ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズ
The House of the Dead
ジャンル ガンシューティングゲーム
開発元 AM1(セガワウ
発売元 セガ
1作目 ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド (ゲーム)
セガ: 1997年[1]
最新作 ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド オーバーキル
(2009年)
公式サイト THE HOUSE OF THE DEAD公式
テンプレートを表示

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズは、セガ(後のセガ・インタラクティブ)のAM1研製作のガンシューティングゲームシリーズ、及びその派生作品である。略称は、タイトルの頭文字から取った『HOD』[2]である。

概要[編集]

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドシリーズは、セガのAM1研(3作目発売当時は開発部署が分社化されていたためワウ エンターテイメント名義)製作のガンシューティングゲームである。

派生タイトルも多く、タイピングしてゾンビを撃つ「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド」、ピンボールでゾンビを倒す「ザ・ピンボール・オブ・ザ・デッド」、さらに2008年にはキーワードを英訳してゾンビを倒す「ゾンビ式 英語力蘇生術 ENGLISH OF THE DEAD」も発売された。

特徴[編集]

主観視点のホラーガンシューティングゲームで、次々と現れるゾンビ(HOD2,4の最終ステージではミュータント)を撃っていく。移動はレール式であり、基本的にあらかじめ決められた場所へ自動的に移動・視点変更を行う。難易度は総じて高く、精密射撃や連射が必要となる場面も多い。

ステージ上にはいくつかのルート分岐点と難易度のランクがある事が本シリーズの特徴で(分岐はガンシューティングとしては既に同社の「レールチェイス2」などで採用)、ゾンビの襲撃を受けている人を保護する(襲いかかっているゾンビを倒す)と進行ルートが変化したり、ライフ回復アイテムをくれたりする。進行ルートによってステージの内容やボス戦の内容が変化する事もある。

ランクは時間経過やアイテムを取ったりすると上がっていき敵が素早くなったり、倒すのに多くの弾が必要になったりする(撃った場所によってさらに変わってくるが、弱点である頭部はランクの補正を受けない)。敵の攻撃や人への誤射などでダメージを受けると下がる(「III」と「4」では一般人は登場せず、誤射でライフを失う事は無くなった。また、ライフを回復する方法が一部変わっている)。

「1」、「2」での武器はハンドガン(6発装填)、「III」ではショットガン(6発装填)、「4」ではマシンガン(30発装填)となっている。「4」では回数制限があるが高威力の手榴弾(ボタン押し)、銃を振ることで危機を脱するというアクション要素が追加された。また「2」以降、新型基板使用ゲームの第一弾としてリリースされるようになった。

「2」以降はステージクリア後、命中率が新たにリザルト画面に表示されるようになり、スコアやライフ、成績獲得に影響するようになった。

家庭用しか存在しない「オーバーキル」では武器の種類が多彩になり、ライフもゲージ制となった。救出するべき一般人の登場はあるが、誤射してもライフが減らない代わりに大幅にスコアが減点される。

ホラーガンシューティングゲームではあるものの、シリーズ全般を通してBGMは明るく軽快なものや派手なものが多い。「オーバーキル」でこの傾向は特に顕著となっている。

HODのゾンビ[編集]

バイオハザードシリーズと類似している設定(HOD1の舞台は洋館であり、ゾンビを銃で倒していく、HOD2以降は洋館内だけでなく街中などが舞台となる)や、エンディングで重要人物がゾンビ化したり、AMS(あるいはローガン隊)の隊員などがゾンビ化、敵として登場していることから混同されがち[要出典]だが、バイオハザードシリーズにおけるゾンビのようにウィルスによって変異したものではなく、HODにおけるゾンビは特殊な遺伝子が組み込まれたり、機械改造などを施された人造生物(ゴールドマン曰く「人類より上位の存在」)を研究所で生産しているものである。そのため、特別な場合を除いてゾンビに殺された人物がゾンビ化することは無い他、『オーバーキル』においては、ゾンビではなく「ミュータント」と呼ばれている。

HODのボス[編集]

シリーズの伝統として、「オーバーキル」以外の各チャプターのボスにマルセイユ版タロット大アルカナに因んだ名前が付けられている。大アルカナの逆位置の意味が彼等の存在理由になっていたり、行動に表れていたりする。

