ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズ
The House of the Dead
ジャンル ガンシューティングゲーム
開発元 AM1(セガワウ
発売元 セガ
1作目 ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド (ゲーム)
セガ: 1997年[1]
最新作 ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド オーバーキル
(2009年)
テンプレートを表示

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズは、セガ(後のセガ・インタラクティブ)のAM1研製作のガンシューティングゲームシリーズ、及びその派生作品である。略称は、タイトルの頭文字から取った『HOD』[2]である。

概要[編集]

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズは、セガのAM1研(3作目発売当時は開発部署が分社化されていたためワウ エンターテイメント名義)製作のガンシューティングゲームである。

派生タイトルも多く、タイピングしてゾンビを撃つ「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド」、ピンボールでゾンビを倒す「ザ・ピンボール・オブ・ザ・デッド」、さらに2008年にはキーワードを英訳してゾンビを倒す「ゾンビ式 英語力蘇生術 ENGLISH OF THE DEAD」も発売された。

特徴[編集]

主観視点のホラーガンシューティングゲームで、次々と現れるゾンビ(『2』『4』最終ステージではミュータント)を撃っていく。
移動はレール式であり、基本的にあらかじめ決められた場所へ自動的に移動・視点変更を行う。難易度は総じて高く、精密射撃や連射が必要となる場面も多い。

本シリーズの特徴としては、ステージ上に点在するルート分岐[3]があり、ゾンビの襲撃を受けている人を保護する(襲いかかっているゾンビを倒す)と進行ルートが変化したり、ライフが回復する事もある。進行ルートによっては、ステージの内容以外にもボス戦の内容が変化する事もある。

難易度には16段階のランク方式を採用。ランクは一定時間経過時のライフ数が多いほど上がっていき、敵の攻撃や一般人誤射でダメージを受けると下がる[4]
高ランクでは敵が素早く攻撃するようになったり、体力が上がり倒すのに多くの弾が必要になるが、弱点の頭部[5]はランク補正を受けない為、頭部への射撃が重要となる。

『1』『2』での武器は6発装填のハンドガン、『III』では6発装填のセミオートショットガン、『4』では30発装填のサブマシンガンとなっている。
『4』ではサブ武器として回数制限があるが高威力の手榴弾(ボタン押し)、銃を振ることで危機を脱するというアクション要素が追加された。

『2』以降はステージクリア後に命中率が新たにリザルト画面に表示されるようになり、スコアやライフ、高成績獲得に影響するようになった。

家庭用のみの『オーバーキル』では武器が多彩になり、ライフもゲージ制となった。救出するべき一般人も登場するが、誤射してもライフが減らない代わりに大幅にスコアが減点される。

ホラーガンシューティングゲームではあるが、BGMはシリーズを通して軽快かつ派手なものが多い。B級ホラー映画を意識した『オーバーキル』ではこの傾向が顕著となっている。

HODのゾンビ[編集]

バイオハザードシリーズと類似している設定[6]や、バッドエンディングで重要人物がゾンビ化したり、ゾンビ化した人間[7]が敵として登場していることから混同されるが、HODにおけるゾンビはウィルスによって変異したものではなく、特殊な遺伝子が組み込まれたり、機械改造などを施された人造生物(ゴールドマン曰く「人類より上位の存在」)を研究所で生産しているものである。
そのため、特別な場合を除いてゾンビに殺された人物がゾンビ化することは無い他、「オーバーキル」においては、ゾンビではなく「ミュータント」と呼ばれている。

HODのボス[編集]

シリーズの伝統として、「オーバーキル」以外のボスはマルセイユ版タロット大アルカナに因んだ名前が付けられている。
大アルカナの逆位置の意味が彼等の存在理由になっていたり、行動に表れていたりする。

HOD4SPまでの不使用タロットカードは「The High Priestess」「The Devil」「The Moon」の三つ、そしてタロットカードの小アルカナ

ボスの戦闘開始前には弱点となる部位が表示される。最終ボスは不明、分析不能等で弱点が表示されないが、どこを撃てば良いかは判り易くなっている。

シリーズ作品[編集]

()内は使用するシステム基板、右は移植されたハード。
「1」では当時既に末期の基板で製作されたが、「2」以降のナンバリング作は、新型基板の第一弾ゲームとしてリリースされている。

