ザ・パークハウス浦和タワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・パークハウス浦和タワー
The parkhouse urawa tower.jpg
施設情報
所在地 埼玉県さいたま市仲町1丁目30番
状態 完成
着工 2015年平成27年)3月26日
完成予定 2017年(平成29年)2月
用途 共同住宅店舗
地上高
高さ 67.90m
各種諸元
階数 地上20階、地下1階
敷地面積 2,997.73
建築面積 1,471.73
延床面積 15,661.59
構造形式 鉄筋コンクリート造
戸数 146戸(事業協力者住戸4戸、管理室1戸、店舗1戸[1]
関連企業
設計 フジタ首都圏支社一級建築士事務所
施工 フジタ
デベロッパー 三菱地所レジデンス

ザ・パークハウス浦和タワー(ザ・パークハウスうらわタワー)は、埼玉県さいたま市浦和区超高層マンション。かつては新島とみの旧家が所在した。埼玉県内で販売された分譲マンションの中では過去最高の坪単価を記録している。

概要[編集]

建設中の様子

さいたま市浦和区の中心部、浦和駅西口の中山道沿いに位置し、旧浦和宿本陣があった場所からやや南にあたる場所に建設されている超高層建築物。かつては新島襄の母である新島とみの実家があった場所で、1876年にとみの自宅を買い取り浦和警察署が設置され、浦和警察署が現在地に移転後は浦和商工会議所が所在した。商工会議所が現在地に移った後も名店センターとして残っていたが、2014年に老朽化のため取り壊され、跡地が三菱地所レジデンス免震高層マンションとして開発されることとなった。デザインは建築家渡辺純が監修し、「頂」をキーコンセプトに浦和のランドマークタワーとして頂部にティアラを設置するなどの演出を行っている。また、最上階の部屋の価格は1億5588万円で、坪単価は459万7823円と県内で分譲されたマンションの中では過去最高の坪単価として注目され[2]、2015年9月には三菱地所レジデンスの販売するマンションで全国1位のモデルルーム来場者数を記録した[3]。価格が1億円を超えるいわゆる億ション住戸は12戸で、埼玉県内では最多となっている[4]。浦和駅周辺では4番目の高さの建築物となっている。

沿革[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]