HOD4SPまでの不使用タロットカードは「The High Priestess」「The Devil」「The Moon」の三つ、そしてタロットカードの小アルカナ

ボスの戦闘開始前には弱点となる部位が表示される。最終ボスは不明、分析不能等で弱点が表示されないが、どこを撃てば良いかは判り易くなっている。

シリーズ作品[編集]

()内は使用するシステム基板、右は移植版 時間軸はOVER KILL→1→2→4→4SP→IIIの順。EXは番外編的な位置づけとなっている。

シリーズ別に関してはその記事を参照。

ガンシューティング[編集]

その他のゲーム作品[編集]

ゲームボーイアドバンスピンボールゲーム。ピンボール台の上を動き回るゾンビや、設置されている巨大ゾンビを銀の玉をぶつけてやっつけていく。ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド2を題材にしている。(2002年7月4日発売。セガ)
  • ゾンビ式 英語力蘇生術 ENGLISH OF THE DEAD - 英語トレーニングアクションゲーム。
  • ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド EX - IGT開発のゲーミング機(カジノ向けビデオスロット)。映像やグラフィックは『III』の流用。IGTジャパンとサミーの協力関係もあり、他にも忍などがビデオスロット化されている。
  • ゾンビリベンジ - 外伝作品。ダイナマイト刑事の流れを汲む3Dベルトスクロールアクションゲーム。選択キャラクター3名の内2名がAMS所属エージェントであり[3]、また本作のステージ6が初代HODのキュリアン邸となっている。

映画版[編集]

主な登場人物[編集]

トーマス・ローガン
『1』『III』の1P側主人公(『III』では序盤のみ)。『2』では複数あるエンディングパターンの1つにのみ登場。
Agent "G"
本名不明で謎の多い人物。『OVERKILL』『4SP』では1P側主人公であり『1』『III』では2P側主人公。『2』『4』にはデモシーンのみの登場。『EX』を除いたシリーズ皆勤賞キャラクター。
ジェームズ・テイラー
『2』『4』の1P側主人公。『4』の最終場面においてボスの「World」に自爆攻撃を行い死亡。『EX』にも『2』の姿で僅かに登場している。
ゲーリー・スチュワート
『2』の2P側主人公。『4』ではジェームズの回想シーンにのみ登場。ジェームスと一緒に『EX』にも僅かに登場。
ダン・テイラー
『III』の序盤で2P側主人公を担当。ローガンと共にEFI研究所の目的の部屋にたどり着くが、その直後にDeathによる強烈な一撃により死亡した。ジェームズと姓が同じだが、関連は不明。
リサ・ローガン
トーマス・ローガンとソフィー・リチャーズの娘。『III』において、1P側メイン主人公兼ヒロインとなる。
ケイト・グリーン
『4』『4SP』の2P側主人公。
ゾビオ
『EX』の主人公。
ゾビコ
『EX』のヒロイン。
アイザック・ワシントン
『OVERKILL』の2P側主人公。本シリーズで唯一「警察」に所属するプレイヤーキャラクター。
Dr.ロイ・キュリアン
『1』の事件の黒幕。極度のマッドサイエンティストだが、1998年に起こったキュリアン邸事件の数年前、元来は末期の難病に冒され、昏睡状態にある息子ダニエル・キュリアンを助けたいと願う普通の人間だった。
ダニエル・キュリアン
ロイ・キュリアンの息子。『1』の時点で死亡していたと思われていたが実は生きており、『III』においてGの後を継いで2P側メイン主人公を務める。
カレッブ・ゴールドマン
『2』の事件の黒幕。英国大手企業のDBRコーポレーションの最高責任者で、Dr.ロイ・キュリアンの影のスポンサーでもあった。この事から『1』の事件の真の黒幕でもあった。『4』では回想シーンと彼の部屋のパソコンに残された映像のみで登場。
謎の男(ミスティックマン)
全ての事件の真の黒幕と思われる人物。『III』『4』『4SP』のEDに登場。右足を引きずっており、怪我または関節の病気を患っている模様。3作品とも全員同一人物だが、何故か作品によっては、髪の色が違い、『III』では素顔が黒髪オールバックの男性である事が一瞬だけ明かされるだけだったが、『4』で素顔がやや白髪が混じったオールバックの髪型の老人である事が明かされた。『4SP』では後姿のみで素顔が明かされていない。

他のゲームでの出演[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]