時間軸はOVER KILL→1→2→4→4SP→IIIの順。EXは番外編的な位置づけとなっている。

シリーズ別に関してはその記事を参照。

ガンシューティング[編集]

その他のゲーム作品[編集]

  • ザ・タイピング・オブ・ザ・デッドシリーズ - タイピングゲーム。主開発はAM6研(スマイルビット)が担当。
  • ザ・ピンボール・オブ・ザ・デッドTHE PINBALL OF THE DEAD) - ゲームボーイアドバンスピンボールゲーム。
    『2』を題材にし、ピンボール台の上を動き回るゾンビに銀の玉をぶつけて倒しながら、全ボス撃破を狙う。
    盤は3種類あり、巨大ゾンビの頭といった仕掛けも異なる。(2002年7月4日発売。発売:セガ、開発:ワウ エンターテイメント)
  • ゾンビ式 英語力蘇生術 ENGLISH OF THE DEAD - 英語トレーニングアクションゲーム。
  • ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド EX - IGT開発のゲーミング機(カジノ向けビデオスロット)。
    映像やグラフィックは『III』の流用。IGTジャパンとサミーの協力関係もあり、他にも忍などがビデオスロット化されている。
  • ゾンビリベンジ - 外伝作品。ダイナマイト刑事の流れを汲む3Dベルトスクロールアクションゲーム。
    選択キャラクター3名の内2名がAMS所属エージェントであり[8]、また本作のステージ6が『1』のキュリアン邸となっている。

映画版[編集]

主な登場人物[編集]

AMS[編集]

『III』と外伝作品『EX』を除いた作品でプレイヤーキャラクターが所属している国際諜報機関。組織名の意味は物語で判明しておらず不明。
所属するエージェント(工作員)はアメリカ人が多く、『4』ではロンドン周辺にヨーロッパ支局を構えている事から米国系組織と推測[9]される。
『III』ではすでに解体されているため、直接は登場していない。

主人公[編集]

トーマス・ローガン
『1』『III』序盤の1P側主人公。『1』時点で32歳のアメリカ人。『2』では複数あるエンディングの1つにのみ登場。
Agent "G"
『OVERKILL』『4SP』では1P側主人公、『1』『III』では2P側メイン主人公。身元の一切が不明[10]であり、謎の多い人物。
『2』『4』にはデモシーンのみの登場。『EX』を除いたシリーズ皆勤賞キャラクター。
ジェームズ・テイラー
『2』『4』の1P側主人公。『2』時点で35歳のアメリカ人。『4』の最終場面に於いて死亡。『EX』にも『2』の姿で僅かに登場している。
ゲーリー・スチュワート
『2』の2P側主人公。24歳のアメリカ人。『4』ではジェームズの回想シーンにのみ登場。ジェームスと一緒に『EX』にも僅かに登場。
ケイト・グリーン
『4』『4SP』の2P側主人公。アメリカ人女性。

協力者[編集]

名も無きエージェント達
『1』『4』に登場。キュリアン邸事件の前日、研究員連続誘拐の調査でキュリアン邸に潜入していたが、何れも事件時に殉職している。
冒頭の致命傷を負った研究員や、アーケード版の裏技や移植版で登場する「ローガン2」「G2」と『1』のボス「Chariot」の鎧の一部分を破壊[11]し、『4』のボス「Star」の胸に傷付けたのが彼ら。
ハリー・ハリス
『2』に登場。40歳前後のアメリカ人。事件時は現地指揮を執り、エイミーと共に住民の避難指揮や、乗物の運転を担当した。
だが途中でゴールドマンの罠に嵌って重傷を負ってしまい、後から追いついたジェームズとゲーリーに事件解決を託した。
エイミー・クリスタル
『2』に登場。29歳のアメリカ人女性。事件時はAMS本部との連絡役や、ハリーと共に住民の避難指揮を担当した。
彼女もゴールドマンの罠に嵌る。自身は無事だったが、重傷のハリーを看病する為、ジェームズとゲーリーに事件解決を託した。

AMS非所属の主人公[編集]

