seeks Cannes Redemption with a Southern-Gothic Remake”. 2017年5月25日閲覧。
  2. ^ 第70回カンヌ映画祭華やかに開幕! 豪華審査員メンバーがレッドカーペットに登場”. 2017年5月25日閲覧。
  3. ^ Cannes Awards: Controversial Swedish Satire ‘The Square’ Wins Palme d’Or”. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ Sofia Coppola to remake Clint Eastwood drama The Beguiled”. 2017年5月25日閲覧。
  5. ^ Sofia Coppola to Write, Direct Remake of Clint Eastwood Drama ‘The Beguiled’”. 2017年5月25日閲覧。
  6. ^ Colin Farrell In Talks to Star in Sofia Coppola’s ‘Beguiled’ Remake (EXCLUSIVE)”. 2017年5月25日閲覧。
  7. ^ 'Nice Guys' Actress Joins Sofia Coppola's 'The Beguiled' Remake (Exclusive)”. 2017年5月25日閲覧。
  8. ^ Sofia Coppola’s ‘The Beguiled’ Starts Production, Sets Summer 2017 Release Date”. 2017年5月25日閲覧。
  9. ^ #thebeguiledmovie began filming today... Happy Halloween!”. 2017年5月25日閲覧。
  10. ^ ‘The Beguiled’: Kirsten Dunst Shares Photo With Elle Fanning From Last Day on Sofia Coppola’s Set”. 2017年5月25日閲覧。
  11. ^ Cannes Lineup: Todd Haynes, Sofia Coppola, Noah Baumbach, ‘Twin Peaks’”. 2017年5月25日閲覧。
  12. ^ Sofia Coppola’s ‘The Beguiled’ Wows Cannes While Nicole Kidman Calls Out Lack of Female Directors”. 2017年5月25日閲覧。
  13. ^ 'The Beguiled': Film Review”. 2017年5月25日閲覧。
  14. ^ Sofia Coppola: ‘I never felt I had to fit into the majority view’”. 2017年8月23日閲覧。
  15. ^ Sofia Coppola’s ‘The Beguiled’ criticized for leaving out a slave narrative from the Confederate South”. 2017年8月23日閲覧。
  16. ^ Lost in Adaptation”. 2017年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]