リサ・ローガン
『III』の1P側メイン主人公兼ヒロイン。トーマス・ローガンとソフィー・リチャーズの娘。
ダン・テイラー
『III』序盤の2P側主人公。トーマス・ローガンが率いる傭兵部隊の隊員。ジェームズと姓が同じだが、関連は不明[12]
トーマスと共にEFI研究所の目的の部屋に辿り着くが、その直後にボス「Death」による強烈な一撃を受け撲殺された。
ダニエル・キュリアン
ロイ・キュリアンの息子。『1』の時点で死亡していたと思われていたが実は生きており、『III』においてGの後を継いで2P側主人公を務める。
ゾビオ
『EX』の1P側主人公。
ゾビコ
『EX』の2P側主人公兼ヒロイン。
アイザック・ワシントン
『OVERKILL』の2P側主人公。本シリーズで唯一「警察」に所属するプレイヤーキャラクター。

黒幕達[編集]

Dr.ロイ・キュリアン
1998年に起こったキュリアン邸事件(『1』)の黒幕。48歳のアメリカ人。極度のマッドサイエンティストで、自らを蔑ろにした人類への復讐を企てた。
『1』終盤にて死亡するが、キュリアン邸事件の数年前、元来は末期の難病に冒され、昏睡状態にある息子ダニエル・キュリアンを助けたいと願う普通の人間だった。『1』『2』では名前不明で「Dr.キュリアン」という名だったが、『III』で名が「ロイ」だと判明。
『EX』でもゾンビ達の創造者として登場するが、外見や性格など、その設定は別人といえるほど完全に異なっている。
カレッブ・ゴールドマン
2000年に起こったゴールドマン事件(『2』)の黒幕。40代後半のイギリス国籍のアメリカ人で英国大手企業「DBRコーポレーション」の最高責任者。
ロイ・キュリアンの影のスポンサーであり、キュリアン邸事件の真の黒幕。実は『1』のラストボスMagicianのデータを書き換え、ロイ・キュリアンをMagicianで殺害させた張本人で『1』の謎の人物の正体。『2』終盤で自害。『4』では回想と彼の部屋のパソコンに残された映像のみ登場。
『1』攻略本「オフィシャルガイド」や『2』移植版の追加オープニングで言及・登場している「謎の男」は下記のミスティックマンではなく、ゴールドマンである。
謎の男(ミスティックマン)
『III』『4』『4SP』の一部EDに登場する全ての事件の真の黒幕と思われるオールバックの男。怪我または関節の病気により、右足を引きずって歩いている。
素顔は白髪と皺混じりの老人だと『4』『4SP』で判明したが、それから16年後の『III』では黒髪となっており、顔も中年ほどまで若返っているようにも見える。

他のゲームでの出演[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ HOD4公式サイト・HODヒストリー
  2. ^ HOD4公式サイト・HODヒストリー
  3. ^ 分岐は同社のガンシューティングとしては既に「レールチェイス同2」、「エイリアン3 ザ・ガン」、「バーチャコップ2」で採用されていたが、何れも分岐点が明示され、プレイヤーが選択する方式だった。
  4. ^ 一般人が登場しない「III」と「4」では、誤射でライフを失う事は無くなったため、ランク変化の条件も一部変わった。
  5. ^ 「4」の一部敵のみ胸部となっている。
  6. ^ 「1」の舞台は洋館兼研究所であり、ゾンビを銃で倒していく、「III」以外の作品では研究所内だけでなく街中などの屋外が舞台となる。
  7. ^ 「III」での傭兵部隊員、「オーバーキル」でのバイユー郡住人。
  8. ^ ゾンビリベンジ公式サイト・キャラクター紹介
  9. ^ 『1』攻略本「オフィシャルガイド」では「とある政府特務機関」。『2』攻略本「G's FILE」では「CIAをイメージすれば良いのかな。」と表現されている。
  10. ^ 『1』の攻略本「オフィシャルガイド」によると、トーマスとは歳が近い事は確かで、顔立ちから東洋系ロシア人と推測されている。
  11. ^ 『1』の攻略本「電脳指南」のAM1研スタッフインタビューにて、プログラマーが発言。当初、冒頭の研究員は髭面の「ローガン2」だったが、「潜入していたエージェントだとゲームの流れから理解できない」との理由で一般研究員の顔へと差し換えられた事が語られている。
  12. ^ 名称自体は、小説・映画の「フォレスト・ガンプ」に登場した同姓同名の人物が由来と思われる。先祖が代々、戦争で戦死しているという設定も似ている。

外部リンク[編集]